ドミナント

広島“現調”報告2|地元企業研究『小柴クリーニング』

広島にいると覚えてしまう地元企業小柴クリーニング 。広島市内だけで約70店舗あり、岡山県内2店舗を除き広島県内に店舗を集中。コインランドリー、クリーニング関連の店舗を増やす企業が多い中、このような特定地域に集中する企業の存在は、出店するなら要確認です。

学習塾・予備校の出店戦略|「開成教育グループ」の東京での店舗展開の評価(続き)

前回に続き、学習塾・予備校チェーン「開成教育グループ」(成学社)の東京都における店舗展開を評価したいと思います。 年間で1教室~4教室を開講する場合、同じ東京都内で“特定の地域”に教室を集中させる必要 […]

学習塾・予備校の出店戦略|国内市場における“出店戦略”の6つのタイプ-4

昨日まで、サービス企業の出店戦略の6つのタイプをご説明してきましたが、今回は最後の⑤について説明します。 ⑤は、3つ以上の大都市圏に進出するものの、特定の都道府県への店舗数の集中度が高い状態で、“集中 […]

学習塾・予備校の出店戦略|国内市場における出店戦略の6つのタイプ-2

昨日の記事で、サービス企業の出店戦略を図のように6つのタイプに分類しました。今日はそのうち②と④をご説明します。 ②とは、“単一ドミナント”をとるサービス企業と同様に成長の“初期段階(ステージ1)”に […]

学習塾・予備校の出店戦略|国内市場における出店戦略の6つのタイプ-1

前回と前々回で紹介した、特定の都道府県への店舗数の“集中度”と出店済の“大都市圏数”を組み合わせることにより、学習塾を含むサービス企業の店舗網をタイプ分けすることができるようになります。 店舗網のタイ […]

チェーン店エリア戦略のつくり方【3】「新規出店の7つの根拠」へのあてはめをする

昨日の続きです。では、具体的に、どうやってエリアの戦略プランに落とし込めば良いのでしょうか。 新規出店には7つの根拠があります。新規に出店する店舗の出店の理由はいくつあるか、確認してください。 (1) […]

ドミナント戦略について考える【9】フライングガーデンのケース~HHIとは?~

上場企業で特定の地理的市場に出店を集中している企業として、“フライングガーデン(本社:栃木県小山市)”をとり上げます(フライングタイガーとは関係ありません)。フライングガーデン社については、「爆弾ハン […]

ドミナント戦略について考える4|日本市場でのマクドナルドの強敵とは?

マクドナルドが利用頻度で勝てないのは「定食屋」でした。同じものを毎日食べることを期待するのは難しいので、特定メニューに絞った専門店になればなるほど、毎日通うのは難しくなるのです。定食屋は、繰り返し利用していただくことで売上を形成することができます。比較的狭いマーケットでも出店が可能ということを意味します。

ドミナント戦略について考える3|日本中の飲食店をマクドナルドにできるか?

かつての日本マクドナルドは、日本中の飲食店を全てマクドナルドにすることができるかということから考えていました。同社の方曰く「普通の日本人に毎日ハンバーガーを食べさせることは難しく、利用頻度では〇〇〇には勝てない。」さて何でしょう?ヒントは日本人が毎日通おうと思えば通える。

ドミナント戦略について考える2|「ドミナント出店」の当ブログでの定義

ドミナント出店とは、ある商勢圏に集中的に出店することで、店舗数ベースで最大の市場シェアを獲得し、他社が出店により入り込むことが困難な程圧倒的な優位性を築くこと、と定義します。残念ながらある商勢圏でそこまで徹底的な支配的地位を築いている企業は日本にはないと言って良いでしょう。

ドミナント戦略について考える1|ドミナント出店とは?

ドミナント戦略とは「ある商勢圏で、店舗数ベースで最大の市場シェアを獲得し、他社が出店により入り込むことが困難なくらいに圧倒的な優位性を築く」という側面が強調されるべきです。従って、ある特定の商勢圏にだけ出店していれば、それがすなわちドミナント戦略であるとは言えないのです。

简体中文DanskEnglishFrançaisDeutschItaliano日本語РусскийEspañolSvenska