Press "Enter" to skip to content

Posts tagged as “出店数”

続・やってしまった出店『東京チカラめし』1|マジック5となった存続店舗の立地は?

プロ野球のマジックナンバーと同じように少しずつ減って残り「5」となっているのは、かつて凄まじいスピードで急成長した外食チェーン『東京チカラめし』の店舗数です。粘り強く最後まで残った場所の特徴を見ておくことは、今後の出店を考える上で意味のあることと思われます。

いきなり!ステーキの「助けてください」に思うこと

思い出したのが狂牛病の影響で困った同社が掲示した“助けてください”というフレーズ。しかし今回の失敗は自業自得です。このままでは店を閉めることになる?もっともです。店が多すぎる地域があります。業態としての意義はあっても、なくて良いところにある店は閉めれば良いのです。

”いきなり”赤字転落を受けて3|『いきなり!ステーキ』あるべき店舗数とのギャップ分析

“市場規模に対して相応しい数の店舗数を出店する”という考え方はペッパーフードサービス社には皆無であったと言ってよいと思われます。首都圏の出店数には驚かされました。投資家の中に、これで赤字転落は許しがたいと思う方がいてもおかしくないように思います。

壱番屋インド進出のニュースを受けて1|海外1号店の後どう展開すべきか?

2020年初頭に1号店を首都ニューデリーに検討、5年間で直営店舗10店舗を展開、その後フランチャイズ展開を目指すとのこと。出店の最終形、実現のための市場計画があるのか疑問です。ある国に1号店を出店した後国内市場でどう展開するか?は日本企業以外のグローバル企業でさえ悩みの種となります。

ブロンコビリーの出店の軌跡を追う4|(とりあえず最終回)最新状況を確認する

未出店地域や比較的出店しやすい市場規模のあまり大きくない地域への出店を増やすことが続くような場合将来を悲観せざるを得ません。注目点すべき点は市場規模の大きい関東圏での知名度を上げるよう店舗開発の労力を集中させ店舗数を増やせるかにあります。

ブロンコビリーの出店の軌跡を追う2|2010年~2018年の出店

関東圏だけでなく関西圏にも出店地域を拡大しており勢いがあるように見えがちですが集中度が大きく低下し、店舗網が拡大すると同時に店舗数が分散しています。チェーン店出店の基本である特定地域に店舗数を集中すべきであるとの考え方にそぐわず、店舗網の管理効率等が低下することを意味します。

ブロンコビリーの出店の軌跡を追う1|2010年~2012年の出店

2017年に地道に店舗数を108店舗から118店舗に増やしてたブロンコビリーが最近どうも調子がよろしくないようです。業績の下方修正を発表し、株価もこの一年低迷しています。今回はブロンコビリーの出店の軌跡とその見方をお話ししたいと思います。

西松屋とシマムラの店舗網健康診断2|西松屋が最も普及しているのは何県?

西松屋の10万人あたりの店舗数は全国レベルで0.8です。この数字が高ければ高いほどその企業は住民の間により普及していると考えられます。最大値1.3の都道府県はどこでしょう?西松屋さんが最も普及しているのは何県でしょう?

西松屋とシマムラの店舗網健康診断1|西松屋1,000店舗突破記念

西松屋チェーンのように1,000店舗体制となると店舗網はほぼ全国に広がっていますが、それぞれの地域市場の大きさ応じて配分できているかが問題となります。小さい市場に過剰に出店すれば売上の食い合い(カニバリ)が生じてしまい、逆に大きい市場で出店数が不十分な場合競合に売上機会を奪われます。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【ドラッグストア編】

最も店舗数を増やした屋号トップ3は1位ウェルシア2位ココカラファイン3位スギ薬局でした。最も総店舗数を減らしたのは1位  ハックドラッグ2位セガミ3位バイゴーでした。総店舗数減少率トップ3は1位バイゴー2位ドラッグモリヤマ3位ジャストドラッグでした。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【焼肉編】

