福徳社|チェーン店出店戦略リサーチ&コンサルティング
福徳社ブログ

タグ : 店舗網

店舗網の健康診断『餃子の王将』の巻【2】都道府県別店舗数データをどう読むか?

餃子の王将の店舗網の状況を知るための取り掛かりとして、餃子の王将のホームページに掲載されているこちらの地図をご覧ください。> https://www.ohsho.co.jp/shop/ 北は北海道から南は九州まで全国的に …

店舗網の健康診断『餃子の王将』の巻【1】店舗網の健康診断の必要性

店舗開発では「店舗をどういう立地に出店するべきか」という、個々の店舗の出店判断に関する問題に焦点が当たることが多いですが、これからしばらく、いくつかの企業を例に“店舗網”という観点で会社を捉えることを試みます。“店舗網” …

セブンイレブンの日販はなぜ高い?ローソンが中期目標達成のために真にすべきこと【下】

前回の続きです。ローソンには(ファミリーマートも同様です)“量”だけではなく“質”の高い立地への出店が求められる、というお話をしました。しかし、それを行うのは現状ではなかなか難しいものです。それを難しくしている原因を克服 …

セブンイレブンの日販はなぜ高い?ローソンが中期目標達成のために真にすべきこと【上】

昨日、ローソンの会長が退任されるという報道記事がありました。 同社は、コンビニ業界首位のセブンイレブンとの平均日販10万円の差が縮められない中、中期計画で「1万8千店、日販60万円」を目指す中期計画を掲げているとのことで …

セブンイレブン

やってしまった出店【2】『はなまるうどん』新規出店のスピードが速すぎると?

前回とりあげた、一ヶ月で店舗数を250%増加させた『カムデンズ ブルー スター ドーナツ』にちなんで、新規出店のスピードが速すぎるとどうなるか?ということを考えてみたいと思います。 かつて、一年間の店舗数の成長率が凄まじ …

開成教育グループの売上高推移

店舗網の健康状態を確認する(4)市場規模に相応しい出店数とは

出店の基本は何か? ~店舗網の健康な状態について~ 昨日の続きです。チェーン店の出店の基本、それは市場規模に相応しい数の店舗を出店するということです。ではどのくらいの数の店舗を出店すべきか? 今回弊社が実施したリテールブ …

店舗網の健康状態を確認する(3)『コメダ珈琲店』のケース(評価)

店舗網の健康状態を確認する方法 ~コメダ珈琲店のケース~(続) 昨日、コメダ珈琲店の都道府県別店舗数を確認しました(以下に再掲)。この表からコメダ珈琲店の店舗網について説明してください。 愛知県が地盤のブランドのため、愛 …

店舗網の健康状態を確認する(2)『コメダ珈琲店』のケース(練習)

店舗網の健康状態を確認する方法 ~コメダ珈琲店のケース~ 昨日に引き続き“店舗網の管理”について考えます。ここでは、店舗網を捉えるため、以前も当ブログで取り上げたコメダ珈琲店を例に練習したいと思います。 方法は簡単です。 …

コメダ珈琲八王子楢原店

店舗網の健康状態を確認する(1)「新規出店の7つの根拠」の確認

昨日に引き続き、店舗網の管理について考えていきましょう。以前、「新規出店の7つの根拠」を示させていただきました。ここでは、それを再掲します。 (1) 自社が出店しない訳にはいかない場所 東京圏、名古屋、大阪、福岡など主要 …

【表2】エリアの健康状態判断のための客観的な数値の例とその求め方

物件判断における重要な質問(2)店舗網形状への影響という視点

昨日、“新たに店舗を出店することで、変化するものとは何でしょう?”という質問をしました。今日はその解説をしたいと思います。ただ、この視点は、経営者や店舗開発部門の管理職レベルの方に必要な視点だと思われますので、そのあたり …

北海道の20店舗は自治体レベルでどこまで拡大すべきか【3】出店戦略講義

小型店舗を全国規模で多店舗化する企業を想定し、同社が日本の北海道に20店舗開店するためのマーケット・プランを立案せよ。 前回の続きです。自治体レベルでどこまで店舗網を拡大するべきか?札幌市で留めるか、2位以下の市場にも拡 …

