Press "Enter" to skip to content

令和2年国勢調査データによる自治体4分類結果(1.積極出店~4.出店回避)+エリア戦略の立て方解説【動画付】

令和2年国勢調査の人口データ速報が出ましたので、まずは人口上位8都道府県(東京都・神奈川県・大阪府・愛知県・埼玉県・兵庫県・北海道)について、店舗開発実務の観点から動画で解説しました。要点だけを短時間でご確認いただくのに便利な内容となっておりますので、是非ご覧ください。

自治体(市・区)別データをチェーン店エリア戦略作成に使うための分析方法についても、動画内で具体的にお話しています。

なお、動画の中の散布図グラフデータは、本ブログページにて追って公開させていただきます。必要な方は、後日改めて、このページをご確認ください。

【概論編】国勢調査(令和2年)人口速報集計解説①~店舗開発・出店戦略でのデータの使い方~

【北海道編】国勢調査(令和2年)人口速報集計解説②〜エリア戦略の立て方〜

【兵庫県編】国勢調査(令和2年)人口速報集計解説③〜エリア戦略の立て方〜

【千葉県編】国勢調査(令和2年)人口速報集計解説④〜エリア戦略の立て方〜

【埼玉県編】国勢調査(令和2年)人口速報集計解説⑤〜エリア戦略の立て方〜

【愛知県編】国勢調査(令和2年)人口速報集計解説⑥〜エリア戦略の立て方〜

【大阪府編】国勢調査(令和2年)人口速報集計解説⑦〜エリア戦略の立て方〜

【神奈川県編】国勢調査(令和2年)人口速報集計解説⑧〜エリア戦略の立て方〜

【東京都編】国勢調査(令和2年)人口速報集計解説⑨〜エリア戦略の立て方〜

More from タダでできる市場調査More posts in タダでできる市場調査 »
More from 出店戦略・店舗開発論More posts in 出店戦略・店舗開発論 »
PAGE TOP