福徳社|チェーン店出店戦略リサーチ&コンサルティング
福徳社ブログ

タグ : 出店戦略

出店に関する法則の考察【5】出店で先を越されるのは不利か?ファミマ対セブン観察[3]

前回の記事でご紹介した、近隣に『セブン-イレブン』が開いた『ファミリーマート』ですが、その後どうなるか観察していました。 2018年春のことです。その『ファミリーマート』の状況は写真の通りで、3月30日9時をもって閉店し …

出店に関する法則の考察【4】出店で先を越されるのは不利か?ファミマ対セブン観察[2]

昨日のブログで写真を掲載した、先にあった『ファミリーマート』と2015年に新たにオープンした『セブン-イレブン』の違いは何か? それは、区画の車での利用のしやすさにあります。 まず、区画の面積が『セブン-イレブン』の方が …

出店に関する法則の考察【3】出店で先を越されるのは不利か?ファミマ対セブン観察[1]

法則を見つけるのは何のためか? それは将来の予想に役立てるためです。そのためにも、恐らく将来はこうなるのではないだろうか、という視点で周囲を観察する必要があります。 さて、弊社の近所のコンビニエンスストアの話です。これは …

弊社セミナー「上級編」の内容がイギリスで出版されます

弊社の今後の国際展開を見据えて、この2~3か月にわたり、英国のある出版社と書籍の出版に向けた契約交渉をしておりましたが、先日ようやく契約がまとまりました。 近い将来、チェーン店出店における出店戦略・エリア戦略の基礎理論や …

店舗網の健康診断『餃子の王将』の巻【2】都道府県別店舗数データをどう読むか?

餃子の王将の店舗網の状況を知るための取り掛かりとして、餃子の王将のホームページに掲載されているこちらの地図をご覧ください。> https://www.ohsho.co.jp/shop/ 北は北海道から南は九州まで全国的に …

店舗網の健康診断『餃子の王将』の巻【1】店舗網の健康診断の必要性

店舗開発では「店舗をどういう立地に出店するべきか」という、個々の店舗の出店判断に関する問題に焦点が当たることが多いですが、これからしばらく、いくつかの企業を例に“店舗網”という観点で会社を捉えることを試みます。“店舗網” …

商業施設の“先発・中継ぎ・抑え”テナント考【2】“先発”スリープセレクトとヨギボーの共通点

冬季オリンピックが終わり、オープン戦が始まりました。 前回に続き、昨年6月に開業したばかりの大型SC『イーアス高尾』を「SCLC」(商業施設ライフサイクル論)の観点で捉える試みの続きです。 先日訪問したところ、開業時から …

小型船舶操縦士免許取得のススメ【5】スピードを上げて真っ直ぐ進む必要性

前回の続きです。さて、他の船やヨットに当てないようにして港を出ました。その先も怖いことがあります。 海は海でも陸に近い辺りは浅瀬であることが多く、水面を見ているだけでは分からない岩礁があり、闇雲に操縦すると船底がそれに当 …

小型船舶操縦士免許取得のススメ【4】分相応の目的地に安全に辿り着くために

前回の続きです。小型船舶操縦士1級免許をとって100海里まで目指して出発したとして、100海里までたどり着けるでしょうか? 100海里とは185.2km沖合ですが、恐らくたどり着かない、仮に着いたとしても港に返ってくるこ …

小型船舶操縦士免許取得のススメ【3】100海里まで辿り着けるか?という問題

前回の続きで、休日ということで余談を少々。 私がお世話になった教習所株式会社エム・エル・エーさんのホームページによると、1級と2級では操縦可能なボートの大きさとどこまで行けるかに関して次のような違いがあります。 1級 ボ …

小型船舶操縦士免許取得のススメ【2】多店舗展開の“海上”と“陸上”の発想

前回の続きです。車の運転を“陸上の発想”、船の運転を“海上の発想”と名付けると、多店鋪展開は、現実は“海上の発想”で進んでいるのですが、関わっている人々は“陸上の発想”を用いているとはどういうことか? よく聞く話に、既存 …

小型船舶操縦士免許取得のススメ【1】船の操縦と多店舗展開の共通点

突然ですが、皆さんは船の操縦をなさったことがありますか? 私は10年ほど前に海の近くに住んでいたため、また、好きな釣りでも使えると思い、小型船舶操縦士1級のライセンスを取得しました。その際に、船の操縦と多店舗展開には共通 …