北海道に20店舗出店するためのマーケットプランを立案する【2】出店戦略講義

小型店舗を全国規模で多店舗化する企業を想定し、同社が日本の北海道に20店舗開店するためのマーケット・プランを立案せよ。 前回の続きです。北海道の主要都市の配置を地図で確認したら、市場規模を表す“人口”の多い順に数字を打っ …

【学習塾・予備校の出店戦略】「開成教育グループ」の東京での店舗展開の評価(続き)

前回に続き、学習塾・予備校チェーン「開成教育グループ」(成学社)の東京都における店舗展開を評価したいと思います。 年間で1教室~4教室を開講する場合、同じ東京都内で“特定の地域”に教室を集中させる必要がありますが、実際の …

【学習塾・予備校の出店戦略】「開成教育グループ」の東京への展開の評価

前回に続き、学習塾・予備校チェーン「開成教育グループ」(成学社)の経営課題を検討したいと思います。 2011年度から2014年度までの開成教育グループの有価証券報告書によれば、2011年度から2014年度までの間に47教 …

【学習塾・予備校の出店戦略】「開成教育グループ」の経営課題の仮説

学習塾・予備校チェーンの「開成教育グループ」(成学社)は、2011年に東京都に展開して以降、企業全体の売上高の伸び率が鈍化傾向にあること、売上高に占める経常利益率が下降傾向にあることを前回は確認しました。 こうした状況が …

【学習塾・予備校の出店戦略】「開成教育グループ」の出店状況と企業業績

前回、「開成教育グループ」(成学社)の出店戦略が、2011年に東京都への展開を開始したのを境に、“単一ドミナント戦略”から“主体的拡大戦略”に変化したことを見てきました。 また、2015年には徳島県、香川県でも教室展開を …

【学習塾・予備校の出店戦略】「開成教育グループ」の市場拡大と集中度

以前、“主体的拡大戦略”をとる学習塾企業の例として開成教育グループを挙げさせていただきましたが、その続編です。 「開成教育グループ」(成学社)は、1987年に大阪府で設立し、1997年兵庫県、1999年滋賀県、2002年 …

【学習塾・予備校の出店戦略】収益性の高い戦略はどれか?

出店戦略と企業業績の関係について、昨日の続きです。 議論の出発点は、既に明らかとされており、当ブログでも何度か言及した“ドミナント戦略は収益性を高める”ということです。 従って、下の図の5つの出店戦略のタイプの中では、“ …

【学習塾・予備校の出店戦略】戦略を評価する際に必要なことは?

昨日の問を再掲します。 <問>戦略を評価する際に必要なことは何でしょう? 戦略はどのように評価されるべきかについては、様々なご意見があると思われますが、ここでは企業業績との関係で評価したいと思います。 サービス企業が多店 …

【学習塾・予備校の出店戦略】リソー教育・東京個別指導学院・秀英予備校・進学会の展開

昨日のクイズを再掲します。 “集中型全国展開”戦略を採る企業の一例として、一都三県に80%強の店舗を集中させつつ、“2012年12月時点”で宮城・仙台を除くすべての大都市圏に展開する“〇○○教育”があります。 学習塾業界 …

【学習塾・予備校の出店戦略】国内市場における“出店戦略”の6つのタイプ(4)

昨日まで、サービス企業の出店戦略の6つのタイプをご説明してきましたが、今回は最後の⑤について説明します。 ⑤は、3つ以上の大都市圏に進出するものの、特定の都道府県への店舗数の集中度が高い状態で、“集中型全国展開”と名付け …

【学習塾・予備校の出店戦略】「主体的拡大戦略」を採る開成教育グループ

昨日のクイズを再掲します。 学習塾業界の上場企業で、下図③の戦略を採る企業の例としては、関西を地盤として教室網を築きながら、東京へ進出し、その後10教室以上を展開している○○教育グループがあります。さて、○○に入る言葉は …

【学習塾・予備校の出店戦略】国内市場における出店戦略の6つのタイプ(3)

昨日まで、サービス企業の出店戦略の6タイプのうち、単一ドミナント、受動的拡大(零ドミナント)×2、分散型全国拡大まで説明してきました。 本日は、残り2つのうちの③についての説明です。 ③は、特定の都道府県への店舗数の集中 …

