福徳社|チェーン店出店戦略リサーチ&コンサルティング
福徳社ブログ

タグ : 商圏

新大型商業施設の「商圏の広狭」ランキング2016(顧客住所の特定都県への集中度)

首都圏の新しい商業施設が【現状】消費者にどう利用されているのか?をあぶり出す消費者調査『商業施設利用実態調査2016』の結果より、顧客住所の特定都県への集中度が高かった順に調査対象商業施設を並べてみましょう。 『商業施設 …

商業施設利用実態調査2016年版

[今週末]本ブログ執筆者が無料セミナーを開催【10月3日(土)@八王子東急スクエア】~コンビニ開業の立地判断の考え方~

無料公開講座「もしもあなたがコンビニエンスストアを開業するとしたら?」開催のお知らせ 日時:平成27年10月3日(土)13:30-15:00 開場:13:00 会場:八王子学園都市センター イベントホール  [東急スクエ …

ドミナント戦略について考える【1】ドミナント出店とは?

ドミナント戦略(ドミナント出店)とは? 小売・サービス業の出店に関してよく用いられる用語に「ドミナント戦略」というものがあります。 このブログでは、「商圏」、「動線」などのきちんと定義されていないにもかかわらず頻繁に用い …

hokkaido

全国チェーンが戦いにくいマーケット【最終回】客層によるマーケットの分類

昨日までの話に、「商圏の分断」や「良い立地とは?」についてお話ししてきたことを踏まえて、「全国チェーンが戦いにくいマーケット」シリーズ最終回の内容をお話しします。 客層を分類する次のマトリクスをご覧ください。(マトリクス …

白金台の商圏分析をしてみよう【4】『後背地』概念とは?

出店戦略における「後背地」概念とは何か? 前回までの白金台の商圏分析を受けて、出店戦略において理解すべき概念の一つである、「後背地(こうはいち)」という概念を説明させてください。 後背地とは、文字通り店舗の背後にある地域 …

商圏分析をしてみよう【3】『プラチナ ドン・キホーテ』の白金台〔現調編〕

前回の続きです。徒歩客の来店を期待するのは厳しい立地の場合、自動車での来店を促すことで商圏を広げることが考えられます。その際に必要なものは、駐車場です。しかも、広くて、駐車しやすい駐車場です。というわけで、「プラチナ ド …

商圏分析をしてみよう【2】『プラチナ ドン・キホーテ』開店の白金台編

白金台の商圏分析(解説) 昨日の続きです。さて、白金台の周辺の地図、航空写真を見て、どのようなことを思われましたか? 例えば、①312号線、1号線、外苑西通りなど、太い通りが走っていますね。これらは商圏を分断するものです …

商圏分析をしてみよう【1】『プラチナ ドン・キホーテ』開店の白金台編

イメージが良い=商売に適している?~「プラチナ ドン・キホーテ」開店を受けて~ ドン・キホーテが、「プラチナ ドン・キホーテ白金台店」を5月29日にオープンしました。 東洋経済オンラインの記事「ドンキ、白亜の新店舗が占う …

プラチナドン・キホーテ白金台

商圏は分断される【5】商圏が分断されることの意味は?

商圏が分断される“最後の要因”とは? 昨日の続きです。商圏が分断される要因として、これまでに、3つのものを挙げてきました。 河川、 線路、 大きな通りです。 今日は最後の要因を紹介します。それは競争相手の店舗(競合店)で …

商圏は分断される【4】オフィス街の路面店物件〔問題の解説〕

立地判断のケーススタディー(解説編) 昨日のブログ「考えてみよう編」の解説です。 着目すべき点は、片側2車線の〇〇通りに面しており、という箇所です。 写真を見ても、〇〇通りを人が横断するには心理的な抵抗が大きいように見受 …

商圏は分断される【3】オフィス街の路面店物件〔演習〕

立地判断のケーススタディー(考えてみよう編) 昨日の続きです。今日は演習問題をやってみましょう。午前8:30。オフィス街の地下鉄の駅の真上にある路面の物件の前を大勢のビジネス・パーソンが通行しています。 片側2車線の〇〇 …

商圏は分断される【2】駅前物件の立地判断

駅前物件の出店判断で重要なこと 昨日の続きです。駅前に物件があったとします。 商圏と想定される範囲内に人口は多く、河川も流れていないことを確認しました。さて、何を確認しますか? 通常の駅は南口、北口など複数の出入口があり …

商圏は分断される【1】「商圏の分断」とは?

