Press "Enter" to skip to content

沖縄初出店から1年以上経過したセブンイレブンの今|県内店舗展開、その後の経緯(続報の続報)

前回の記事「沖縄初出店から1年以上経過したセブンイレブンの今〜県内店舗展開、その後の経緯(続報)」の続報です。早いもので前回のデータの更新から3か月が経過しました。

2020年末の時点で67店舗、その後2021年に入ってから2か月で12店舗増加し、2月23日時点で79店舗を展開しています。

沖縄セブンイレブン出店状況

出店すべき自治体はすべて出店しつくしたようで、新たに出店した自治体はなく、浦添市と沖縄市では、ほぼ半月おきに追加出店が進んでいる様子が分かります。

自治体ごとの店舗数の比率も、那覇市が30%弱、沖縄市、うるま市、浦添市が10%弱など安定して推移しています。

以上、短いですが続報でした。

セブンイレブンの沖縄県での展開については今後も定期的に共有させていただきます。次回は4月下旬の予定です。

More from 出店企業研究More posts in 出店企業研究 »
More from 出店戦略・店舗開発論More posts in 出店戦略・店舗開発論 »
PAGE TOP