福徳社|チェーン店出店戦略リサーチ&コンサルティング

福徳社からのお知らせ

『店舗開発という仕事(ディレクター編)』セミナー開催【10/13於吉祥寺】

店舗開発部門長・候補者を対象に、経営計画の出店計画への落とし込み、新店エリア配分、新規出店の方向性・店舗網に与える影響・出店意義等の説明に必要な事項を解説します。

店舗開発というお仕事

『店舗開発という仕事(入門編)』セミナー開催【9/15(金)於吉祥寺】

店舗開発に興味のある方・担当する可能性のある方、店舗開発に携わられて間もない方などを対象に、店舗開発業務への初歩的なガイダンスとなるセミナーを開催します。

店舗開発というお仕事

『店舗開発という仕事(マネジャー編)』セミナー開催【9/22於吉祥寺】

チェーン店の店舗開発・事業開発等のご担当者を対象に、エリア戦略や出店戦略の基本的な考え方、具体的な立案方法を実務に即して学ぶ、個人向けセミナーを開催します。

店舗開発というお仕事

福徳社ブログ

夏休みシーズン到来でなぜか『シェイクシャック』というお話

夏休みシーズン到来ということで、小休止も兼ねて個人的な話”も交えながら“久しぶり”に『シェイクシャック』についてです。 弊社の『首都圏ブランド認知度調査』で勝手に調査対象に含ませていただいたにも関わらず“久しぶり”に思い …

商業施設内の“魔の地帯”とは?【3】グランフロント大阪テナント生存率は北館の方が高い?

前回の続きです。通過点にありテナント数も多い南館の方が苦しいテナントが多いということになり、“生存率は北館の方が高い(南館の方が低い)”という仮説を検証すべく、フロアごとの4年間の変化に迫ります。 まずは、大阪駅から最も …

商業施設内の“魔の地帯”とは?【2】グランフロント大阪でテナント生存率が高い区画は?

前回の続きです。近年のショッピングセンターでは、開業当初に存在したテナントの全てが長いこと変わらずに営業をし続けることは稀です。 なぜそこにその業態や店舗がなければならないのかが分かりかねるものや、施設内でテナント入れ替 …

先行き不安な『幸せのパンケーキ』の店舗展開

先日、大阪に出張したときのことですが、この暑い中『幸せのパンケーキ』の広告がやたらと目につきました。ホームページによれば“Yahoo!検索大賞2016【スイーツ部門賞】受賞、同名のお店が各地に次々とオープンしていることも …

商業施設内の“魔の地帯”とは?【1】入れ替わるテナントの共通点|グランフロント大阪調査

商業施設の開発が進む中、施設内のテナントが入れ替わることは珍しいことではなくなりました。 以前、越谷イオンレイクタウンのテナント生存率についてお話したことがありましたが(記事:開業7年後のイオン越谷レイクタウンのテナント …

商売の観点で歴史を振り返る【最終回】司馬遼太郎『新史太閤記』にチェーン多店舗化を学ぶ

前回に続き、“歴史に学ぶ”シリーズです。『新太閤記』主役の豊臣秀吉を含む戦国武将をチェーン企業の本部、城を店舗に例えて、起こる出来事を多店舗化の過程にダブらせて読むと、ただの小説ではなく、仕事の参考書になります。シリーズ …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

福徳社メールマガジン(無料)

セミナー・新刊情報、前月末の主要チェーン店店舗数情報等を毎月配信中です。
メールアドレス バックナンバー
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 2016 株式会社福徳社 FUKUTOKUSHA K.K. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.