福徳社|チェーン店出店戦略リサーチ&コンサルティング
福徳社ブログ

タグ : 売上予測

店舗開発の仕事に求められる知識とは?【2】エクセル・統計スキルは“説得の武器”

意外と広い“店舗開発の実務に必要な周辺知識”~エクセル・統計スキル編~ 「そこに出店して売れるのか」と聞かれたら? 会社で資料等を作成したり、店舗の売上を確認したりする際にエクセルをお使いの方は多いと思います。人によって …

チェーン店新店の売上予測が「当たらない」ときに考えるべきこと

チェーン店本部が売上予測モデルを作ってみたものの、「新店の売上予測が当たらない」「出店前の予測と実際の値に乖離(かいり)があり困っている」などはよく耳にする話です。そうした問題に対して、これまで企業様のお手伝いさせていた …

チェーン企業における既存店分析の方法【1】既存店分析の目的

新たに店舗開発の担当になられた方、新しい会社に移り店舗開発に携わる方、また、企画部門や店舗運営部門をはじめとする店舗開発以外の部署の方などにとっても、チェーン企業において“既存店の分析”は必ず生じる業務だと言って良いので …

新規物件の売上予測で把握すべき最寄り駅の“量”と“質”の数え方【下】

昨日の続きです。駅の“質”とはいえ、駅に関するあるものの“数(個数)”が関係しているのですが、何だと思われますか?ヒントは、 “乗降客数が少ないのに想定以上に売れる”ということは、駅の乗降客数以外の要因で、駅間で個数に差 …

新規物件の売上予測で把握すべき最寄り駅の“量”と“質”の数え方【上】

二人の子ども達がラグビーをしており、その交流試合があったため、先日久しぶりに江戸川区に行く機会がありました。 長男がワントライしてチームも連勝し大喜びしつつも、久しぶりにどこかに行くと過去の記憶が色々と蘇ってくるもので、 …

集客力抜群のUSJや東京スカイツリーに隣接する物件に出店すべきか?【2】

昨日の問を再掲します。 <問>ある街の郊外に大型商業施設が開業する予定である。テナントとしての入居が叶わなかったので、その商業施設付近のロードサイドに出店を検討するべきか否か? ケースバイケースですが、原則的には周囲にそ …

コメダ珈琲八王子楢原店の物件評価【1】ロードサイドの売上を左右するもの

コメダ珈琲店八王子楢原店オープンを受けて ご存じコーヒーショップの「コメダ珈琲八王子楢原店」が10月16日(金)にオープン予定とのことです。開店日が近づくにつれて、オープン準備にも熱が入っていることでしょう。 近隣住民と …

コメダ珈琲八王子楢原店

物件を探し始める前に【2】必要な店舗のキャパシティは?(飲食店開業編)

昨日の続きです。1日平均320人の顧客を実現するには、どのぐらいの店舗のキャパシティが必要になるのでしょうか? 顧客数=座席数×平均稼働率×回転数です。 稼働率とは、実際にお客様に利用されている座席数です。例えば4人掛け …

バイロンベイコーヒー店内

物件を探し始める前に【1】「その店でいくら売るか?」(飲食店開業編)

仮に飲食店の開店を検討しているとしましょう。 物件を探し始める前に、まず、開業後にどうやって継続的に利益を出すかという利益計画を立てる必要があります。そこから、利益計画を達成するためには、賃料はいくらぐらいまで払えるのか …

12ヶ月移動平均

業務にすぐ役立つチェーン店新規出店「売上予測」講座+演習【5】売上予測とは何をすることなのか?(続き)

前回は、売上予測をするとは、①既存店舗の売上の傾向を把握し、②それを新規物件の条件に当てはめて予測額を算出することであるとお話ししました。 「①既存店舗の売上の傾向を把握する」とは、直近12ヶ月移動平均で把握した店舗売上 …

業務にすぐ役立つチェーン店新規出店「売上予測」講座+演習【4】売上予測をするとは、そもそも何をすることなのか?

既存店舗の売上の傾向を把握し、それを新規物件の条件に当てはめて予測額を算出すること 昨日の続きです。今日は、売上予測をするとは、そもそも何をすることなのかをお話しします。 結論から申しますと、①既存店舗の売上の傾向を把握 …

業務にすぐ役立つチェーン店新規出店「売上予測」講座+演習【3】なぜ「12ヶ月移動平均」を把握する必要があるのか?

