Press "Enter" to skip to content

Posts tagged as “店舗数”

続「高速出店」とは?②|好ましい・好ましくない展開パターンを分けるもの

全国的に普及している、店舗数の多いチェーン店舗は「高速出店」する時期を経ている場合がかなり多いように思われます。様々な事例を研究すると、成長の初期段階で出店を高速化するのは得策ではないのではないか?という仮説が立てられます。すなわち、高速出店には好ましいものと、好ましくないものがあると考えることができます。

「高速出店」とは?①|年度別出店“速度”を決める際の考え方【動画解説付】

出店計画の際には、出店数を年度別にどう配分するかを決める必要があります。出店の“速度”に関連します。出店の速度は急に上がって「高速出店」になることもあれば、急に下がることもあり、長年にわたり一定であることは稀です。出店速度はどのように考えればよいのでしょうか?

沖縄初出店から1年以上経過したセブンイレブンの今|県内店舗展開、その後の経緯(続報の続報)

沖縄セブンイレブン店舗展開経緯の続報です。昨年末時点で67店舗、今年に入ってから12店舗増加し、2月23日時点で79店舗を展開しています。出店すべき自治体は出しつくしたようで、新たに出店した自治体はなく、浦添市と沖縄市ではほぼ半月おきに追加出店が進んでいる様子が分かります。

業態別出店“局地戦”レポート【学習塾編】4|相模原市緑区の激戦区・空白地域は?

相模原市緑区はリニアの駅ができる橋本駅があり、40の塾が存在し、中央区、南区と同様に橋本駅周辺に35%が集中しています。橋本高等予備校という橋本で40年以上の歴史を誇る予備校もあります。これを見ると学習塾の出店と公立中学校の立地とは相関があまりないことが分かります。

業態別出店“局地戦”レポート【学習塾編】3|相模原市南区の激戦区・空白地域は?

相模原市南区は小田急線と江ノ島線が合流する相模大野駅があり、中央区に比べて中心地がはっきりしています。学習塾は59件ありますが、その出店はどのようになっているかを見てみます。激戦区は相模大野駅近接の相模大野3丁目と7丁目で南区全体の25%弱の14店舗が集中しています。

業態別出店“局地戦”レポート【学習塾編】2|相模原市中央区の激戦区・空白地域は?

相模原市中央区では、臨海セミナーをはじめとする大手塾が主要駅の周辺に集中しています。駅周辺以外の激戦区に出店しているのは地元系の塾が中心で、上溝バイパスと相模川に挟まれた工場や工業団地が目立つ地域であることが分かります。一方、出店の空白領域もあることが見てとれます。

業態別出店“局地戦”レポート【学習塾編】1|相模原市内の区別・地区別店舗数分析

相模原市に注目してみます。学習塾の“局地戦”商圏は小さいことが考えられ、自治体別店舗数データでは分析が大雑把すぎます。区別店舗数は中央区69件、南区59件、緑区42件…これでもまだ解像度が低い。そこで顕微鏡の倍率を上げるように、各区の中の地区別の店舗数を調べてみました。

学習塾・予備校多店舗化の危険な兆候3|『臨海セミナー』出店拡大の軌跡(1990年代)

臨海セミナーの多店舗化は1990年代の前半に出店スピードがやや上がり、対象を高校生に広げました。90年代後半にはさらに店舗数が4倍弱になっています。特に従業員の人的能力が重要な意味を持つ業界で、人的能力育成が教室数増加ペースに追い付いていたのかについては気にかかるところです。

沖縄初出店から1年以上経過したセブンイレブンの今|県内店舗展開、その後の経緯(続報)

セブンイレブンの沖縄県での展開は、消費者の間で普及した業態が未出店のエリアをどのように面的にカバーしてういくかに関する“貴重な記録”と言えますので、定期的に共有させていただきたいと思います。

「閉店戦略」論2|企業全体の効率を考えた“積極的な閉店”の考え方〜ジョイフルの例〜

北海道から九州まで店舗があるのが良しとされない場合もあるのです。ジョイフルの北海道撤退は、企業全体の効率性を考え、本拠地から最も離れた孤立した1店舗を早い段階で潔く閉店した“積極的な閉店”であり、地震やコロナはその後押しをしたに過ぎないと考えることもできます。

沖縄初出店から1年以上経過したセブンイレブンの今|県内店舗展開、その後の経緯

2019年7月11日、一気に14店舗を開業してから現在約60店舗になるまでの経緯をまとめました。沖縄セブンイレブンの出店のこの考え方は多くの業態に当てはまります。出店速度も出店の重要な構成要素ですが、250店舗を目標としているとのことで、加速期が来るのも早いような気がします。

売上予測再考3|重回帰の前に~市場規模の数字と売上高の関連をどう見るか?~

店舗売上高が、市場規模を示す人口に伴って増えているか?人口の値が類似しているのに、売上に開きがある店舗がないか?差があるのはなぜか?なぜ売れないのか、劣っていることは何か?と考えます。同僚にも尋ねてみると、売れない理由は意外と出てくるものです。

売上予測再考1|重回帰の前に~店舗数がまだ少ない企業がやるべきこと~

店舗数が30店舗以下の場合、はじめから重回帰分析を行うことなど考える必要はありません。まずは売れている店舗と不振な店舗のグループ間の違いがなぜ生じるかを言葉で説明する必要があります。それぞれのグループに入る店舗に共通することは何か?と問いかけるのです。

”いきなり”赤字転落を受けて4|『いきなり!ステーキ』出店は速度もあまりにも急速

いきなり!ステーキの出店は地域的な偏りが極端だっただけでなく、その速度があまりにも急速であった点にも特徴があります。ペッパーフードサービス社の業態ペッパーランチも同じように急拡大したことがありました。

”いきなり”赤字転落を受けて2|『いきなり!ステーキ』本来あるべき店舗数(都道府県別)

表は全都府県の人口比率と対応する「いきなり!ステーキ」の“あるべき店舗数“を示しています。これを参考にして「いきなり!ステーキ」が各都道府県に実際何店あるかをこちらでぜひ確認してみてください。驚きますよ!!

