福徳社|チェーン店出店戦略リサーチ&コンサルティング
福徳社ブログ

タグ : マクドナルド

縮小する市場での新規出店の考え方【下】”It’s a war!”

昨日、新規出店をどのように進めるかを考える際には、大きく分けて2つの考え方があるというお話をしました。一つは、自社が未出店のエリア、市場ポテンシャルがまだ残っているエリアを狙って出店するという考え方です。が、そのようなエ …

リテールブランド認知度【MPFS】分類結果速報(2)「定番ブランド」

今回の調査レポートで「定番ブランド」に分類されたのは、首都圏での認知度が90.0%~98.6%と9割を超える『マクドナルド』『スターバックス コーヒー』『モスバーガー』『ロッテリア』『タリーズコーヒー』の5ブランドでした …

リテールブランド浸透度調査

リテールブランドの認知度と利用経験率〔2011年6月関東・全国〕

福徳社では、今月、『リテールブランド浸透度調査』を実施しました。レポートはこちら リテールブランド運営において、認知度の把握は重要です。なぜなら、大半の(まだ顧客になっていない)一般消費者は、“何屋だか知らない・わからな …

2011年飲食リテールブランド認知度・利用経験率

出店戦略講義【1】大学生に外食チェーンのブランド認知を聞いてみた

今週から、大学で“出店戦略”の講義が本格的に始まり、第一回目の授業が終了しました。 この講座を作ることは私の長年の悲願でしたが、本当に実現してしまいました。35人の受講者もいて、講義は成立しそうです。私の知る限り、大学で …

ららぽーと立川立飛サービスブランド

日本マクドナルド不振の理由【10】都市部再開発の波に乗れなかった理由

昨日の続きです。2000年以降、それまでマクドナルドが得意としてきた立地以外の“新たな立地”が質量ともに存在感を増したのですが、それはどのような立地だったのでしょうか。 2000年以降、容積率が緩和されたこと等により、都 …

mcdonalds_japan

日本マクドナルド不振の理由【9】好立地物件をとれなくなった理由は?

2000年前後に新たに出現した好立地 昨日の続きです。店舗開発の視点で、日本マクドナルドをとりまく2000年前後の時期を捉えた場合、それはどのような時代であったか? それは駅ビルや郊外型ショッピングセンターなどの商業施設 …

mcdonalds_japan

日本マクドナルド不振の理由【8】赤字転落に至った本質的な理由とは?

マクドナルドに限定的な不振の理由とは? 前回の続きです。さて、マクドナルドは、2002年に当期純利益が赤字となりました。 外食産業の市場規模が1997年のピークを境に減少に転ずる中、外食産業にとって1990年代後半に起こ …

mcdonalds_japan

日本マクドナルド不振の理由【7】[1万店・1兆円]を阻んだ重大な環境変化

マクドナルド不振の理由に切り込む~なぜ、目標だった「1万店・売上高1兆円」は達成できなかったのか?~ 前回の続きです。全国チェーンのマクドナルドが1999年に3000号店を達成した際に、藤田田社長は「2010年までに1万 …

mcdonalds_japan

日本マクドナルド不振の理由【6】超広域商圏・仙台市でも店舗数は減少

前回の続きです。再び、1999年以降マクドナルドがどのように店舗を開業、そして閉店してきたかをエリアごとに見てみたいと思います。 先日は、「渋谷エリア」「新宿エリア」「池袋エリア」について、日本マクドナルドが、1999年 …

mcdonalds_japan

日本マクドナルド不振の理由【5】当時の同社にとっての「店舗」の意味

“論功行賞”の現代版 昨日の続きです。さて、 私は、1999年当時(マクドナルドが高速出店していた時期です)、日本マクドナルドの店舗開発本部の出店統括局という部署の仕事に関わる機会を得ました。 今日は、当時のことで覚えて …

mcdonalds_japan

日本マクドナルド不振の理由【4】メーカー発想の経営者がはまる落とし穴

店舗展開の観点から日本マクドナルド不振の原因に切りこむ 前回まで、「渋谷」「新宿」「池袋」というJR、私鉄、地下鉄が乗り入れる市場規模の大きい超広域商圏で、日本マクドナルドは、1999年11月にあった64店舗の約3分の2 …

