Press "Enter" to skip to content

Posts tagged as “ドミナント戦略”

広島“現調”報告2|地元企業研究『小柴クリーニング』

広島にいると覚えてしまう地元企業小柴クリーニング 。広島市内だけで約70店舗あり、岡山県内2店舗を除き、広島県内に店舗を集中しています。コインランドリー、クリーニング関連の店舗を増やす企業が多いなか、小柴クリーニングのような特定地域に集中する企業の存在は出店するなら要確認です。

ドミナント戦略について考える4|日本市場でのマクドナルドの強敵とは?

マクドナルドが利用頻度で勝てないのは「定食屋」でした。同じものを毎日食べることを期待するのは難しいので、特定メニューに絞った専門店になればなるほど、毎日通うのは難しくなるのです。定食屋は、繰り返し利用していただくことで売上を形成することができます。比較的狭いマーケットでも出店が可能ということを意味します。

ドミナント戦略について考える3|日本中の飲食店をマクドナルドにできるか?

かつての日本マクドナルドは、日本中の飲食店を全てマクドナルドにすることができるかということから考えていました。同社の方曰く「普通の日本人に毎日ハンバーガーを食べさせることは難しく、利用頻度では〇〇〇には勝てない。」さて何でしょう?ヒントは日本人が毎日通おうと思えば通える。

ドミナント戦略について考える2|「ドミナント出店」の当ブログでの定義

ドミナント出店とは、ある商勢圏に集中的に出店することで、店舗数ベースで最大の市場シェアを獲得し、他社が出店により入り込むことが困難な程圧倒的な優位性を築くこと、と定義します。残念ながらある商勢圏でそこまで徹底的な支配的地位を築いている企業は日本にはないと言って良いでしょう。

ドミナント戦略について考える1|ドミナント出店とは?

ドミナント戦略とは「ある商勢圏で、店舗数ベースで最大の市場シェアを獲得し、他社が出店により入り込むことが困難なくらいに圧倒的な優位性を築く」という側面が強調されるべきです。従って、ある特定の商勢圏にだけ出店していれば、それがすなわちドミナント戦略であるとは言えないのです。

PAGE TOP