【学習塾・予備校の出店戦略】国内市場における出店戦略の6つのタイプ(2)

昨日の記事で、サービス企業の出店戦略を図のように6つのタイプに分類しました。今日はそのうち②と④をご説明します。 ②とは、“単一ドミナント”をとるサービス企業と同様に成長の“初期段階(ステージ1)”にあり、展開済みの大都 …

【学習塾・予備校の出店戦略】国内市場における出店戦略の6つのタイプ(1)

前回と前々回で紹介した、特定の都道府県への店舗数の“集中度”と出店済の“大都市圏数”を組み合わせることにより、学習塾を含むサービス企業の店舗網をタイプ分けすることができるようになります。 店舗網のタイプは企業が採った出店 …

【学習塾・予備校の出店戦略】学習塾ステップと明光義塾の違いを説明する(続き)

昨日の続きです。多店舗化するサービス企業の店舗網の状況を説明する2つ目の用語、それは店舗網の“地理的な範囲”です。 学習塾ステップ(STEP)は1県(神奈川県)のみで教室を展開する一方で、明光義塾は47都道府県に教室を展 …

【学習塾・予備校の出店戦略】学習塾ステップと明光義塾の違いを説明する

昨日の続きです。当ブログはサービス企業の店舗網の状況に関する、下図の「???」の部分を説明しようとしています。そしてSTEPは「単一ドミナント」、明光義塾は「分散型全国展開」と名付けましたが、ここからその根拠をお話ししま …

【学習塾・予備校の出店戦略】サービス企業の成長戦略の選択肢を精緻化する

週が明けましたので、本題にもどります。まず、前々回のおさらいです。 “既存の業態(ストア・ブランド)を多店舗化することによりサービス企業が成長を図る場合、市場浸透と市場拡大という選択肢がある”ということが先人の研究により …

【学習塾・予備校の出店戦略】サービス企業の成長戦略の選択肢の問題点とは?

昨日、お示しした図を再掲します。 これは小売業の管理に関する文献に記載されている内容です。 既に記載されているということは先人が記載したもの、丁寧に表現すれば、先人が考えに考えた末に得た知見を公表したものです。 これに対 …

【学習塾・予備校の出店戦略】サービス企業の成長戦略の選択肢

昨日の続きです。学習塾を含むサービス企業は成長するために店舗展開を進めます。多くの小売業、サービス業のマネジメントに関する文献に成長戦略の選択肢が示されていますが、それらの多くは前回ご説明した“アンゾフの成長ベクトル”を …

1 2 »

福徳社メールマガジン(無料)

最新セミナー情報、店舗開発関連データ・コメント等を毎月1回配信しています。
メールアドレス
バックナンバー

福徳社からのお知らせ

『店舗開発という仕事〔入門編〕』セミナー開講【10/26(金)於吉祥寺】店舗開発業務入門

3時間で基本をマスター!店舗開発に興味のある方、携わられて間もない方などを対象に、店舗開発業務の基礎知識、立地判断の基本やスキルアップ術を実務に即して具体的に解説します。

店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門『既存店分析・売上予測モデル作成実践』開講【10/5(金)於吉祥寺】

チェーン企業の店舗開発担当者がマスターすべき既存店分析と売上予測の具体的な方法を実践演習を交えて解説。統計学とエクセルスキルの中で、仕事に必要な部分だけをまとめてご説明します。

『店舗開発という仕事〔上級編〕』セミナー開講【9/14(金)於吉祥寺】~出店戦略基礎~

3時間で基本をマスター!チェーン店店舗開発・事業開発等のご関係者が知っておくべき「エリア戦略」や「出店戦略」の概論と具体的な立案方法を実務に即して解説します。

『店舗開発という仕事〔入門編+上級編〕』1日集中コース【8/24(金)於吉祥寺】

お急ぎの方や遠方よりご参加の方のために、「店舗開発という仕事」入門編(店舗開発業務入門)+上級編(エリア戦略・出店戦略入門)の内容を1回で速習する1日集中コースを実施します。

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 2018 株式会社福徳社 FUKUTOKUSHA K.K. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.