首都圏の新しい商業施設が“その後”どうなったのかをあぶり出す消費者調査『商業施設利用実態調査2016』の結果より、“認知度”に関するデータの速報をお届けしています。本日は、調査対象商業施設を、【千葉県】のクロス集計データで認知度が高かった順に並べてみましょう。

『商業施設利用実態調査2016』調査対象商業施設(開業日順)
 三井アウトレットパーク木更津   ダイバーシティ東京 プラザ   渋谷ヒカリエ   東京ソラマチ東京スカイツリータウン   ビックロ   KITTE   酒々井プレミアム・アウトレット   MARK IS みなとみらい   イオンモール幕張新都心   イケア立川   ららテラス武蔵小杉   キラリナ京王吉祥寺   大宮ラクーン   イオンモール木更津   グランツリー武蔵小杉   原宿ALTA   ららぽーと富士見   二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット   コクーンシティ   ららぽーと海老名   渋谷モディ   ららぽーと立川立飛
(調査年: 2014/2015/2016 ●2015/2016 2016)

新たな商業施設を開業する場合、当初の企業努力は、消費者による認知度を高めることに向けられるべきです。事前の認知度をいかに高めるかにより、潜在的な顧客の量的なベースが決定するといえます。

さて、商業施設の認知度を都県別にクロス集計してみたら、面白い結果が得られました。特に、足元商圏から主に集客している【地元商圏対応型】の特徴の強い商業施設では、広域での認知度は低くても、立地する県での認知度が極端に高くなるケースが見られました。

千葉県では、千葉県に立地する『イオンモール幕張新都心』『三井アウトレットパーク木更津』『酒々井プレミアム・アウトレット』『イオンモール木更津』の認知度が、1都3県の数字と比べて有意に高い結果となりました。

特に、『イオンモール幕張新都心』は、千葉県内での認知度は7割に達し、県外での認知度の3.2倍もあります。しかし、逆の見方をすると、売り場面積を超大型化した“国内最大規模のフラッグシップモール”のはずなのに、なぜ県外であまり知られていないのか?という話もあります。こちらは昨日とりあげた神奈川県の『MARK IS みなとみらい』と違って、経年で見ると認知度はどんどん落ちており、千葉県でも忘却が進む傾向が見られます。詳しくはまた『イオンモール幕張新都心』の結果速報でお話したいと思います。

新しい首都圏大型商業施設の認知度ランキング2016【千葉県】

『商業施設利用実態調査2016』調査対象商業施設~千葉県での認知度が高かった順~

 <認知度7割以上>

  • 【1位】東京ソラマチ東京スカイツリータウン

<認知度6割以上>

  • 【2位】イオンモール幕張新都心
  • 【3位】三井アウトレットパーク木更津
  • 【3位】酒々井プレミアム・アウトレット

<認知度5割以上>

  • 【4位】渋谷ヒカリエ

<認知度4割以上>

  • 【5位】ダイバーシティ東京 プラザ

<認知度3割以上>

  • 【6位】KITTE
  • 【6位】イオンモール木更津

<認知度2割以上>

  • 【7位】ビックロ

<認知度1割未満>

  • 【8位】イケア立川
  • 【9位】MARK IS みなとみらい
  • 【10位】コクーンシティ
  • 【10位】原宿ALTA
  • 【11位】二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット
  • 【11位】ららぽーと立川立飛
  • 【12位】ららぽーと海老名
  • 【13位】ららぽーと富士見
  • 【14位】渋谷モディ
  • 【15位】グランツリー武蔵小杉
  • 【15位】ららテラス武蔵小杉
  • 【15位】キラリナ京王吉祥寺
  • 【16位】大宮ラクーン

ご自身のイメージと比べて、いかがでしたか?

明日のブログでは、埼玉県での認知度ランキングを見てみましょう。

 

商業施設利用実態調査2016年版『商業施設利用実態調査2016』~開業時に話題になった新しい首都圏大型商業施設の、消費者利用実態の“現状”を明らかにする消費者行動調査~詳しくはこちら
レポート(データ満載の完全版[全316ページ・税抜29,109円] & 結論をまとめたダイジェスト版[全100ページ・税抜2,919円])は福徳社ストアで販売中です。