昨日のクイズ2問を再掲します。

<1>(靴チェーン)15社全体で靴屋の数は約何店舗でしょう?

  1. 1500  2.3000  3.4500  4.6000以上

<2>そのうち、トップの『ABCマート』の店舗数は約何%くらいでしょう?

  1. 15%  2.30%  3.45%  4.60%以上

正解は、<1>が2.の約3000店。<2>が2.の約30%でした。

この数字だけでは何を意味しているかが分かりませんので、靴以外の他の物販店で、靴と関連のありそうな紳士服業界も見てみます。

同様の方法で調べたところ、同じ屋号で複数の店舗を営業している紳士服ブランドの数は、15確認できました。同じグループ企業が複数の業態を展開していますが、それぞれを一つのブランドとしてみたところ、店舗数トップは『洋服の青山』で、次いで『AOKI』『TAKA-Q』『はるやま』『コナカ』が続きます。本年1月20日と2月24日の15ブランド全体の店舗数を比較してみたところ、10店舗増加していたことが分かりました。さて、ここで同じくクイズ2問です。

<1>(紳士服チェーン)15ブランド全体で紳士服店の数は約何店舗でしょう?

  1. 1500 2.3000 3.4500 4.6000以上

<2>そのうちトップの『洋服の青山』の店舗数は約何%くらいでしょう?

  1. 15%  2.30%  3.45%  4.60%以上

答えは次回のブログで。

 

福徳社メールマガジン(無料)配信開始!(チェーン店最新店舗数データ付)

福徳社では、毎月月初に配信するメールマガジン(無料)のご登録受付を開始いたしました。解除も簡単にできますので、ぜひご登録ください。

セミナー情報や新刊情報に加えて、各社ホームページの店舗情報でカウントした前月末時点での国内主要チェーン店(46業種・1,729ブランド)の店舗数データをお届けします。店舗数の情報はなかなか一覧になっているものがなく、弊社のコンサルティングプログラムで必要なことから自社で作成しているデータの一部をシェアさせていただきます。バックナンバーはこちら


■□■ メールアドレスを入力し、「登録」または「解除」を押してください。 ■□■
メールアドレス