今回は、前回の“賃料”同様に頻繁に話題になる“店舗数”について。この英語講座では、普通の英語の先生には教えられない“店舗開発担当者が業務で頻繁に使うと思われる用語や表現”を少しずつ紹介しています。キャリアアップのためにも気楽に勉強を始めてみてください(英語講座第一回目はこちら)。

“自社の店舗数は220店舗です”や、“東京の店舗数は50です”、“御社は日本に何店舗あるのですか?”など、店舗数は頻繁に話題になるものです。今回は、店舗数の言い方や尋ね方を紹介します。

☆店舗数 store count

Countは“数える”という意味があります。

あるいは、

☆店舗の数 the number of stores

the number of ~」は“~の数”という意味です。“the”が重要です。ちなみに「a number of stores」は“多くの店舗”という異なる意味になりますのでご注意ください。

それでは、店舗数が100店舗であることを伝えるには?

Store count is one hundred.

The number of stores is one hundred.

です。

さて、店舗数については尋ねられることもありますが、こちらから尋ねることもしばしばです。そこで次回は、相手の会社の店舗数について質問する方法をご紹介します。続きは明日のブログで。

 

翌日から実務で使える知識が身に着く!チェーン店店舗開発担当者のための実務講座毎月開講中
店舗開発業務そのものへの初歩的なガイダンスが必要な方を対象とした店舗開発入門講座、チェーン店の出店戦略・エリア戦略の考え方や具体的な立案のやり方を学ぶ上級編講座、新規物件売上予測モデルの作り方・既存店分析のやり方を実践演習で身に着ける店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門講座など、チェーン店店舗開発の実務に即したセミナーです。オリジナルテキスト付。詳細・スケジュールはこちら