現調レポート・海外事例

2/3ページ

京都“現調”報告3|坂本龍馬が暗殺された場所は今

坂本龍馬が京都河原町の近江屋で暗殺されたことを今に遺す碑が四条河原町の交差点そばにあります。碑の左側は星乃珈琲店で右はかっぱ寿司。街の中心地に近く通行量も多い通り沿いですが、通りと通りの中間の区画でしかもそのような場所。収益は苦しいのでと推察します。

上海“徹底現調”レポート【18・最終回】出店すべき場所は想像以上に限られている、という話

8月に2週間上海に滞在して見聞した情報をもとに、1か月ほど『上海“徹底現調”』シリーズのブログを連載してまいりました(一本目の記事はこちら)。まだまだ書きたいことはあるのですが、夏も終わりということで […]

上海“徹底現調”レポート【17】上海人の地理的な移動行動(基本は日本と同じ。違うのは?)

日本と上海で大差があるものは何か?人口はもちろんですが、それ以上に痛感するのは土地の広さです。日本は通りの幅が狭い一方で、上海は通りの幅が広く、かつ、歩行者優先ではない交通ルールも手伝って、渡るのが非 […]

上海“徹底現調”レポート【16】中国資本で成功したカフェ『Wagas』の集客力

『星巴克珈琲』はスターバックスコーヒーの中国語表記です。ここが繁盛したお陰で、上海でもコーヒーショップが大変増えたそうです。多くのブランドが誕生する中で、成功し定着したものは数少なかった中、成功したと […]

上海“徹底現調”レポート【13】繁華街「淮海中路」ツアー(4)商業施設『K11』とは?

昨日に続き「淮海中路」ツアーを続けます。「淮海中路」をさらに進むと「重慶南路」という太い通りにぶつかります。ここは歩道橋がありますので、そこを越えます。「重慶南路」クラスの通りはマーケットを分断する力 […]

上海“徹底現調”レポート【12】繁華街「淮海中路」ツアー(3)行列のできる鴨肉店、包店

前回の続きで「淮海中路」ツアーを続けます。このシリーズは(4)まで続くのですが、重要なエリアは(1)と(2)で、あとは流すように歩くだけでも良いと思いますし、お疲れの場合はカットでもよいかもしれません […]

上海“徹底現調”レポート【11】繁華街「淮海中路」ツアー(2)“上海の渋谷・青山”

昨日に続き「淮海中路」ツアーをしましょう。本日は「淮海中路」周辺について。青山・渋谷に似た雰囲気のエリアです。 大型SC『環貿iapm』の正面入口を出ると「淮海中路」です。出たら右にまっすぐ進んでくだ […]

上海“徹底現調”レポート【10】繁華街「淮海中路」ツアー(1)先端SC『環貿iapm』

昨日の続きです。店舗開発関係者が繁華街「淮海中路」のツアーを始めるなら、起点は「南京西路」から地下鉄12号線で一つ目の「陝西南路」駅です。12号線は北東から南西に走る路線ですが、「南京西路」の駅入り口 […]

上海“徹底現調”レポート【9】上海に出店するなら一号店はどこが良いか?city’superの例

さて、上海に出店するとしたら一号店はどこがよいのでしょうか。上海の有名な強力動線は南京路ということで、一号店は「南京東路」を選ぶという考え方もあるように思われますが、以前にもお話した通り、「南京東路」 […]

上海“現調”コラム(7)上海で昼食を4元(約60円)で済ます方法~蒸したて菜包~

昨日上海のビジネス街で働く人々が昼ご飯を食べるのは大変だというお話をしましたが、それに関連して、街中には手軽に昼食を買えるテイクアウトの店があります。コンビニ弁当を買う人もいますが、少数派の印象を受け […]

上海“徹底現調”レポート7|上海人にとって“食事”とは?~上海の外食事情~

中国というとやはり食べることや料理に関心が向いてしまいます。街には飲食店が多く、商業施設も飲食店の比率が高い印象を受けます。それはなぜか?というお話です。 まず、上海の人はほとんど自宅で料理をしないそ […]

上海“徹底現調”レポート【6】コンビニ2強は『全家』(ファミリーマート)と『好徳』

日本と同様に、上海にもコンビニエンスストアはいたるところにあります。 『セブンイレブン』はもちろん、『全家』(ファミリーマート)、『ローソン』、地元で強いのは『好徳』(all days)です。 街を歩 […]