福徳社|チェーン店出店戦略リサーチ&コンサルティング
福徳社ブログ

タグ : 一号店

上海“徹底現調”レポート【9】上海に出店するなら一号店はどこが良いか?city’superの例

さて、上海に出店するとしたら一号店はどこがよいのでしょうか。上海の有名な強力動線は南京路ということで、一号店は「南京東路」を選ぶという考え方もあるように思われますが、以前にもお話した通り、「南京東路」は観光客でごった返す …

city'super

認知度が低い『コーヒービーン&ティーリーフ』と『パイフェイス』

クイズで読む『リテールブランド浸透度調査2016』結果速報(3) 福徳社では、2016年6月に『リテールブランド浸透度調査』を実施しました。日本で展開しているリテーラー(外食、物販)の関東圏での認知度と利用経験者の割合( …

pie_face

カールスジュニアが日本で定着するには?(1)【勝手に経営企画室】

『カールスジュニア』が日本で定着するための出店戦略を勝手に考える 一号店出店の時に話題になったブランドの多くは、その後、マクドナルドやスターバックスのクラスに成長することを目標とするものの、実現しないケースが非常に多いで …

カールスジュニア1号店

『タコベル』『シェイク シャック』『カールスジュニア』の認知度

クイズで読む『リテールブランド浸透度調査2016』結果速報(2) 福徳社では、2016年6月に『リテールブランド浸透度調査』を実施しました。日本で展開しているリテーラー(外食、物販)の関東圏での認知度と利用経験者の割合( …

シェイク シャック 1号店

出店戦略講義【5】多店舗展開する企業で問題となる1号店立地の考え方

前回の続きです。ここまでは、“一店舗”を町(以後、エリアと呼びます)のどこに出店するかというレベルの話でした。個人が店舗を開業する際にも当てはまります。 次は、多店舗展開する企業で問題となる事柄をいくつか考えてみましょう …

日本撤退ブランド敗因分析【4】『フォー24』日本一号店の立地選定の考え方

前回の問い:PHO24の日本での一号店はどこにあったか? 答えは、総武線の停車駅、東京の“市ヶ谷”です。 以下、再び「1年でたった3店“苦戦”フォーPHO24、浮上のカギは男?~運営元のセブン&アイ、女性狙いも目論み外れ …

日本撤退ブランドの敗因分析【3】『フォー24』はブランド浸透に本気だったのか?

前回の続きです。PHO24は、参照させていただいているこちらの記事によれば、日本参入は2011年だったようです。おのずと知れた大震災の年です。 そういう意味では、参入タイミングに関して不運で、参入前にブランドの話題性を高 …

日本撤退ブランドの敗因分析【1】『フォー24』(2013年撤退)

この「日本撤退ストアブランドの敗因分析」シリーズでは、日本にかつて進出したものの、撤退したストア・ブランドについて考えてみたいと思います。 最初に取り上げるストア・ブランドは、“PHO24(フォー・トゥエンティーフォー) …

ベトナムのフォー24PHO24にて

もったいない全国展開【1】コーヒービーン&ティーリーフ

先日、東京・日本橋に用事があり“コーヒービーン&ティーリーフ”の日本一号店に立ち寄りました。 コーヒービーン&ティーリーフ・ジャパンのホームページによると、コーヒービーン&ティーリーフは米国カリフォルニア州ロサンゼルスに …

【演習】コンビニ出店の考え方|オフィス街での店舗開店編(解説)

もしもあなたがコンビニエンスストアを開業するとしたら?【演習問題】 では早速、昨日の問題を解説します。 新たにオフィスビル2棟が開発された地域で、A社はオフィスビルaにコンビニエンスストア1号店を開店しました。開業後半年 …

もったいない出店【5】北欧雑貨LAGERHAUS(ラガハウス)

もったいない出店【その5】LAGERHAUS(ラガハウス) 北欧雑貨に因んでスウェーデンのLAGERHAUS(ラガハウス)。これも2013年10月に日本に一号店が開きましたが、全国的な知名度はあまり高くないと思われます。 …

もったいない出店【4】デンマークの雑貨屋2社の一号店比較

フライング タイガー コペンハーゲンとSφSTRENE GRENEの一号店を比較する 「フライングタイガーコペンハーゲン」と「SφSTRENE GRENE」(ソストレーネ・グレーネ)の一号店を比較してみましょう。 フライ …

もったいない出店【3】日本初出店における“一号店”の意味とは?(続き)

もったいない出店【その2】日本初出店ブランドにとっての“一号店の意味”(続き) 昨日の問題の答えは、一番上の「A」です。   最初にAに水を流せば、水は2つに分岐しBからDへ、CからF、Gへ、そこから再び分岐し …

もったいない出店【2】日本初出店における“一号店の意味”とは?