mcdonalds_japan

日本マクドナルド不振の理由に切り込む【3】池袋エリア店舗の出退店推移

昨日まで、マクドナルドは、市場規模の大きな超広域商圏「渋谷」「新宿」で店舗数を半分以下に減少させたことをみました。同様な傾向が他のエリアでも起こっていないか、引き続き追跡してみましょう。 池袋駅という巨大ターミナル駅を中 …

mcdonalds_japan

日本マクドナルド不振の理由に切り込む【2】新宿エリア店舗の出退店推移

前回は、市場規模の大きな超広域商圏「渋谷」のマクドナルド店舗数は、1999年11月から7つも減少していることを確認しました。同様な傾向が他のエリアでも起こっていないか、追跡してみましょう。 さて、今回は日本マクドナルドの …

mcdonalds_japan

日本マクドナルド不振の理由に切り込む【1】渋谷エリア店舗の出退店推移

前回の続きです。日本マクドナルド全盛期の出店を振り返りながら、マクドナルドが不振に陥った本質的な理由を分析する本シリーズでは、まず、1999年以降、全国チェーンであるマクドナルドがどのように店舗を新規出店、そして退店して …

mcdonalds_japan

日本マクドナルド全盛期出店の記憶|99年11月の月商ベスト3店舗は?

米マクドナルドが、日本マクドナルドホールディングス(HD)(証券コード:2702)の株式の一部売却を検討しているというニュースがありました。 業績悪化により不採算店を中心に年間100店舗の閉鎖が予定されており、店舗跡には …

mcdonalds_japan

ドミナント戦略について考える【6】ドミナント出店の成功例「ラッキーピエロ」

ドミナントの成功例ということで、今回は函館市で展開するハンバーガーショップの『ラッキーピエロ』のドミナント度合を考えてみたいと思います。 残念ながら私はラッキーピエロに行ったことがありまませんので、メニュー等についてはラ …

ドミナント戦略について考える【4】マクドナルドの強敵とは?

昨日の続きです。マクドナルドが利用頻度で勝てない〇〇〇とはなんでしょう? それは「定食屋」でした。 皆さんのご自宅や勤務先の近所に個人経営の定食屋さんはありますか? 定食屋さんは、日替わり定食、各種定食・丼もの・うどん・ …

ドミナント戦略について考える【3】日本中の飲食店をマクドナルドにできるか?

日本におけるドミナント戦略について考える 昨日の続きです。さて、1999年当時の話です。 私は株式会社マーケティングセンターというマーケティング・リサーチ会社で営業企画の仕事をしていました。 以下は、ある日、クライアント …

福徳社メールマガジン(無料)

最新セミナー情報、店舗開発関連最新データ・コメント等を毎月初に配信しています。
メールアドレス
バックナンバー

福徳社からのお知らせ

『店舗開発という仕事〔上級編〕』セミナー開講【3/17(土)於吉祥寺】~出店戦略入門~

3時間で基本をマスター!チェーン店店舗開発・事業開発等のご関係者が知っておくべき「エリア戦略」や「出店戦略」の概論と具体的な立案方法を実務に即して解説します。

『店舗開発という仕事〔入門編+上級編〕』1日集中セミナー開講【3/10(土)於吉祥寺】

お急ぎの方や遠方よりご参加の方のために、「店舗開発という仕事」入門編(店舗開発業務入門)+上級編(エリア戦略・出店戦略入門)の内容を1回で速習する1日集中コースを実施します。

『店舗開発という仕事〔入門編〕』セミナー開講【3/3(土)於吉祥寺】~店舗開発業務入門~

3時間で基本をマスター!店舗開発に興味のある方、携わられて間もない方などを対象に、店舗開発業務の基礎知識、立地判断の基本やスキルアップ術を実務に即して具体的に解説します。

店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門『既存店分析実践・売上予測モデル作成編』セミナー開講【2018年3月24日(土)於吉祥寺】

チェーン企業の店舗開発担当者がマスターすべき既存店分析と売上予測の具体的な方法を実践演習を交えて解説。統計学とエクセルスキルの中で、仕事に必要な部分だけをまとめてご説明します。

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 2016 株式会社福徳社 FUKUTOKUSHA K.K. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.