福徳社|チェーン店出店戦略リサーチ&コンサルティング
福徳社ブログ

タグ : 出店数

店舗開発担当者英語講座『読み流すだけの のんびりラーニング』【9】“何店舗?”編

この英語講座では、普通の英語の先生には教えられない“店舗開発担当者が業務で頻繁に使うと思われる用語や表現”を選び出し、少しずつ紹介していきます。キャリアアップのためにも気楽に勉強を始めてみてください(英語講座第一回目はこ …

店舗開発担当者英語講座『読み流すだけの のんびりラーニング』【8】“店舗数”編

今回は、前回の“賃料”同様に頻繁に話題になる“店舗数”について。この英語講座では、普通の英語の先生には教えられない“店舗開発担当者が業務で頻繁に使うと思われる用語や表現”を少しずつ紹介しています。キャリアアップのためにも …

チェーン店店舗数クイズ【2】『洋服の青山』などの紳士服チェーンは何店舗でしょう?

昨日のクイズ2問を再掲します。 <1>(靴チェーン)15社全体で靴屋の数は約何店舗でしょう? 1500  2.3000  3.4500  4.6000以上 <2>そのうち、トップの『ABCマート』の店舗数は約何%くらいで …

チェーン店店舗数クイズ【1】『ABCマート』などの靴チェーンは何店舗でしょう?

先日、街を歩いていたら、靴屋の『ABCマート』があったビルが新しく建て替えられており、『ABCマート』そのものが形も影も無くなっていました。 チェーン企業はたくさんありますが、そういえば、靴屋を展開する企業・ブランドには …

出店戦略立案における新規出店「速度」と「加速度」の考え方は?

国内市場での店舗展開にあたり、最初に決めるべきことは何か?それは、「出店を完了した段階でストア・ブランドにどのような意味合いを持たせたいか」です。それにより、出店の考え方は大きく変わってきます。 それを踏まえた上で、多店 …

北海道に20店舗出店するためのマーケットプランを立案する【2】出店戦略講義

小型店舗を全国規模で多店舗化する企業を想定し、同社が日本の北海道に20店舗開店するためのマーケット・プランを立案せよ。 前回の続きです。北海道の主要都市の配置を地図で確認したら、市場規模を表す“人口”の多い順に数字を打っ …

北海道に20店舗出店するためのマーケットプランを立案する【1】

大学生にとっては、いきなり訊かれても難解かもしれませんが、チェーン展開する企業の“シニア・レベル”の従業員が出来なければならない業務として、次のような課題を考えてみましょう。 小型店舗を全国規模で多店舗化する企業を想定し …

hokkaido

日本マクドナルド不振の理由【8】赤字転落に至った本質的な理由とは?

マクドナルドに限定的な不振の理由とは? 前回の続きです。さて、マクドナルドは、2002年に当期純利益が赤字となりました。 外食産業の市場規模が1997年のピークを境に減少に転ずる中、外食産業にとって1990年代後半に起こ …

mcdonalds_japan

チェーン店エリア戦略のつくり方【1】エリアの戦略類型の割り振り方

5つのチェーン店エリア戦略類型とその特徴 多店舗化する企業では、ある地理的範囲に何店舗出店できるか、すべきかが様々な場面で議論されます。 タイトルにある「エリア」という言葉はよく用いられる言葉ですが、明確な定義があるわけ …

【表1】チェーン店のエリアの戦略類型

店舗開発シニア担当が問われる問題【6】「何店舗出店できるか?」を求める公式は?

