『ソストレーネ・グレーネ』イオンモール幕張新都心店は【無かったことにして出店】

しばらく忙しくしておりましたが、ブログを再開します。

突然ですが、皆さんは読めますか? → 「SøSTRENE GRENE」

イオンモール幕張新都心のグランドモール2Fに日本初上陸店舗を開業したテナントで、“ソストレーネ・グレーネ”と読みます。当ブログでも、以前、もったいない出店~同じデンマークの雑貨屋なのに、まだ二号店も出せないのはなぜ?~(【その1】~【その4】)でとりあげたことがあります。

2番目の「ø」が見慣れませんが、これはデンマーク語のアルファベットの一つで、こちらの記事にも書きましたが、発音が非常に難しいものです。デンマーク語に詳しい方でしたら、ご覧になるとゾッとするアルファべットではないでしょうか。Rもデンマーク語では発音が難しく、おそらくカタカナの通りに「ソストレーネ・グレーネ」と発音しても、現地では通じないと思われます。

それはさておき、このブランド、残念ながらというか、やっぱりというか、2016年3月15日(火)に閉店したそうです。

が、今月、“本格上陸”し、表参道に旗艦店を出すそうです。参考記事「デンマーク発の雑貨ブランド「ソストレーネ グレーネ」が本格上陸  10月に旗艦店オープン」によれば、“10月28日にアジア1号店となる旗艦店を表参道に出店”とあります。

本格上陸?アジア1号店?では、先日閉店した日本1号店は何だったのか?など、頭の中に違和感が残ります。繊研新聞さんのこちらの記事にもあるように、一号店開店時には、“日本1号店のデンマーク発生活雑貨ストア『ソストレーネ・グレーネ』は入場制限され、常時100人ほどが列をなした。(出所:繊研plus)”わけであり、既に本格的に上陸したものかと思っていました。

一号店を開業して閉店し、あまり長い間をおかずに旗艦店を出店し、これを本格上陸と呼ぶのでは、イオンモール幕張新都心にあった店舗も浮かばれないように思えます。

旗艦店は“再上陸出店”。今年は日本に台風が多くやって来て、“再上陸”という言葉をよく聴きました。一号店を閉店し旗艦店を事実上の一号店にしたいとなると、イオンモール幕張新都心への出店は“無かったことにして出店”と呼んでおくとしましょう。

というわけで、これからしばらく、ショッピングセンターの“テナントの生存率”についてお話したいと思います。

続きは明日のブログで。

最新ブログ記事やお知らせをTwitterで日々配信中。Follow me!