「倒産情報」に学ぶ【2】創拓社出版(個別指導塾、家庭教師派遣)のケースの読み方

忙しさにかまけて遅れてしまいましたが、株式会社創拓社出版の倒産情報についてです。前回掲載した「株式会社創拓社出版」のケースをどう読むべきかをお話したいと思います。↓ 【帝国データバンク】株式会社創拓社出版(個別指導塾、家 …

上海“徹底現調”レポート【18・最終回】出店すべき場所は想像以上に限られている、という話

8月に2週間上海に滞在して見聞した情報をもとに、1か月ほど『上海“徹底現調”』シリーズのブログを連載してまいりました(一本目の記事はこちら)。まだまだ書きたいことはあるのですが、夏も終わりということで当ブログもそろそろ国 …

上海“徹底現調”レポート【17】上海人の地理的な移動行動(基本は日本と同じ。違うのは?)

日本と上海で大差があるものは何か?人口はもちろんですが、それ以上に痛感するのは土地の広さです。日本は通りの幅が狭い一方で、上海は通りの幅が広く、かつ、歩行者優先ではない交通ルールも手伝って、渡るのが非常に億劫です。またあ …

上海“徹底現調”レポート【9】上海に出店するなら一号店はどこが良いか?city’superの例

さて、上海に出店するとしたら一号店はどこがよいのでしょうか。上海の有名な強力動線は南京路ということで、一号店は「南京東路」を選ぶという考え方もあるように思われますが、以前にもお話した通り、「南京東路」は観光客でごった返す …

city'super

先行き不安な『幸せのパンケーキ』の店舗展開

先日、大阪に出張したときのことですが、この暑い中『幸せのパンケーキ』の広告がやたらと目につきました。ホームページによれば“Yahoo!検索大賞2016【スイーツ部門賞】受賞、同名のお店が各地に次々とオープンしていることも …

商売の観点で歴史を振り返る【最終回】司馬遼太郎『新史太閤記』にチェーン多店舗化を学ぶ

前回に続き、“歴史に学ぶ”シリーズです。『新太閤記』主役の豊臣秀吉を含む戦国武将をチェーン企業の本部、城を店舗に例えて、起こる出来事を多店舗化の過程にダブらせて読むと、ただの小説ではなく、仕事の参考書になります。シリーズ …

商売の観点で歴史を振り返る【7】司馬遼太郎著『新史太閤記』にチェーン店多店舗化を学ぶ

前回に続き、“歴史に学ぶ”シリーズです。『新太閤記』主役の豊臣秀吉を含む戦国武将をチェーン企業の本部、城を店舗に例えて、起こる出来事を多店舗化の過程にダブらせて読むと、ただの小説ではなく、仕事の参考書になります。 今回は …

商売の観点で歴史を振り返る【6】司馬遼太郎著『新史太閤記』にチェーン店多店舗化を学ぶ

前回に続き、“歴史に学ぶ”シリーズです。今回は、羽柴秀吉と“国立(くにたち)”の関係?ということで、上巻373ページです。 「豊臣」の前に、秀吉は「羽柴」という姓を名乗っていまいた。これはどういう意味なのかと思っていたら …

商売の観点で歴史を振り返る【5】司馬遼太郎著『新史太閤記』にチェーン店多店舗化を学ぶ

前回に続き、“歴史に学ぶ”シリーズです。『新太閤記』主役の豊臣秀吉を含む戦国武将をチェーン企業の本部、城を店舗に例えて、起こる出来事を多店舗化の過程にダブらせて読むと、ただの小説ではなく、仕事の参考書になります。 独断専 …

商売の観点で歴史を振り返る【4】司馬遼太郎著『新史太閤記』にチェーン店多店舗化を学ぶ

前回に続き、“歴史に学ぶ”シリーズです。『新太閤記』主役の豊臣秀吉を含む戦国武将をチェーン企業の本部、城を店舗に例えて、起こる出来事を多店舗化の過程にダブらせて読むと、ただの小説ではなく、仕事の参考書になります。 今回は …