前回まで市場規模を算出する方法をお話ししてきました。そこから出店数を求める公式は次の通りです。 市場規模×市場シェア(%)÷一店舗平均売上=自社の出店数 市場シェアは企業の目標として決まるものなので、何パターンかに分けて …

店舗開発シニア担当が問われる問題【5】市場規模算出根拠の数字を探す方法

市場規模を計算してみよう(続き):人口以外の数字をどうやって探すか? 前回は、市場規模には3つのレベルがあり、下記の公式で求まることをお話ししました。 人口×利用者比率(%)×利用回数(回)×一回当たりの利用金額(円)= …

店舗開発シニア担当が問われる問題【4】無料データから市場規模を算出する方法

総務省のデータを使って市場規模を計算してみよう 前回の続きです。総務省のホームページでは、住民人口台帳に基づく人口、人口動態、世帯数(平成25年3月31日時点)があります。せっかく税金を支払っているのですから、徹底的に活 …

店舗開発シニア担当が問われる問題【3】何店舗出店できるか?を市場規模から求める方法

前回は既存店の現状をベースに自治体ごとに「積み上げ」ることにより最終的な出店数を求めていく方法をお話ししました。 今回は既存店が十分にない場合で「積み上げ」と逆の方法をとります。 最初はこんな問題を考えてみることから始め …

店舗開発シニア担当が問われる問題【2】何店舗出店できるか?を積み上げで求める方法

前回の続きです。日本国内で展開するチェーン企業の経営者が最も関心を持つ(べき)ことは、「日本市場で最終的にどれだけの売上高や利益額が見込めるか?」ということです。 そして売上の多くは店舗を通じて得られるため、「日本全体で …

もったいない出店【5】北欧雑貨LAGERHAUS(ラガハウス)

もったいない出店【その5】LAGERHAUS(ラガハウス) 北欧雑貨に因んでスウェーデンのLAGERHAUS(ラガハウス)。これも2013年10月に日本に一号店が開きましたが、全国的な知名度はあまり高くないと思われます。 …

「出店可能な店舗数」の算出方法【4】目標店舗数を都道府県に配分する方法(続き)

目標店舗数を地域に配分する(続き) 昨日までは、全国での目標店舗数を北海道から九州までの8つの地方にブレイクダウンする方法についてでした。 次の段階では、それぞれの地方(北海道を除く)を下位の都道府県レベルブレイクダウン …

「出店可能な店舗数」の算出方法【3】目標店舗数を地方に配分する方法(続き)

昨日の記事の続きです。 さて、各地方への1000店舗の配分はどのようになりましたか? この段階では、各地方に居住する人のほとんどはその地方の中で生活を完結していると仮定します(旅行や出張等で地方間を移動する人もいますが、 …

「出店可能な店舗数」の算出方法【2】目標店舗数を地方に配分する方法

昨日に続き、「このエリアにあと何店舗出せるのか?」を求める方法の続きをお話ししたいと思います。 さて、確認ですが、「あるエリアに何店舗出店できるか?」を考える際に、最初に決めるべきことは何でしたか? 全国で最終的に何店舗 …

チェーン店の「出店可能な店舗数」の算出方法【1】3段階で求める方法

「出店可能な店舗数」について チェーン店の場合、ある市場で何店舗を出店できるかが議論されることがあります。この場合の市場は新宿、池袋などの駅を中心とした市場であったり、○○市、○○区などの自治体単位の市場であったり、その …

1000店舗の地域配分

出店戦略論【12】フライングタイガーの自治体レベルの市場選定(1)

前回、ポップコーンを販売するブランドが高級ブランドのように東名阪の市場に展開していることを確認しました。 似たようなケースはまだあります。以前にも採りあげたフライング タイガー コペンハーゲンはどうでしょう? フライング …

出店戦略論【8】自治体レベルでの市場選定(4)百貨店や高級ブランドが選ぶ自治体の重要性

昨日まで、百貨店や高級ブランドのリテーラーがどのような自治体を市場として選定しているかを確認して来ました。 これらの市場は、百貨店のようなBig-boxタイプのリテーラーとは異なるMini-boxタイプのリテーラーや、高 …

出店戦略論【7】自治体レベルでの市場選定(3)ティファニーの店舗展開

昨日のクイズの答えは、東京都新宿区と大阪市北区でした。 参考までに、TIFFANY&Co.の出店している自治体と自治体ごとの店舗数は下の【表】の通りです。ご注意いただきたいことは、TIFFANY&Co.の …

