駐車場

売上予測再考5|重回帰分析の前に~売場面積・敷地面積の考え方~

店舗面積が同じくらいの面積で、売上に差がある店舗がないか確認してください。店舗には適正規模があり、業種・業態・立地等により変わります。ここまでが従来の考え方でしたが、コロナ以降の売上について同じような傾向が続いているかはよく検証する必要があります。

コメダ珈琲八王子楢原店の物件評価【5】ロードサイド出店時のもう一つの留意点

昨日掲載した写真をご覧になり、駐車場が住宅と近い距離で接していることに気づかれましたか? コメダ珈琲店八王子楢原店の敷地は、裏手を確認したところ、4件の住宅と隣接しています。 何もなかった場所に店舗が […]

コメダ珈琲八王子楢原店の物件評価【4】ロードサイド売上に効く自動車での利用しやすさ③

昨日の設問について解説します。 まず、左手9台分のスペースについてです。 隣接するセブンイレブンの敷地との間がブロック塀で仕切られているため、入口から最も遠いスペースと恐らくその隣のスペースは、入口付 […]

コメダ珈琲八王子楢原店の物件評価【3】ロードサイド売上に効く自動車での利用しやすさ②

昨日の続きです。“自動車での利用のしやすさ”の3つの要素の残りの“駐車のしやすさ”という観点から、近日オープン予定のコーヒーショップ「コメダ珈琲店八王子楢原店」をケーススタディーとして考えてみましょう […]

コメダ珈琲八王子楢原店の物件評価【2】ロードサイド売上に効く自動車での利用しやすさ①

コメダ珈琲店八王子楢原店オープンを受けて(その2) 昨日の続きです。カフェ・コーヒーショップに限らず、コンビニにせよ、飲食店にせよ、ロードサイド立地の店舗の売上を左右するものは何でしょう? それは“自 […]

ラーメンだけで集客は維持できるか?5|「たま家富士森公園店」の立地と物件構造

来店するグループの人数と駐車場台数は反比例の関係にあるということです。では、たま家さんのようなラーメン屋さんの場合は?来店するグループの人数の少ない喫茶店に近い駐車場台数を確保するべきという結論に至ります。

ラーメンだけで集客は維持できるか?4|「たま家富士森公園店」の立地と物件構造

店内の座席数と駐車場台数はバラバラに考えてはいけません。お客さんの自動車来店の比率が高い場合は尚更です。極端な例で考えてみましょう。店内の座席数は同じ30席だったとして、次の業態で駐車場台数はそれぞれ何台くらい必要だと思いますか?① 喫茶店② 焼肉店③ ラーメン屋。

ラーメンだけで集客は維持できるか?3|「たま家富士森公園店」の立地と物件構造

店内は「L字カウンター12席に2人掛けテーブル1卓、4人掛けテーブル1卓、6~8人掛けテーブル2卓の広々とした空間」とのことです。つまり、ざっと合計30席はあるということです。このようなラーメン店が、自動車来店を期待する場合、駐車場は何台必要だと思いますか?

商圏分析をしてみよう2|『プラチナ ドン・キホーテ』開店の白金台編

住宅として使われている面積は想像以上に小さく、しかもある領域に偏在していることが分かります。買い物と関連しにくい目的で利用される施設が周囲に多いことが分かります。白金台は徒歩客を相手に商売をするのは大変な地域であると考えるべきでしょう。

简体中文DanskEnglishFrançaisDeutschItaliano日本語РусскийEspañolSvenska