今回の調査レポートで「人気ブランド」に分類されたのは、首都圏での認知度が41.5%~57.8%と4割を超える『フライング タイガー コペンハーゲン』『コールド・ストーン・クリーマリー』『ラッシュ』『ロクシタン』の4ブランドでした。

前回の続き)リテールブランド浸透度調査のデータで、調査対象ブランドのMPFS分類をしてみました。

『リテールブランド浸透度調査2016』調査対象ブランド(全26ブランド)
マクドナルドモスバーガーフレッシュネスバーガーロッテリアバーガーキング● ファーストキッチンウェンディーズクア・アイナシェイク シャックカールスジュニアスターバックス コーヒータリーズコーヒーコメダ珈琲店上島珈琲店サンマルクカフェコーヒービーン&ティーリーフブルーボトルコーヒークリスピー・クリーム・ドーナツギャレット ポップコーン ショップスコールド・ストーン・クリーマリーパイフェイスタコベルイケアフライング タイガー コペンハーゲンラッシュロクシタン

MPFSモデル

リテールブランドが定番化するまでの4段階の最初はM(Mania)、マニアなファンがついている状態。3番目はF(Famous)、多くの人々に知られた有名な状態。最後が定番化のS(Standard)でした。そして、MとFを結ぶのがPopularのP、「人気ブランド」の段階です。これは、マニアだけだったファン層が急激に拡大する段階です。話題性が高まり、口コミ・ソーシャルメディアでの情報拡散やマスメディアへの露出などが増え、それに伴い新規出店も加速するなど、リテールブランドが活性化している状態です。この時期にPR活動に力を入れると、面白いように認知度が上がっていき、売上も全体的に底上げされます。そのブランドを知っている人の数も大幅に増加し、「有名ブランド(F)」の仲間入りを果たすための地力をつける段階です。

今回の調査レポートで「人気ブランド」に分類されたのは、首都圏での認知度が41.5%~57.8%と4割を超える(1)フライング タイガー コペンハーゲン(2)コールド・ストーン・クリーマリー(3)ラッシュ(4)ロクシタンの4ブランドでした。

これらのブランドの利用経験率は、27.1%~38.9%と、4割未満にとどまっています。ブランド認知度と利用経験率は互いに高めあう関係にあり、一時的な話題性によりブランド認知度が高まっても、出店により消費者の利用経験率をも同時に高めていかなければ、次のステージに上がることはできません。今後の出店が注目されます。

ただし、女性だけでみると、既に『ロクシタン』は認知度78.0%、利用経験率56.5%(いずれも『クリスピー・クリーム・ドーナツ』と同じ)に達しており、女性の間では「有名ブランド」に分類されてしかるべきでしょう。

次回は、「マニアブランド」に分類された調査対象ブランドをとりあげます。

 

リテールブランド浸透度調査2016NEW『リテールブランド浸透度調査2016』レポート(総論編)

人気リテールブランドの認知度・利用経験率から消費者へのブランド浸透段階を比較分析することにより、リテーラー成長戦略のベンチマークとなる指標を提供することを目的とした調査「リテールブランド浸透度調査2016レポート(総論編)」(税別2,919円)を、福徳社ストアにてPDFダウンロード販売開始いたしました。