福徳社|チェーン店出店戦略リサーチ&コンサルティング

福徳社からのお知らせ

『店舗開発という仕事(マネジャー編)』セミナー開催【7/14於吉祥寺】

チェーン店の店舗開発・事業開発等のご担当者を対象に、エリア戦略や出店戦略の基本的な考え方、具体的な立案方法を実務に即して学ぶ、個人向けセミナーを開催します〔申込受付中〕

店舗開発というお仕事

『店舗開発という仕事(入門編)』セミナー開催【6/9(金)於吉祥寺】

店舗開発に興味のある方・担当する可能性のある方、店舗開発に携わられて間もない方などを対象に、店舗開発業務への初歩的なガイダンスとなるセミナーを開催します〔申込受付中〕

店舗開発というお仕事

福徳社メールマガジン(無料)配信開始のお知らせ〔店舗数データ付〕

毎月月初配信のメールマガジン(無料)ご登録受付を開始いたしました。セミナー・新刊情報、主要チェーン店最新店舗数データ(46業種・1,729ブランド)等を配信中。ぜひご登録ください。

mail_magazine

福徳社ブログ

商売の観点で歴史を振り返る【1】司馬遼太郎著『新史太閤記』にチェーン店多店舗化を学ぶ

前回のブログで、既存の業態の定義に無理があること、既存の教科書的なものは過去のものとして、時代に合った新たなものを書く必要があるとお話しました。そのために、まずは“商売・買い物という観点で歴史を振り返る”ことが必要である …

ドラッグストアとスーパーは違うのか?~時代にそぐわなくなった小売業態分類を考え直す~

先日、某大型アウトレットモールに行きましたが、昨今では通常のショッピングセンターでもセールが行われていることがあり、本来のアウトレットの機能を果たしているテナントであってもあまり“驚き”はなく、本当にここはアウトレットモ …

セブンイレブンの日販はなぜ高い?ローソンが中期目標達成のために真にすべきこと【下】

前回の続きです。ローソンには(ファミリーマートも同様です)“量”だけではなく“質”の高い立地への出店が求められる、というお話をしました。しかし、それを行うのは現状ではなかなか難しいものです。それを難しくしている原因を克服 …

セブンイレブンの日販はなぜ高い?ローソンが中期目標達成のために真にすべきこと【上】

昨日、ローソンの会長が退任されるという報道記事がありました。 同社は、コンビニ業界首位のセブンイレブンとの平均日販10万円の差が縮められない中、中期計画で「1万8千店、日販60万円」を目指す中期計画を掲げているとのことで …

「店舗開発という仕事」の将来は?~求められる“これまでとは異なる考え方”とは?~

少子高齢化が進む中で今後も店舗をどんどん開ける企業はあるのか?店舗開発の仕事はなくなってしまうのではないか?といった、店舗開発という仕事の将来を危ぶむ声をこの1ヶ月で何回か耳にしました。 これは、まだ若い店舗開発担当の方 …

満席でも、何かが噛み合っていない?アトレ品川『FOOD&TIME ISETAN』訪店記【下】

アトレ品川訪問記の続きです。この違和感は何なのかと思い、調べてみますと、『FOOD&TIME ISETAN』は、“「発信型ライフスタイルストア」を目指し、高感度なお客さまに、食に関する専門性と、食から広がるライフ …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

福徳社メールマガジン(無料)

セミナー・新刊情報、前月末の主要チェーン店店舗数情報等を毎月配信中です。
メールアドレス バックナンバー

What's New

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 2016 株式会社福徳社 FUKUTOKUSHA K.K. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.