物件情報

店舗開発担当者向け英語講座『読み流すだけの のんびりラーニング』5|“物件”編

読み流すだけの のんびりラーニング〔第3講〕“物件”は英語で何という? この英語講座では、普通の英語の先生には教えられない“店舗開発担当者が業務で頻繁に使うと思われる用語や表現”を少しずつ紹介していき […]

物件現地調査の正しい方法2|物件立地評価の正しい方法

周辺のTGや動線、一等立地、競争相手(競合)の立地が把握できたら、それらと比較することにより物件の立地を評価します。店前を人が通行する必然性は高いのか、予定する営業時間のあいだに何人の人が店前を通過するのかを冷静に評価しましょう。

物件現地調査の正しい方法1|物件の最寄り駅に着いたら?

出店候補物件の最寄り駅に着いたら、いきなり地図を見ながら物件の場所へ向かってはいけません。物件の立地や構造を確認する前に周辺環境の把握に十分な時間をかける必要があります。実際に、企業の店舗開発担当者は、出店候補地の周辺の様子について、平日と休日の違い、1日のうちの時間帯による違いまで確認します。