出店数

2/2ページ

店舗開発シニア担当が問われる問題【3】何店舗出店できるか?を市場規模から求める方法

前回は既存店の現状をベースに自治体ごとに「積み上げ」ることにより最終的な出店数を求めていく方法をお話ししました。 今回は既存店が十分にない場合で「積み上げ」と逆の方法をとります。 最初はこんな問題を考 […]

店舗開発シニア担当が問われる問題【2】何店舗出店できるか?を積み上げで求める方法

前回の続きです。日本国内で展開するチェーン企業の経営者が最も関心を持つ(べき)ことは、「日本市場で最終的にどれだけの売上高や利益額が見込めるか?」ということです。 そして売上の多くは店舗を通じて得られ […]

出店戦略論【8】自治体レベルでの市場選定(4)百貨店や高級ブランドが選ぶ自治体の重要性

昨日まで、百貨店や高級ブランドのリテーラーがどのような自治体を市場として選定しているかを確認して来ました。 これらの市場は、百貨店のようなBig-boxタイプのリテーラーとは異なるMini-boxタイ […]

出店戦略論2|店舗展開を「開始する前」に決めておきたい4つのこと

国内市場での店舗展開開始前に、出店を完了した段階でストアブランドにどのような意味合いを持たせたいか決めておくべきです。その上で意思決定すべき要素は、出店完了段階での①総店舗数②出店する市場の地理的範囲③想定する個々の店舗の立地のバリエーション④総店舗数の地域配分です。

出店戦略論1|出店戦略のよりどころになる考え方はあるのか?

日本市場で何店舗出店できるのか?全社的なマクロの出店計画を、地域ごとのミクロな市場計画にどう落とし込んでいくべきか?等につき長らく考えて参りましたが、実はよりどころになる考え方がほとんど存在しないことに気づきました。不安を感じつつ出店の判断を迫られるケースが多いのではないでしょうか?

全国チェーンが戦いにくいマーケット1|スターバックス鳥取出店を受けて

スターバックスが最後の未出店の都道府県である鳥取県に初出店したようですね。最後の花火を上げた感がありますが、スターバックスのような全国チェーンが戦いにくいマーケットについてのお話です。個人で開業をお考えの方も、参考にしてください。