福徳社|チェーン店出店戦略リサーチ&コンサルティング
福徳社ブログ

タグ : コンビニ

出店に関する法則の考察【5】出店で先を越されるのは不利か?ファミマ対セブン観察[3]

前回の記事でご紹介した、近隣に『セブン-イレブン』が開いた『ファミリーマート』ですが、その後どうなるか観察していました。 2018年春のことです。その『ファミリーマート』の状況は写真の通りで、3月30日9時をもって閉店し …

出店に関する法則の考察【4】出店で先を越されるのは不利か?ファミマ対セブン観察[2]

昨日のブログで写真を掲載した、先にあった『ファミリーマート』と2015年に新たにオープンした『セブン-イレブン』の違いは何か? それは、区画の車での利用のしやすさにあります。 まず、区画の面積が『セブン-イレブン』の方が …

出店に関する法則の考察【3】出店で先を越されるのは不利か?ファミマ対セブン観察[1]

法則を見つけるのは何のためか? それは将来の予想に役立てるためです。そのためにも、恐らく将来はこうなるのではないだろうか、という視点で周囲を観察する必要があります。 さて、弊社の近所のコンビニエンスストアの話です。これは …

出店に関する法則の考察【1】富士森公園前『たま家』跡地・続報

以前、当ブログでウォッチしていた八王子市富士森公園脇のラーメン店『横浜家系らーめん たま家』があった区画のその後に関する続報です(参照:過去記事「たま家富士森公園店閉店を受けて」)。 コンビニエンスストア(サンクス)、飲 …

たま家富士森公園店閉店

上海“現調”コラム(10)レジで必ず聞かれる『ヤオ タイ マ?』とは

「ヤオ タイ マ?」 これは上海のコンビニやスーパー等で買い物をするときに、レジで必ずきかれる質問です。今回の滞在中もほぼ毎日耳にしました。 「ヤオ」は要求の「要」という字で“いる、必要とする“の意味です。最後の「マ」は …

『全家』(ファミリーマート)

上海“徹底現調”レポート【6】コンビニ2強は『全家』(ファミリーマート)と『好徳』

日本と同様に、上海にもコンビニエンスストアはいたるところにあります。 『セブンイレブン』はもちろん、『全家』(ファミリーマート)、『ローソン』、地元で強いのは『好徳』(all days)です。 街を歩いていてよく目につく …

コンビニ好徳南京西路駅店

セブンイレブンの日販はなぜ高い?ローソンが中期目標達成のために真にすべきこと【下】

前回の続きです。ローソンには(ファミリーマートも同様です)“量”だけではなく“質”の高い立地への出店が求められる、というお話をしました。しかし、それを行うのは現状ではなかなか難しいものです。それを難しくしている原因を克服 …

セブンイレブンの日販はなぜ高い?ローソンが中期目標達成のために真にすべきこと【上】

昨日、ローソンの会長が退任されるという報道記事がありました。 同社は、コンビニ業界首位のセブンイレブンとの平均日販10万円の差が縮められない中、中期計画で「1万8千店、日販60万円」を目指す中期計画を掲げているとのことで …

セブンイレブン

【演習】オフィス街の物件5か所のうちどれを選ぶか?(解説)

昨日の問題の解説です。以前当ブログでお話ししたことの焼き直しですので、ご記憶の方は飛ばしていただいて構いません。 ここは新興のオフィス街で、最寄り駅と最近完成した大規模オフィスビルを結ぶように道路がのびており、その中間地 …

【演習】オフィス街の物件5か所のうちどれを選ぶか?(問題)

とりあえず、本出店戦略講義シリーズ最後の問題です。 ここは新興のオフィス街で、最寄り駅と最近完成した大規模オフィスビルを結ぶように道路がのびており、その中間地点に大きな交差点があります。今後も周辺にオフィス等の開業が予定 …

オフィス街立地選定の問題

日本マクドナルド不振の理由【8】赤字転落に至った本質的な理由とは?