出店戦略論【6】自治体レベルでの市場選定(2)新規出店の優先順位の高い自治体

さて、皆さんの会社は、店舗数が100、300、500、1000の各段階で、どの自治体まで展開範囲を広げるかについて、コンセンサスのようなものがありますか? 昨日も記しましたが、新規出店の優先順位の高い自治体があります。成 …

出店戦略論【5】自治体レベルでの市場選定(1)三越伊勢丹が出店する自治体

自治体レベルでの市場選定 前回の続きです。多店舗化する企業が出店に関して意思決定しなければならない要素には、 ①総店舗数、②出店する市場の地理的範囲、③想定する個々の店舗の立地のバリエーション、④総店舗数の地域配分 があ …

出店戦略論【4】目標店舗数の意味(2)自社ブランドの位置づけと総店舗数

目標総店舗数の決まり方 前回のクイズです。 ①「高島屋」、「松屋」、「三越伊勢丹ホールディングス」を日本国内の店舗数(2015年2月時点)の多い順に並べてください。それぞれの店舗数はいくつかも考えてみてください。 ②「テ …

出店戦略論【3】目標店舗数の意味(1)多店舗化する企業の意思決定要素

目標店舗数の意味 前回、多店舗化する企業が出店に関して意思決定しなければならない要素は、 ①総店舗数 ②出店する市場の地理的範囲 ③想定する個々の店舗の立地のバリエーション ④総店舗数の地域配分 の4つがあり、想定するス …

出店戦略論【2】店舗展開を「開始する前」に決めておきたいこと

昨日の続きです。今回のタイトルで「開始する前」を強調した理由は、数店舗を開業した後に、出店戦略を考えようとする企業が多いように思われるためです。 社内でそれを「考えるように」と言われる人も、そんなことは、開ける前から決め …

出店戦略論【1】出店戦略のよりどころになる考え方はあるのか?

多店舗展開をしようとする企業の多くは、いつまでに、店舗数を全部で何店舗にするか、出店地域をどこまで拡大するか、に関する経営目標を掲げます。 例えば、「20年で100店体制、東京のほかに関西や九州など地方都市への拡大も進め …

全国チェーンが戦いにくいマーケット【1】スターバックス鳥取出店を受けて

「全国チェーンが戦いにくいマーケット」とは スターバックスが最後の未出店の都道府県である鳥取県に初出店したようですね。鳥取駅付近のドライブスルー店舗のようです。 最後の花火を上げた感がありますが、それはさておき、今日は、 …

福徳社からのお知らせ

『店舗開発という仕事〔入門編+上級編〕』1日集中セミナー開講【6/22(金)於吉祥寺】

お急ぎの方や遠方よりご参加の方のために、「店舗開発という仕事」入門編(店舗開発業務入門)+上級編(エリア戦略・出店戦略入門)の内容を1回で速習する1日集中コースを実施します。

『店舗開発という仕事〔入門編〕』セミナー開講【7/6(金)於吉祥寺】店舗開発業務入門

3時間で基本をマスター!店舗開発に興味のある方、携わられて間もない方などを対象に、店舗開発業務の基礎知識、立地判断の基本やスキルアップ術を実務に即して具体的に解説します。

店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門『既存店分析実践・売上予測モデル作成編』セミナー開講【2018年7月20日(金)於吉祥寺】

チェーン企業の店舗開発担当者がマスターすべき既存店分析と売上予測の具体的な方法を実践演習を交えて解説。統計学とエクセルスキルの中で、仕事に必要な部分だけをまとめてご説明します。

『店舗開発という仕事〔上級編〕』セミナー開講【6/8(金)於吉祥寺】~出店戦略入門~

3時間で基本をマスター!チェーン店店舗開発・事業開発等のご関係者が知っておくべき「エリア戦略」や「出店戦略」の概論と具体的な立案方法を実務に即して解説します。

最近の投稿

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 2018 株式会社福徳社 FUKUTOKUSHA K.K. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.