店舗開発担当者英語講座『読み流すだけの のんびりラーニング』【6】“売れてる店”編

この英語講座では、普通の英語の先生には教えられない“店舗開発担当者が業務で頻繁に使うと思われる用語や表現”を選び出し、少しずつ紹介していきます。キャリアアップのためにも気楽に勉強を始めてみてください。では、前回の宿題だった「次のことを英語で伝えるには?」の答えです。

  1. 私の事務所は新宿にあります。(事務所:office) → My office is located in Shinjuku.
  2. 東京ディズニーランドは千葉にあります。 → Tokyo Disneyland is located in Chiba.

 

今日は“一番売れてる店はどこ?”と尋ねる方法についてです。よく聴かれる質問ですし、日本語でもよく尋ねる質問です。

店は店の“立地”ということで「location」で構いせん。

“~はどこ(ですか)?”は、「Where is ~?」です。「location」の前に“一番売れている”を付け加えます。

“一番売れている”は様々な言い方がありえますが、“(財務的な)パフォーマンス”が最も良いという意味で「the top-performing」という言葉を覚えましょう。

一番売れてる店はどこ? → Where is the top-performing location?

それに対して、“大阪の梅田駅の店が一番です”と答えるには?

「The store in Umeda station in Osaka is the top.」

で通じるはずです。

最後にクイズ。次の質問に英語でどう答えますか?

Where is the top-performing location in your stores?

※In your stores は“あなた達の(会社の)”の意味です。

続きは明日のブログで。次は、経済条件の説明で必出の”賃料”についてです。