商圏となり得る場所でも、顧客を呼べないことがある? 昨日の続きです。確認ですが、商圏とは何でしたか? 店舗のお客さんの「来し方」の地理的な範囲でした。要はお客さんがどこから来ているかの地理的範囲のことでした。(参照記事: …

商圏の分断(交差点)

「商圏」とは何か?【2】商圏に関する勘違い

商圏に関する勘違い: 商圏は円形ではない 昨日の続きです。商圏の大きさは?という質問に対して、半径500メートルくらい、2キロメートルくらい、などの距離で答える方が多いように思います。 その方の頭の中には、商圏の形が円形 …

『商圏』とは何か?【1】「行き先」の反対語は?

「行き先」の反対語は? 突然ですが、クイズです。 「行き先」の反対語は何でしょう? 行き先とは、大辞林第三版によれば、「これから行こうとしている目的地」のことです。その反対語です。 これは意外と考えたことがなく、すぐに出 …

「商圏の大きさは時間と共に変化する」の原則

商圏の大きさは時間と共に変化する 一号店に行列ができているとき、店舗の商圏は広域に広がっています。 しかし、その状況が永久に続くことはありません。つまり、商圏の大きさは時間と共に縮小していきます。 リテーラーは、自社の店 …

ストーリーで学ぶ「店舗開発競争と新規出店の判断」(その2)

あちこちにコーヒーショップがあるのはなぜ?~店舗開発競争と新規出店の判断~【“解説”編】 ← ストーリーで学ぶ「店舗開発競争と新規出店の判断」(その1)[考えてみよう編]に戻る 通りを挟んで同じ名前のコーヒーショップが2 …

ストーリーで学ぶ「店舗開発競争と新規出店の判断」(その1)

あちこちにコーヒーショップがあるのはなぜ?~店舗開発競争と新規出店の判断~【“考えてみよう”編】 通りを挟んで同じ名前のコーヒーショップが2件あった。なんであちこちにお店があるのか?新規出店はどう決まっているのか? スト …

マルエツプチ白金台店

福徳社メールマガジン(無料)

最新セミナー情報、店舗開発関連最新データ・コメント等を毎月初に配信しています。
メールアドレス
バックナンバー

福徳社からのお知らせ

『店舗開発という仕事〔入門編+上級編〕』1日集中セミナー開講【5/25(金)於吉祥寺】

お急ぎの方や遠方よりご参加の方のために、「店舗開発という仕事」入門編(店舗開発業務入門)+上級編(エリア戦略・出店戦略入門)の内容を1回で速習する1日集中コースを実施します。

『店舗開発という仕事〔入門編〕』セミナー開講【4/27(金)於吉祥寺】店舗開発業務入門

3時間で基本をマスター!店舗開発に興味のある方、携わられて間もない方などを対象に、店舗開発業務の基礎知識、立地判断の基本やスキルアップ術を実務に即して具体的に解説します。

『店舗開発という仕事〔上級編〕』セミナー開講【6/8(金)於吉祥寺】~出店戦略入門~

3時間で基本をマスター!チェーン店店舗開発・事業開発等のご関係者が知っておくべき「エリア戦略」や「出店戦略」の概論と具体的な立案方法を実務に即して解説します。

店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門『既存店分析実践・売上予測モデル作成編』セミナー開講【2018年4月21日(土)於吉祥寺】

チェーン企業の店舗開発担当者がマスターすべき既存店分析と売上予測の具体的な方法を実践演習を交えて解説。統計学とエクセルスキルの中で、仕事に必要な部分だけをまとめてご説明します。

最近の投稿

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 2018 株式会社福徳社 FUKUTOKUSHA K.K. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.