12ヶ月移動平均は店舗の“稼ぐ力”を表す 前回の【グラフ2】(12ヶ月移動平均グラフ)で、数字が下降傾向になることを確認しました。 直近12ヶ月移動平均を12倍した値は何でしょう?それは店舗の年俸に相当します。言い換えれ …

業務にすぐ役立つチェーン店新規出店「売上予測」講座+演習【2】エクセルで既存店売上データ「12ヶ月移動平均」を作る

新規出店の際の売上を予測するためには、既存店の日販や月商ではなく“12ヶ月移動平均”を分析する必要がある 前回の続きです。まず、既存店売上データの整備と加工の演習から始めたいと思います。可能でしたら、皆さんの会社の店舗の …

業務にすぐ役立つチェーン店新規出店「売上予測」講座+演習【1】店舗売上予測の根拠は何か?

業務にすぐ役立つ【店舗売上予測】演習の連載をスタートします 新規出店の判断の際には、諸経費に目標利益額を加えて必要とされる売上高を見積り、その金額が妥当かどうかを検証することにより、店舗の最終的な利益計画を確定します。 …

売上予測を外した場合、どちらが問題だと思いますか?〔解説〕

売上予測を外した場合 ① 予測売上>実際の売上 ② 予測売上<実際の売上 ①と②では、どちらがより深刻な問題でしょうか? ①は、例えば、月商予測1,200万円のところ開業したら1,000万円しか売れなかった場合で、②は同 …

売上予測を外した場合、どちらが問題だと思いますか?〔質問〕

売上予測を外した場合、どちらが問題だと思いますか? 新店の売上予測に関する質問です。 ① 予測売上>実際の売上 ② 予測売上<実際の売上 どちらがより深刻な問題だと思いますか? 答えは明日のブログで。   『既 …

『カニバリゼーション』(カニバリ)って何?【2】店舗の売上を決めるもの

「カニバリゼーション」(通称カニバリ)って何?【その1】の続きです。   「カニバリ」について考える前に、大事な話を一つ。 店舗の売上はどう決まるのか? 店舗の売上は店舗ごとに異なりますが、それはなぜか?という …

『チェーン店売上予測モデル作成講座』2015募集開始しました

こんな店舗開発担当者の方に、受講をおすすめします。 自社独自の売上予測モデルを、自分で作って使いこなせるようになりたい。 新規出店の際の売上予測に関する根拠を、ロジカルに説明し、社内合意をスムーズに得られるようになりたい …

売上予測モデル

ストーリーで学ぶ「店舗開発競争と新規出店の判断」(その1)

あちこちにコーヒーショップがあるのはなぜ?~店舗開発競争と新規出店の判断~【“考えてみよう”編】 通りを挟んで同じ名前のコーヒーショップが2件あった。なんであちこちにお店があるのか?新規出店はどう決まっているのか? スト …

マルエツプチ白金台店

福徳社からのお知らせ

『店舗開発という仕事〔入門編+上級編〕』1日集中セミナー開講【6/22(金)於吉祥寺】

お急ぎの方や遠方よりご参加の方のために、「店舗開発という仕事」入門編(店舗開発業務入門)+上級編(エリア戦略・出店戦略入門)の内容を1回で速習する1日集中コースを実施します。

『店舗開発という仕事〔入門編〕』セミナー開講【7/6(金)於吉祥寺】店舗開発業務入門

3時間で基本をマスター!店舗開発に興味のある方、携わられて間もない方などを対象に、店舗開発業務の基礎知識、立地判断の基本やスキルアップ術を実務に即して具体的に解説します。

店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門『既存店分析実践・売上予測モデル作成編』セミナー開講【2018年7月20日(金)於吉祥寺】

チェーン企業の店舗開発担当者がマスターすべき既存店分析と売上予測の具体的な方法を実践演習を交えて解説。統計学とエクセルスキルの中で、仕事に必要な部分だけをまとめてご説明します。

『店舗開発という仕事〔上級編〕』セミナー開講【6/8(金)於吉祥寺】~出店戦略入門~

3時間で基本をマスター!チェーン店店舗開発・事業開発等のご関係者が知っておくべき「エリア戦略」や「出店戦略」の概論と具体的な立案方法を実務に即して解説します。

最近の投稿

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 2018 株式会社福徳社 FUKUTOKUSHA K.K. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.