沖縄初出店1周年後のセブンイレブン,今を追う~県内店舗展開の経緯(続続報)

沖縄初出店1周年後のセブンイレブン,今を追う~県内店舗展開の経緯(続続報)

出店済み自治体への追加出店が進んでいる

前回の記事「沖縄初出店から1年以上経過したセブンイレブンの今〜県内店舗展開、その後の経緯(続報)」の続報です。早いもので前回のデータの更新から3か月が経過しました。

2020年末の時点で67店舗、その後2021年に入ってから2か月で12店舗増加し、2月23日時点で79店舗を展開しています。

沖縄セブンイレブン出店状況

出店すべき自治体はすべて出店しつくしたようで、新たに出店した自治体はなく、浦添市と沖縄市では、ほぼ半月おきに追加出店が進んでいる様子が分かります。

自治体ごとの店舗数の比率も、那覇市が30%弱、沖縄市、うるま市、浦添市が10%弱など安定して推移しています。

以上、短いですが続報でした。

セブンイレブンの沖縄県での展開については今後も定期的に共有させていただきます。

YouTube【店舗開発という仕事チャンネル】配信中!

CTA-IMAGE ライブセミナーではお伝えしきれなかった各論部分を中心に、講師が動画で詳しく解説。開発業務の具体的方法、専門用語解説、立地別出店の注意点、実践演習など、店舗開発者必見の内容です。

出店ケーススタディカテゴリの最新記事