昨日とりあげたセンター試験地理B第3問・問5の問題の「城下町としての歴史を持つ日本のある都市」は、いくつかの情報筋から、“滋賀県の彦根”のようです。西側に水域があり、JR鉄道が南北に走っているため、彦根は一瞬頭にはよぎりましたが、私鉄が駅から分岐しているので違うかな?と思っておりましたら大変失礼いたしました。略図のとおり“近江鉄道”が通っておりまして、もっと地図を読まないといけないと反省しました・・・。

彦根城は10年以上前に関西の物件調査の途中に関西の同僚と10分ほど立ち寄ったことがあります。まだゆるキャラがブームになる前の、当時はまだ全国的にはそれほど有名ではなかったと思われる“ひこにゃん”を見たことを覚えています。

さて、ついでながらこの地理Bの問題ですが、彦根の地理に詳しくないと解けないかというとそういう訳ではありません。似たような状況の街は他にもあり、それらに共通して起こっていることを把握しておく必要があります。店舗開発担当者の皆さんにはある街・エリアの全体を俯瞰してとらえる練習になると思いますし、街・エリアの概要を説明するのにも参考になると思いますので見てみてください(毎日新聞の掲載ページはこちら)。以上、店舗開発とセンター試験という話でした。

 

翌日から実務で使える知識が身に着く!チェーン店店舗開発担当者のための実務講座毎月開講中
店舗開発業務そのものへの初歩的なガイダンスが必要な方を対象とした店舗開発入門講座、チェーン店の出店戦略・エリア戦略の考え方や具体的な立案のやり方を学ぶ上級編講座、新規物件売上予測モデルの作り方・既存店分析のやり方を実践演習で身に着ける店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門講座など、チェーン店店舗開発の実務に即したセミナーです。オリジナルテキスト付。詳細・スケジュールはこちら