2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【スイーツ編】

主要チェーン店の総店舗数の変化という観点からの2017年の振り返りを続けたいと思います。今日はスイーツショップ業態編です。

総店舗数は、業態全体で6,309店舗から6,297店舗へと0.2%減少しました。

全体としては店舗数に大きな変化は見られなかったものの、新旧の入れ代わりの兆しのようなものが感じられます。

今回も総店舗数が減った屋号から確認したいと思います。

2017年に最も総店舗数を減らした屋号トップ3は、

1位 ミスタードーナツ  (-66店舗)
2位 不二家  (-43店舗)
3位 メロンパンアイス  (-15店舗)

でした。

店舗数の“減少率”トップ3は、

1位 アンティ・アンズ  53.8%減(26店舗→12店舗)
2位 メロンパンアイス  39.5%減(38店舗→23店舗)
3位 ドナテロウズ  33.3%減(6店舗→4店舗)

逆に2017年に最も店舗数を増やした屋号トップ3は、

1位   ディッピンドッツ  +65店舗
2位 コージーコーナー  +39店舗
3位 ビアードパパ  +24店舗

上昇率のトップ3は、

1位 鳴門鯛焼本舗  25.0%増(32店舗→40店舗)
2位 ディッピンドッツ  20.4%増(319店舗→384店舗)
3位 はらドーナッツ  16.7%増(18店舗→21店舗)

でした。

アイスクリームのディッピンドッツの成長が目立ちました。因みにアイスクリームではサーティーワンが1129店から10店舗減少の1119店、コールド・ストーン・クリーマリーは減少率4位の29.6%(27店舗→19店舗)でした。

次回は店舗数全体が3.7%増加した焼肉チェーンを見てみましょう。

 

最新ブログ記事やお知らせをTwitterで日々配信中。Follow me!