マクドナルドに限定的な不振の理由とは? 前回の続きです。さて、マクドナルドは、2002年に当期純利益が赤字となりました。 外食産業の市場規模が1997年のピークを境に減少に転ずる中、外食産業にとって1990年代後半に起こ …

mcdonalds_japan

【演習】コンビニ出店の考え方|オフィス街での店舗開店編(解説)

もしもあなたがコンビニエンスストアを開業するとしたら?【演習問題】 では早速、昨日の問題を解説します。 新たにオフィスビル2棟が開発された地域で、A社はオフィスビルaにコンビニエンスストア1号店を開店しました。開業後半年 …

【演習】コンビニ出店の考え方|オフィス街での店舗開店編(問題)

もしもあなたがコンビニエンスストアを開業するとしたら?【演習問題】 今日はコンビニエンスストア出店の考え方に関する演習問題を出しますので、ぜひご一緒に考えてみてください。 新たにオフィスビル2棟が開発された地域で、A社は …

オフィス街のコンビニ出店

コメダ珈琲八王子楢原店の物件評価【3】ロードサイド売上に効く自動車での利用しやすさ②

昨日の続きです。“自動車での利用のしやすさ”の3つの要素の残りの“駐車のしやすさ”という観点から、近日オープン予定のコーヒーショップ「コメダ珈琲店八王子楢原店」をケーススタディーとして考えてみましょう。 入口から敷地内に …

コメダ珈琲八王子楢原店の物件評価【2】ロードサイド売上に効く自動車での利用しやすさ①

コメダ珈琲店八王子楢原店オープンを受けて(その2) 昨日の続きです。カフェ・コーヒーショップに限らず、コンビニにせよ、飲食店にせよ、ロードサイド立地の店舗の売上を左右するものは何でしょう? それは“自動車での店舗の利用の …

[明日10/3(土)13:30~] 無料セミナー「店舗開発・立地判断の考え方」@八王子駅前東急スクエア

明日13:30~、八王子駅前東急スクエアビル12階のイベントホールにて、本ブログ筆者の加藤拓が公開講座でお話させていただきます。 入場無料、申し込みも不要ですので、将来お店を開店する夢をお持ちの方、店舗開発や立地判断の考 …

[今週末]本ブログ執筆者が無料セミナーを開催【10月3日(土)@八王子東急スクエア】~コンビニ開業の立地判断の考え方~

無料公開講座「もしもあなたがコンビニエンスストアを開業するとしたら?」開催のお知らせ 日時:平成27年10月3日(土)13:30-15:00 開場:13:00 会場:八王子学園都市センター イベントホール  [東急スクエ …

動線とは何か【5】コンビニ・カフェ立地判断の演習問題「動線の見方」(解説)

演習問題「動線の見方」(問題) コンビニやカフェなどを開業しようとする場合、物件Aと物件Bをどう評価しますか?考えてみてください。 【問題1】物件Aの立地判断 物件Aは、駅と高層オフィスビルを結ぶ動線上にあり、高層オフィ …

動線とは何か【4】コンビニ・カフェ立地判断の演習問題「動線の見方」

演習問題「動線の見方」 コンビニやカフェなどを開業しようとする場合、物件Aと物件Bをどう評価しますか?考えてみてください。 【問題1】物件Aの立地判断 物件Aは、駅と高層オフィスビルを結ぶ動線上にあり、高層オフィスビルで …

オフィス街の出店ケーススタディー

白金台の商圏分析をしてみよう【4】『後背地』概念とは?

出店戦略における「後背地」概念とは何か? 前回までの白金台の商圏分析を受けて、出店戦略において理解すべき概念の一つである、「後背地(こうはいち)」という概念を説明させてください。 後背地とは、文字通り店舗の背後にある地域 …

福徳社からのお知らせ

『店舗開発という仕事〔入門編+上級編〕』1日集中コース【11/16・1/25(金)於吉祥寺】

お急ぎの方や遠方よりご参加の方のために、「店舗開発という仕事」入門編(店舗開発業務入門)+上級編(エリア戦略・出店戦略入門)の内容を1回で速習する1日集中コースを実施します。

店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門『既存店分析・売上予測モデル作成実践』開講【11/23・1/18(金)於吉祥寺】

チェーン企業の店舗開発担当者がマスターすべき既存店分析と売上予測の具体的な方法を実践演習を交えて解説。統計学とエクセルスキルの中で、仕事に必要な部分だけをまとめてご説明します。

『店舗開発という仕事〔上級編〕』セミナー開講【12/14(金)於吉祥寺】~出店戦略基礎~

3時間で基本をマスター!チェーン店店舗開発・事業開発等のご関係者が知っておくべき「エリア戦略」や「出店戦略」の概論と具体的な立案方法を実務に即して解説します。

『店舗開発という仕事〔入門編〕』セミナー開講【10/26・11/30(金)於吉祥寺】店舗開発業務入門

3時間で基本をマスター!店舗開発に興味のある方、携わられて間もない方などを対象に、店舗開発業務の基礎知識、立地判断の基本やスキルアップ術を実務に即して具体的に解説します。

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 2018 株式会社福徳社 FUKUTOKUSHA K.K. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.