インターネットの普及により無料でダウンロードできる情報が増えています。
『歩行者通行量データ』もその一つです。各地の商工会議所等が調査結果を公表してくれています。

これは店舗開発業務にも有効な情報で、路面店の物件や既存店の前を何人の歩行者が歩いているかを知る際に大いに参考とすべきものです。また、仮に既存店や物件、出店計画がないとしても、どこが人通りの多い場所か、時間当たり何人くらいの通行があるかを熟知している街の数を増やしておくことは、将来的に店舗開発の業務に役立つものです。その『歩行者通行量データ』のご紹介も兼ねて、“主要都市の歩行者通行量トップ地点シリーズ”の連載を始めたいと思います。

シリーズ第1回は、梅雨時で今日も雨だったので“長崎”です。

  • 調査日時:平成29年9月8日(金)と10日(日)10:00-18:00の8時間(天候は両日とも晴れ)
  • 長崎市内26地点

長崎市の中心市街地のキーワードは『西浜町アーケード』です。百貨店の『浜屋』をはじめとする商業施設や銀行その他が集中している領域です。
下記は付近の航空写真(Yahoo!地図による)です。8時間の通行量トップ3地点は次のとおりです。

長崎通行量トップ3

下記は通行量トップ3の地点(三菱UFJ銀行前、安達ビル前、ドラッグセガミ横、市丸前)を含んだ航空写真(Yahoo!地図による)です。

長崎通行量_航空写真

 

翌日から使える知識が身に着く!チェーン店店舗開発担当者のための実務講座毎月開講中
店舗開発業務の基本を学ぶ入門講座、出店戦略・エリア戦略の基礎理論や立案方法を学ぶ上級講座、新規物件売上予測モデル構築・既存店分析の方法を学ぶ店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門講座など、実務に即したセミナーです。オリジナル教材付。詳細・スケジュールはこちらをご覧ください。