塾・予備校

2/2ページ

学習塾にとっての良い立地とは?2|“特定少数・高頻度利用”顧客業態の場合

2つの街道がクロスする交差点に学習塾が立地する意味は何でしょうか?学習塾の特徴として、代金を支払う人と、実際にサービスを受ける人が異なります。全国展開するナショナルチェーンにとっての「良い立地」が学習塾にとっても良い立地には必ずしもならないと言わざるを得ません。

学習塾にとっての良い立地とは?1|八王子市楢交差点のケース

全国チェーンにとっての良い立地は駅ナカや駅付近。都市部での駅が、老若男女を問わず不特定多数の人々を集める力があるためです。店舗単独で集客するのは難しく、集客力を外部の施設に依存している。しかし、自家用車無しには生活できない人々中心に形成されるマーケットには、実はあまり存在しない。