座席数と駐車場台数の組み合わせ【3】サンマルクカフェ狛江店の分析

前回書いた“べき論”をもとに、実際の店舗を分析したいと思います。分析したのは、東京都狛江市の『サンマルクカフェ狛江店』です。

サンマルクカフェ狛江店

サンマルクカフェ狛江店

サインの下に目立つように“席数136席”の看板が見えます。好天の休日の昼時です。ここは東京都狛江市の『サンマルクカフェ狛江店』です。子ども達のラグビーの試合の帰りに見つけた店です。

店前を徒歩で通過する人はほとんどいない住宅地のロードサイド店舗です。ドライブスルー機能はありません。敷地の形状が真四角ではなく、やりにくい区画です。

前回に示した“べき論”では、カフェ・喫茶店では来店する際の人数が少ないので、駐車場台数と座席数の比は1:1~2程度でした。

とすれば、座席数136に対して駐車場台数は少なくとも65台以上は確保する必要がありますが、実際はどうかというと、駐車場台数は27でほぼ満車の25台が駐車していました。

店内は静かな雰囲気なのでガラガラなのかと思いきや、驚くことに、席はほとんど埋まっているのです。しかし、大人数で来店し雑談している人はほとんどなく、1人や2人客がほとんどです。

2人がけの席を1人客が使用している、カフェではよく見る光景から考えると、客席数136に対して実際の客数はその半分の68人程度と計算し、そこから自動車台数25を差し引くと43です。43人は自動車以外の方法で来店したと考えられます。しかし、先ほども記しましたが、ロードサイドの店であり、店の前を歩いている人はほとんどいません。となると?

ということで外に出ると、あるものがズラリとならんでいました。そうです、自転車(一部バイク)です。同行した息子たちに数えてもらったところ、なんと、自転車の台数は43台だったのです!

近隣の住民が自転車で来店して利用しているのでしょうが、読書をしたり、試験勉強をしたりと、図書館・自習室として店を利用している客が目立ちます。入店しても満席ですぐあきらめて帰る人もちらほらいました。

以上より、駐車場台数と席数がアン・バランスなカフェ・喫茶店の店舗の状況を推理してみたいと思います。

続きは次回、座席稼働率と座席回転数とは?で『サンマルクカフェ狛江店』を引き続き分析します。満席で良かったではなく“満席でも怖い”というお話をします。