福徳社|チェーン店出店戦略リサーチ&コンサルティング
福徳社ブログ

タグ : スターバックス

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【コーヒーチェーン編】

主要チェーン店の総店舗数の変化という観点から2017年を振り返ってみたいと思います。まずはコーヒーチェーン業態編です。 コーヒーチェーンとして考えられるブランド全体では、今年は9,066店舗から9,229店舗へ163店舗 …

上海“徹底現調”レポート【16】中国資本で成功したカフェ『Wagas』の集客力

『星巴克珈琲』はスターバックスコーヒーの中国語表記です。ここが繁盛したお陰で、上海でもコーヒーショップが大変増えたそうです。多くのブランドが誕生する中で、成功し定着したものは数少なかった中、成功したと言えるものが『Wag …

Wagas_Cafe_Shanghai

上海“徹底現調”レポート【10】繁華街「淮海中路」ツアー(1)先端SC『環貿iapm』

昨日の続きです。店舗開発関係者が繁華街「淮海中路」のツアーを始めるなら、起点は「南京西路」から地下鉄12号線で一つ目の「陝西南路」駅です。12号線は北東から南西に走る路線ですが、「南京西路」の駅入り口は「南京西路」の中心 …

八王子市最大級SC『イーアス高尾』開業を受けて【5】グランドオープン5日後の再訪記

さて、『イーアス高尾』のその後が気になり、グランドオープン5日後の夕方に再度“買い物”に寄ってみました。 福袋が売れ残っているテナント、相変わらずセールをやっているテナント、相変わらず売り子さんの呼び声が魚屋さん並に威勢 …

八王子市最大級SC『イーアス高尾』開業を受けて【1】6/22開業日現地レポート

『イーアス高尾』開業おめでとうございます!6月22日(木)に、八王子市最大級の商業施設『イーアス高尾』が開業しました。さして大きなニュースにもならなかったようなので補足です。 開業当日は9時時点で200-300人は並んで …

iias_takao_grand_opening

駅前立地、「結局いいとこは○屋にもっていかれた」というお話

東京の私鉄T社の主力T線のNMG駅周辺にまつわるお話です。 今から15年ほど前の西暦2000年当時は、今のような高層ビルはほとんどなく、高架を走っているT線の電車がどのくらいの大きさに見えるかによって、そこからNMG駅ま …

縮小する市場での新規出店の考え方【下】”It’s a war!”

昨日、新規出店をどのように進めるかを考える際には、大きく分けて2つの考え方があるというお話をしました。一つは、自社が未出店のエリア、市場ポテンシャルがまだ残っているエリアを狙って出店するという考え方です。が、そのようなエ …

ブランドイメージを蝕む(むしばむ)もの

新規出店において立地を選ぶ際に、周辺の市場ボリュームや競争環境だけでなく、周辺環境がその屋号(ブランド)にふさわしいかということも企業によっては重要な判断材料となります。 定着した、あるいは、定着しつつあるブランドイメー …

スターバックスコーヒー元八王子店

リテールブランド認知度【MPFS】分類結果速報(2)「定番ブランド」

今回の調査レポートで「定番ブランド」に分類されたのは、首都圏での認知度が90.0%~98.6%と9割を超える『マクドナルド』『スターバックス コーヒー』『モスバーガー』『ロッテリア』『タリーズコーヒー』の5ブランドでした …

リテールブランド浸透度調査

リテールブランドの認知度と利用経験率〔2011年6月関東・全国〕

福徳社では、今月、『リテールブランド浸透度調査』を実施しました。レポートはこちら リテールブランド運営において、認知度の把握は重要です。なぜなら、大半の(まだ顧客になっていない)一般消費者は、“何屋だか知らない・わからな …

2011年飲食リテールブランド認知度・利用経験率

もったいない全国展開【2】コーヒービーン&ティーリーフ

昨日の続きです。さて、コーヒービーン&ティーリーフの日本での2号店以降の展開は以下の通りです。 <2号店> 2015年5月30日(土)イオンレイクタウンkaze <3号店> 2015年7月10日(金)イオンモール岡崎 < …

ドミナント戦略について考える【2】「ドミナント出店」の当ブログでの定義

「ドミナント出店」の当ブログでの定義 前回、「出店地域を絞り込みそこに集中的に出店している」だけではドミナント戦略とは言えないことをお話し、ドミナントのそもそもの意味を再確認しました。 それを受けて、このブログでは、ドミ …

全国チェーンが戦いにくいマーケット【5】個人開業にとってはチャンスがいっぱい

鳥取県の電車の輸送分担率は? 昨日の続きです。国土交通省の「交通機関別旅客輸送分担率」データによると、東京都の都内移動における電車の輸送機関分担率は69.0%でした。 では、鳥取県の県内移動における電車の輸送機関分担率は …

全国チェーンが戦いにくいマーケット【4】東京と鳥取の「輸送機関分担率」の違い

鳥取県と東京都の「輸送機関分担率」の違いを見てみよう 前回、鳥取県は駅が日常的でないマーケットであることをお話ししました。 それを受けて今回は、「マーケットによって駅の日常的である度合がどのくらい異なるか」を説明するのに …

全国チェーンが戦いにくいマーケット【3】地方都市での「駅」の位置づけ

「自家用車が無くては生活できない人々中心に形成されるマーケット」 昨日の続きです。「自家用車が無くては生活できない人々中心に形成されるマーケット」は、地方都市に多く見られます。スターバックス一号店が開いたばかりの鳥取県も …

全国チェーンが戦いにくいマーケット【2】都市部と郊外での「駅」の意味

「駅」の意味を考える 昨日の続きです。スターバックスの鳥取一号店は地図で確認する限り、鳥取駅付近なので、今日は「駅」の意味を考えてみたいと思います。 全国チェーンはなぜ駅ナカや駅付近に出店したがるのか? それは、老若男女 …

全国チェーンが戦いにくいマーケット【1】スターバックス鳥取出店を受けて

「全国チェーンが戦いにくいマーケット」とは スターバックスが最後の未出店の都道府県である鳥取県に初出店したようですね。鳥取駅付近のドライブスルー店舗のようです。 最後の花火を上げた感がありますが、それはさておき、今日は、 …

福徳社からのお知らせ

新講座「『店舗開発という仕事』商業施設へのアプローチ編」開講のお知らせ【2/15(金)於吉祥寺】

【新講座】商業施設に入居を目指すテナント企業の店舗開発担当者が知っておくべき実務の基礎や心構えを解説。ディベロッパーやテナント企業開発担当者への取材に基づく最新情報を体系化して解説。

店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門『既存店分析・売上予測モデル作成実践』開講【1/18(金)於吉祥寺】

チェーン企業の店舗開発担当者がマスターすべき既存店分析と売上予測の具体的な方法を実践演習を交えて解説。統計学とエクセルスキルの中で、仕事に必要な部分だけをまとめてご説明します。

『店舗開発という仕事〔入門編〕』セミナー開講【11/30(金)於吉祥寺】店舗開発業務入門

3時間で基本をマスター!店舗開発に興味のある方、携わられて間もない方などを対象に、店舗開発業務の基礎知識、立地判断の基本やスキルアップ術を実務に即して具体的に解説します。

『店舗開発という仕事〔入門編+上級編〕』1日集中コース【11/16・1/25(金)於吉祥寺】

お急ぎの方や遠方よりご参加の方のために、「店舗開発という仕事」入門編(店舗開発業務入門)+上級編(エリア戦略・出店戦略入門)の内容を1回で速習する1日集中コースを実施します。

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 2018 株式会社福徳社 FUKUTOKUSHA K.K. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.