少し前になりますが、今年の1月22日に平成28年10月1日時点の日本の人口推計が発表されました。

このニュースは店舗開発担当の方が良く把握する必要があります。

総人口は減り、増えたのは65歳以上の人口だけなのですが、重要なのはそこではなく、「人口増減の都道府県別の内訳」です。

そこで、世間は受験シーズン真っ只中ということで、オリジナルの地理の試験問題を作ってみました。チャレンジしてみてください。

【オリジナル地理問題 問】

平成28年10月1日時点の日本の人口推計によれば、平成27年から平成28年の2年連続で人口が増加している県が東京都のほかに6つあります。

平成28年の人口増減率1位は東京都です。同年の人口増加率2位から7位までの組み合わせとして適当なものは次のア~エのうちのどれか。

因みに3位は同着で埼玉県、愛知県でした。

  1. 2位 神奈川県 3位 埼玉県 3位 愛知県 4位 沖縄県 5位 福岡県  6位 千葉県
  2. 2位 沖縄県  3位 埼玉県 3位 愛知県 4位 千葉県 5位 神奈川県 6位 福岡県
  3. 2位 神奈川県 3位 埼玉県 3位 愛知県 4位 福岡県 5位 沖縄県  6位 千葉県
  4. 2位 沖縄県  3位 埼玉県 3位 愛知県 4位 福岡県 5位 千葉県  6位 神奈川県

答えは次回のブログで。

 

翌日から実務で使える知識が身に着く!チェーン店店舗開発担当者のための実務講座毎月開講中
店舗開発業務そのものへの初歩的なガイダンスが必要な方を対象とした店舗開発入門講座、チェーン店の出店戦略・エリア戦略の考え方や具体的な立案のやり方を学ぶ上級編講座、新規物件売上予測モデルの作り方・既存店分析のやり方を実践演習で身に着ける店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門講座など、チェーン店店舗開発の実務に即したセミナーです。オリジナルテキスト付。詳細・スケジュールはこちら