チェーン化

2/2ページ

商売の観点で歴史を振り返る4|司馬遼太郎著『新史太閤記』にチェーン店多店舗化を学ぶ

前回に続き、“歴史に学ぶ”シリーズです。『新太閤記』主役の豊臣秀吉を含む戦国武将をチェーン企業の本部、城を店舗に例えて、起こる出来事を多店舗化の過程にダブらせて読むと、ただの小説ではなく、仕事の参考書 […]

商売の観点で歴史を振り返る3|司馬遼太郎著『新史太閤記』にチェーン店多店舗化を学ぶ

続きです。前回、“新たな市場が魅力的で出店が必要な市場であったとしても、既存の市場からそこまでの距離があまりにも離れている場合、両者の中間地点に店舗を配置するべきことを計画に含める必要があります”と記 […]

商売の観点で歴史を振り返る2|司馬遼太郎著『新史太閤記』にチェーン店多店舗化を学ぶ

前回の続きで、早速、司馬遼太郎著『新史太閤記』の内容に入ります。 と言いましても、頭から最後までの内容を解説するのではなく、主役の豊臣秀吉を含む戦国武将をチェーン企業の本部、城を店舗に例えて、起こる出 […]

商売の観点で歴史を振り返る1|司馬遼太郎著『新史太閤記』にチェーン店多店舗化を学ぶ

前回のブログで、既存の業態の定義に無理があること、既存の教科書的なものは過去のものとして、時代に合った新たなものを書く必要があるとお話しました。そのために、まずは“商売・買い物という観点で歴史を振り返 […]

学習塾・予備校の出店戦略|「開成教育グループ」の東京での店舗展開の評価(続き)

前回に続き、学習塾・予備校チェーン「開成教育グループ」(成学社)の東京都における店舗展開を評価したいと思います。 年間で1教室~4教室を開講する場合、同じ東京都内で“特定の地域”に教室を集中させる必要 […]

学習塾・予備校の出店戦略|国内市場における出店戦略の6つのタイプ-2

昨日の記事で、サービス企業の出店戦略を図のように6つのタイプに分類しました。今日はそのうち②と④をご説明します。 ②とは、“単一ドミナント”をとるサービス企業と同様に成長の“初期段階(ステージ1)”に […]

チェーン店エリア戦略のつくり方4|「エリア戦略策定シート」で複数のエリアを管理する

チェーン店が複数の出店エリアを管理する際に、共通の方法でエリア戦略立案を行うためのテンプレート例を掲示します。ここに目標設定、現状分析、問題点&機会点を整理した上で、年度ごとの戦略案(積極出店、静観、既存店対策)を策定します。

チェーン店エリア戦略のつくり方【3】「新規出店の7つの根拠」へのあてはめをする

昨日の続きです。では、具体的に、どうやってエリアの戦略プランに落とし込めば良いのでしょうか。 新規出店には7つの根拠があります。新規に出店する店舗の出店の理由はいくつあるか、確認してください。 (1) […]

店舗開発シニア担当が問われる問題【3】何店舗出店できるか?を市場規模から求める方法

前回は既存店の現状をベースに自治体ごとに「積み上げ」ることにより最終的な出店数を求めていく方法をお話ししました。 今回は既存店が十分にない場合で「積み上げ」と逆の方法をとります。 最初はこんな問題を考 […]

店舗開発シニア担当が問われる問題【2】何店舗出店できるか?を積み上げで求める方法

前回の続きです。日本国内で展開するチェーン企業の経営者が最も関心を持つ(べき)ことは、「日本市場で最終的にどれだけの売上高や利益額が見込めるか?」ということです。 そして売上の多くは店舗を通じて得られ […]

全国チェーンが戦いにくいマーケット5|個人開業にとってはチャンスがいっぱい

東京都の69%に比べ、鳥取県の電車輸送機関分担率は3.3%。自動車はなんと96.7%です。このようなマーケットは、全国チェーンにとって戦いにくい。一方「全国チェーンが戦いにくいマーケット」は、裏を返せば、個人で開業をお考えの方にとってはチャンスがいっぱいのマーケットなのです。

全国チェーンが戦いにくいマーケット4|東京と鳥取の「輸送機関分担率」の違い

「マーケットによって駅の日常的である度合がどのくらい異なるか」を説明するのに便利な統計数値「旅客輸送における輸送機関分担率」をご紹介。人を運ぶための旅客輸送量の総数の輸送機関(バス・自家用車・航空機・鉄道・船)ごとの割合を示し、国土交通省が公表しています。

全国チェーンが戦いにくいマーケット3|地方都市での「駅」の位置づけ

「自家用車が無くては生活できない人々中心に形成されるマーケット」は地方都市に多く見られますが、駅の位置づけは?単に人口が少ないだけでなく、駅を必要とする人の割合が小さいことも示す数字を挙げます。鳥取市民にとって駅は日常的な場所ではない点が都市部とは大きく異なります。

全国チェーンが戦いにくいマーケット2|都市部と郊外での「駅」の意味

全国チェーンが駅ナカや駅付近に出店したがるのは、老若男女を問わず不特定多数の人々を集める力があるためです。全国チェーンは都市部の感覚で地方への出店計画を考えがちですが、「自家用車が無くては生活できない人々中心に形成されるマーケット」ではその感覚は当てはまりません。

全国チェーンが戦いにくいマーケット1|スターバックス鳥取出店を受けて

スターバックスが最後の未出店の都道府県である鳥取県に初出店したようですね。最後の花火を上げた感がありますが、スターバックスのような全国チェーンが戦いにくいマーケットについてのお話です。個人で開業をお考えの方も、参考にしてください。