デンマーク雑貨チェーンの新プレーヤー『ノーマル』(国外未出店)とは

デンマークで急速にシェアを伸ばしている雑貨屋さんの新プレーヤーNormal(ノーマル)。キャンディやソーダ、ケア商品に注力しています。デンマークでは類似した業態と認識されているソストレーネグレーネ、フライング タイガーとの3社はデンマークでどう出店争いをしているのでしょうか。

化粧品ブランド出店で慎重に考慮すべき3項目のバランス~ロクシタン出店研究~

ロクシタンは強気でいられるテナント企業の代表例でしたが、最近は店舗の繁盛感が感じられないことが珍しくなくなりました。コスメ業界関係者によると「店舗数が“ある数”に近づくとよろしくないことが起こる」要は全社売上が下がるのだそうです。化粧品の場合バランスに慎重になる必要があります。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【ドラッグストア編】

最も店舗数を増やした屋号トップ3は1位ウェルシア2位ココカラファイン3位スギ薬局でした。最も総店舗数を減らしたのは1位  ハックドラッグ2位セガミ3位バイゴーでした。総店舗数減少率トップ3は1位バイゴー2位ドラッグモリヤマ3位ジャストドラッグでした。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【焼肉編】

最も店舗数を増やしたのは1位安安2位焼肉きんぐ3位じゃんじゃかでした。上昇率トップは1位じゃんじゃか2位肉匠坂井3位安安。最も店舗数を減らしたのは1位でん・大阪カルビ2位情熱ホルモン3位安楽亭・減少率トップは1位大阪カルビ2位でん3位黒塀家でした。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【居酒屋編】

最も店舗数を減らした屋号は1位和民2位魚民3位笑笑でした。総店舗数減少率トップは1位くろ○2位和民3位月の宴。最も総店舗数を増やしたのは1位   鳥貴族2位三代目鳥メロ2位ミライザカ3位目利きの銀次。総店舗数上昇率トップは1位ミライザカ2位三代目鳥メロ3位晩杯屋。磯丸水産は150店串カツ田中は170店。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【らーめん・餃子編】

最も総店舗数を増やしたのは1位餃子の王将2位田所商店3位幸楽苑・日高屋。増加率トップは1位一番館2位たいぞう3位三宝亭。最も店舗数を減らしたのは1位 ポッポ2位くるまや3位中華東秀・芝のらーめん屋さん。総店舗数減少率のトップは1位芝のらーめん屋さん2位ビースト3位よってこや。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【牛丼・丼もの編】

店舗数が増えたのは1位豚屋とん一2位ローストビーフ星3位えびのや。2017年に最も店舗数を減らした屋号トップ3は1位すき家2位 かつてん3位 なか卯3位 ザ・どん。減少率のトップ3は1位かつてん2位ザ・どん3位すき家0.6%減。話題に上ったすためし、東京チカラめしは変動なしでした。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【回転寿司編】

2017年に最も総店舗数を増やしたのは1位スシロー2位はま寿司3位くら寿司。増加率トップは1位がってん寿司2位まぐろ人3位回し寿司活・金沢まいもん寿司。最も総店舗数を減らしたのは1位 かいおう2位 平禄寿司3位寿司めいじんでした。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【バーガーショップ編】

2017年に最も総店舗数を増やしたブランドは1位フレッシュネスバーガー2位ケンタッキーフライドチキン3位クアアイナ。増加率は1位ヴィレッジヴァンガードダイナー2位クアアイナ3位フレッシュネスバーガー。最も店舗数を減らしたのは1位ミスタードーナツ2位サブウェイ3位ドムドムハンバーガー。最大手マクドナルドは1%減少。バーガーキングも1%減。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【ファミレス編】

2017年最も総店舗数が増えたブランドトップ3は1位いきなりステーキ2位サイゼリヤ3位鎌倉パスタ。増加率トップ3は1位スエヒロ館100%増2位伝説のステーキ屋3位chawan。減った屋号トップ3は1位ケネディ2位ステーキハウスけん3位グラッチェガーデンズ。減少率トップ3は1位ケネディ2位フレンドリー3位壁の穴。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【コーヒーチェーン編】

2017年に最も店舗数が増えたのは1位スターバックスコーヒー2位コメダ珈琲3位タリーズ。店舗数増加率は1位ネスカフェスタンド2位むさしの森珈琲3位コナズ珈琲。店舗数減少率は1位コーヒービーン&ティーリーフ2位カフェデュモンド3位ニューヨーカーズ・カフェ。店舗数減少は1位ミスタードーナツ2位イタリアントマト3位サンジェルマン、コロラド。

営業部門からの質問対策1|「このエリアにはあと何店舗出せるのですか?」

「このエリアにはあと何店舗出せるのですか?」と営業部門から聞かれたら?チェーン企業がそれを考える際、最初に定めるべきは、全国で最終的に何店舗出店するかという目標店舗数です。これにより出店すべきマーケット範囲が大まかに決まります。これが企業として定まっていないと答えられません。

PAGE TOP