最も店舗数を増やしたのは1位安安2位焼肉きんぐ3位じゃんじゃかでした。上昇率トップは1位じゃんじゃか2位肉匠坂井3位安安。最も店舗数を減らしたのは1位でん・大阪カルビ2位情熱ホルモン3位安楽亭・減少率トップは1位大阪カルビ2位でん3位黒塀家でした。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【スイーツ編】

最も総店舗数を減らしたのは1位ミスタードーナツ2位不二家3位メロンパンアイス。店舗数減少率トップは1位アンティ・アンズ2位メロンパンアイス3位ドナテロウズ。最も店舗数を増やしたのは1位ディッピンドッツ2位コージーコーナー3位ビアードパパ。上昇率トップは1位鳴門鯛焼本舗2位ディッピンドッツ3位はらドーナッツ。アイスクリームではサーティーワンが10店舗減少、コールド・ストーン・クリーマリーは減少率4位。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【居酒屋編】

最も店舗数を減らした屋号は1位和民2位魚民3位笑笑でした。総店舗数減少率トップは1位くろ○2位和民3位月の宴。最も総店舗数を増やしたのは1位   鳥貴族2位三代目鳥メロ2位ミライザカ3位目利きの銀次。総店舗数上昇率トップは1位ミライザカ2位三代目鳥メロ3位晩杯屋。磯丸水産は150店串カツ田中は170店。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【らーめん・餃子編】

最も総店舗数を増やしたのは1位餃子の王将2位田所商店3位幸楽苑・日高屋。増加率トップは1位一番館2位たいぞう3位三宝亭。最も店舗数を減らしたのは1位 ポッポ2位くるまや3位中華東秀・芝のらーめん屋さん。総店舗数減少率のトップは1位芝のらーめん屋さん2位ビースト3位よってこや。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【牛丼・丼もの編】

店舗数が増えたのは1位豚屋とん一2位ローストビーフ星3位えびのや。2017年に最も店舗数を減らした屋号トップ3は1位すき家2位 かつてん3位 なか卯3位 ザ・どん。減少率のトップ3は1位かつてん2位ザ・どん3位すき家0.6%減。話題に上ったすためし、東京チカラめしは変動なしでした。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【回転寿司編】

2017年に最も総店舗数を増やしたのは1位スシロー2位はま寿司3位くら寿司。増加率トップは1位がってん寿司2位まぐろ人3位回し寿司活・金沢まいもん寿司。最も総店舗数を減らしたのは1位 かいおう2位 平禄寿司3位寿司めいじんでした。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【バーガーショップ編】

2017年に最も総店舗数を増やしたブランドは1位フレッシュネスバーガー2位ケンタッキーフライドチキン3位クアアイナ。増加率は1位ヴィレッジヴァンガードダイナー2位クアアイナ3位フレッシュネスバーガー。最も店舗数を減らしたのは1位ミスタードーナツ2位サブウェイ3位ドムドムハンバーガー。最大手マクドナルドは1%減少。バーガーキングも1%減。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【ファミレス編】

2017年最も総店舗数が増えたブランドトップ3は1位いきなりステーキ2位サイゼリヤ3位鎌倉パスタ。増加率トップ3は1位スエヒロ館100%増2位伝説のステーキ屋3位chawan。減った屋号トップ3は1位ケネディ2位ステーキハウスけん3位グラッチェガーデンズ。減少率トップ3は1位ケネディ2位フレンドリー3位壁の穴。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【コーヒーチェーン編】

2017年に最も店舗数が増えたのは1位スターバックスコーヒー2位コメダ珈琲3位タリーズ。店舗数増加率は1位ネスカフェスタンド2位むさしの森珈琲3位コナズ珈琲。店舗数減少率は1位コーヒービーン&ティーリーフ2位カフェデュモンド3位ニューヨーカーズ・カフェ。店舗数減少は1位ミスタードーナツ2位イタリアントマト3位サンジェルマン、コロラド。

PAGE TOP