もったいない出店【その2】日本初出店ブランドにとっての“一号店の意味” 「フライング タイガー コペンハーゲン」と「SφSTRENE GRENE(ソストレーネ・グレーネ)」の違いを考える前に、日本に初出店する企業にとって …

もったいない出店【1】同じデンマークの雑貨屋でなぜ二号店も出せないか

もったいない出店【その1】「SφSTRENE GRENE(ソストレーネ・グレーネ)」 日本は舶来物に特別な意味が付与される不思議な国で、デンマークの“百均”やアメリカの“ポップコーン屋”に顧客が行列し、あたかも高級ブラン …

フライングタイガーコペンハーゲン ルミネ立川店

出店戦略論【11】ギャレットポップコーンの市場選定を考える(3)

昨日に引き続き、ポップコーン屋さんの話です。 4号店の店舗名を覚えていらっしゃいますか?愛知県の店舗です。答えは「名古屋店」です。これをどう思われますか? 私は、大きく出たな、という印象を受けました。「名古屋」での追加出 …

出店戦略論【10】ギャレットポップコーンの市場選定を考える(2)

昨日の続きです。ギャレット・ポップコーンの4店舗目は、愛知県名古屋市中村区です。JR名古屋高島屋1階にあり、店舗名は「名古屋店」です。 そして8月5日(水)には5号店の「心斎橋店」が、大阪市中央区(心斎橋)に開業しました …

出店戦略論【9】ギャレット ポップコーンの市場選定を考える (1)

昨日の続きです。高校野球も始まり夏休み真っ盛りということで、今日は短めに。 ギャレット ポップコーン ショップスをご存知ですか? 原宿駅から歩くと表参道・左手に位置する、行列のできるアメリカ・シカゴのポップコーン屋さんで …

『ドミニクアンセルベーカリー』の出店戦略を勝手に考える【2】

オープン後1カ月弱経過した『ドミニクアンセルベーカリー』再訪記 オープン前日にアップした記事の続きです。 昨日、表参道に行く用事があったので、『ドミニクアンセルベーカリー』にどのくらい行列しているか、のぞいてみました。 …

ドミニクアンセルベーカリー

日本1号店開店の『nolboo(ノルブ)』が定着しないと思う3つの理由

昨日の産経ニュースによれば、韓国の外食フランチャイズ企業「nolboo(ノルブ)」が今月17日に日本1号店をオープンし、今後、東京、名古屋など日本の主要都市を中心に店舗を拡大する計画であると、韓国の聯合ニュースが伝えたそ …

行列の先にあるものは?~“表参道の一発屋”で終わらないためには?~

原宿・表参道に並ぶ“露店”を“一発屋”で終わらせないためには? この話は、これまで書いてきた記事よりもちょっと上位レベルの話になります。「国内市場でどう展開するべきか」という出店戦略論に関するものです。 さて、縁日の日に …

アイスモンスター原宿店

『ドミニクアンセルベーカリー』の出店戦略を勝手に考える【1】

「クロナッツ」で人気のドミニクアンセルベーカリーが日本参入、明日1号店オープン 報道によれば、看板スイーツ「クロナッツ」で世界的ブームを巻き起こした米ニューヨークの人気ベーカリー「ドミニクアンセルベーカリー」が明日6月2 …

ドミニクアンセルベーカリー1

『フラグシップストア』とは?~バイロンベイコーヒー訪店記~

バイロンベイコーヒー原宿店訪店記 6月上旬・平日11:00。オーストラリア・バイロンベイのオーガニック・コーヒー・ファームが運営するバイロンベイコーヒー(Byron Bay Coffee Company)の日本での実店舗 …

バイロンベイコーヒー原宿店外観

ブルーボトルコーヒー(日本参入一号店)再訪店記

ブルーボトルコーヒー(日本参入一号店)再訪店記 5月25日(火)11:20 快晴。 2月6日のG.O日(グランドオープン日)に長蛇の行列で、写真だけ撮って引き返してきた話題のカフェ、ブルーボトルコーヒーに再び行ってきまし …

ブルーボトルコーヒー1号店

海外リテールブランドが日本参入で成功するために必要なこと

ステップ1:参入前に話題性を高める 日本は不思議な国です。カジュアルブランドのH&MやForever 21が繁華街・一等地にビル?100円ショップのフライング タイガー コペンハーゲンに大行列?海外から来たパン屋 …

福徳社メールマガジン(無料)

最新セミナー情報、店舗開発関連最新データ・コメント等を毎月初に配信しています。
メールアドレス
バックナンバー

福徳社からのお知らせ

『店舗開発という仕事〔上級編〕』セミナー開講【3/17(土)於吉祥寺】~出店戦略入門~

3時間で基本をマスター!チェーン店店舗開発・事業開発等のご関係者が知っておくべき「エリア戦略」や「出店戦略」の概論と具体的な立案方法を実務に即して解説します。

『店舗開発という仕事〔入門編+上級編〕』1日集中セミナー開講【3/10(土)於吉祥寺】

お急ぎの方や遠方よりご参加の方のために、「店舗開発という仕事」入門編(店舗開発業務入門)+上級編(エリア戦略・出店戦略入門)の内容を1回で速習する1日集中コースを実施します。

『店舗開発という仕事〔入門編〕』セミナー開講【3/3(土)於吉祥寺】~店舗開発業務入門~

3時間で基本をマスター!店舗開発に興味のある方、携わられて間もない方などを対象に、店舗開発業務の基礎知識、立地判断の基本やスキルアップ術を実務に即して具体的に解説します。

店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門『既存店分析実践・売上予測モデル作成編』セミナー開講【2018年3月24日(土)於吉祥寺】

チェーン企業の店舗開発担当者がマスターすべき既存店分析と売上予測の具体的な方法を実践演習を交えて解説。統計学とエクセルスキルの中で、仕事に必要な部分だけをまとめてご説明します。

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 2016 株式会社福徳社 FUKUTOKUSHA K.K. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.