今日は気分転換に時事ネタです。関西の大学の監督教員が居眠りしたり、ムーミンがどこの国と関係しているかが話題になったり、受験していなくてもニュースを見聞きする大学入試センター試験ですが、店舗開発に関係する問題はないかと探してみたらありました。科目は、ムーミン問題でも話題の“地理B”です。

地理B第3問・問5では城下町の歴史を持つ日本のある都市の略地図が示され、その中にAからDまで4地点がふられています。

問題はそのうち地点Cに該当する説明を4つの選択肢から選ぶというものです。商業施設、閉店している店舗、ロードサイド型の店舗などの言葉が並んでいます。

JRが南北に走り、駅からは私鉄が北東の方向へ延びています。駅から西側へ500mほど行くと城跡があり、その奥は海か湖か分かりませんが水域となっています。

この城下町はどこなのか、選択肢の記述に誤りはないのか、などを探っていますが、まだどこかが分かりません。

1月15日の新聞・朝刊に掲載されていますので、よろしかったらご覧ください(毎日新聞の掲載ページはこちら)。分かった方は教えてください。続きは明日のブログで。

 

翌日から実務で使える知識が身に着く!チェーン店店舗開発担当者のための実務講座毎月開講中
店舗開発業務そのものへの初歩的なガイダンスが必要な方を対象とした店舗開発入門講座、チェーン店の出店戦略・エリア戦略の考え方や具体的な立案のやり方を学ぶ上級編講座、新規物件売上予測モデルの作り方・既存店分析のやり方を実践演習で身に着ける店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門講座など、チェーン店店舗開発の実務に即したセミナーです。オリジナルテキスト付。詳細・スケジュールはこちら