Press "Enter" to skip to content

日本マクドナルド不振の理由に切り込む【2】新宿エリア店舗の出退店推移

前回は、市場規模の大きな超広域商圏「渋谷」のマクドナルド店舗数は、1999年11月から7つも減少していることを確認しました。同様な傾向が他のエリアでも起こっていないか、追跡してみましょう。

さて、今回は日本マクドナルドの本社のある東京都新宿区をみてみましょう。

1999年11月に、東京都新宿区には、31店舗のマクドナルドがありました。

その後、マクドナルドは、4店舗を新たに出店する一方で、なんと21店舗もの店舗を閉店した結果、2016年1月上旬の時点ではたった14店舗となってしまいました。

マクドナルドは、渋谷区と同じく、新宿区という超広域商圏で店舗数を半分以下に減少させていることが分かります。

McDonald_in_Shinjuku

続きは明日のブログで。

More from 出店企業研究More posts in 出店企業研究 »
More from 出店戦略・店舗開発論More posts in 出店戦略・店舗開発論 »
PAGE TOP