『出店戦略のつくり方』の基本をお話する無料セミナーを開講します【6/2金於西新宿】

福徳社×ラーニングエッジ共催セミナー『もしもあなたのお店をチェーン展開するとしたら?~出店戦略のつくり方~』2017年6月2日(金)14時00分~於西新宿 本セミナーは定員に達したため受付を終了させていただきました。 翌 …

【クイズ】不動産開発の時事ネタから

今回は時事ネタです。 Bloomberg BusinessweekのMay 8-May 14, 2017号に面白い記事がありましたので、そこからクイズです。 街中に立地する“ある施設”が不動産開発を始めているという内容で …

商売の観点で歴史を振り返る【3】司馬遼太郎著『新史太閤記』にチェーン店多店舗化を学ぶ

続きです。前回、“新たな市場が魅力的で出店が必要な市場であったとしても、既存の市場からそこまでの距離があまりにも離れている場合、両者の中間地点に店舗を配置するべきことを計画に含める必要があります”と記しました。 この中間 …

商売の観点で歴史を振り返る【2】司馬遼太郎著『新史太閤記』にチェーン店多店舗化を学ぶ

前回の続きで、早速、司馬遼太郎著『新史太閤記』の内容に入ります。 と言いましても、頭から最後までの内容を解説するのではなく、主役の豊臣秀吉を含む戦国武将をチェーン企業の本部、城を店舗に例えて、起こる出来事を多店舗化の過程 …

商売の観点で歴史を振り返る【1】司馬遼太郎著『新史太閤記』にチェーン店多店舗化を学ぶ

前回のブログで、既存の業態の定義に無理があること、既存の教科書的なものは過去のものとして、時代に合った新たなものを書く必要があるとお話しました。そのために、まずは“商売・買い物という観点で歴史を振り返る”ことが必要である …

出店戦略立案における新規出店「速度」と「加速度」の考え方は?

国内市場での店舗展開にあたり、最初に決めるべきことは何か?それは、「出店を完了した段階でストア・ブランドにどのような意味合いを持たせたいか」です。それにより、出店の考え方は大きく変わってきます。 それを踏まえた上で、多店 …

縮小する市場での新規出店の考え方【下】”It’s a war!”

昨日、新規出店をどのように進めるかを考える際には、大きく分けて2つの考え方があるというお話をしました。一つは、自社が未出店のエリア、市場ポテンシャルがまだ残っているエリアを狙って出店するという考え方です。が、そのようなエ …

縮小する市場での新規出店の考え方【上】新規出店の2つの考え方

日本の総人口は1億2千万台ですが、この数字は減少傾向にあります。 2006年だったと思いますが、日本の人口が減少に転じたという新聞記事を朝読んで大きなショックを受けました。“これまでの考え方”が通用しなくなると思い危機感 …

Japan_Population
1 2 3 4 »

福徳社からのお知らせ

『店舗開発という仕事〔入門編〕』セミナー開講【10/26(金)於吉祥寺】店舗開発業務入門

3時間で基本をマスター!店舗開発に興味のある方、携わられて間もない方などを対象に、店舗開発業務の基礎知識、立地判断の基本やスキルアップ術を実務に即して具体的に解説します。

店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門『既存店分析・売上予測モデル作成実践』開講【10/5(金)於吉祥寺】

チェーン企業の店舗開発担当者がマスターすべき既存店分析と売上予測の具体的な方法を実践演習を交えて解説。統計学とエクセルスキルの中で、仕事に必要な部分だけをまとめてご説明します。

『店舗開発という仕事〔上級編〕』セミナー開講【9/14(金)於吉祥寺】~出店戦略基礎~

3時間で基本をマスター!チェーン店店舗開発・事業開発等のご関係者が知っておくべき「エリア戦略」や「出店戦略」の概論と具体的な立案方法を実務に即して解説します。

『店舗開発という仕事〔入門編+上級編〕』1日集中コース【8/24・9/7(金)於吉祥寺】

お急ぎの方や遠方よりご参加の方のために、「店舗開発という仕事」入門編(店舗開発業務入門)+上級編(エリア戦略・出店戦略入門)の内容を1回で速習する1日集中コースを実施します。

最近の投稿

店舗開発というお仕事
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 2018 株式会社福徳社 FUKUTOKUSHA K.K. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.