昨日の続きです。さて、コーヒービーン&ティーリーフの日本での2号店以降の展開は以下の通りです。

<2号店> 2015年5月30日(土)イオンレイクタウンkaze
<3号店> 2015年7月10日(金)イオンモール岡崎
<4号店> 2015年7月17日(金)イオンモール各務原
<5号店> 2015年7月31日(金)イオンレイクタウンmori
<6号店> 2015年10月2日(金)イオンモール武蔵村山
<7号店・予定> 2015年12月4日(金)イオンモール常滑

“東京・日本橋を起点に日本全国へおいしいスペシャルティコーヒーを広めたいとの思いを込めて、このたびの1号店をオープンいたします。(出所:同社ホームページ)”という思いは、残念ながら、2号店以降の立地を確認した限りでは、“「思い」で終わり”そうです。

日本橋の店舗が醸し出すイメージや店舗の希少性はわずか半年で一気失われ、日本橋のようなオフィスビルや路面店舗の出店機会を得ることは非常に難しくなったと思われます。

今後もイオンモールさんへの出店が続くことでしょう。

コーヒービーン&ティーリーフは、2015年3月時点で25か国に982店舗を展開しているグローバルなスペシャルティコーヒーショップで、今後も、最高級のコーヒー&ティーを提供するグローバルブランドを目指すそうです(出所:同社ホームページ)。

しかし、単純に割っただけでも、一つの国で40店舗弱ということになります。

それぞれの国でスターバックスのように展開し、市場に定着しようという野望と具体的な計画は持っていない企業のようです。

以上、「もったいない全国展開~コーヒービーン&ティーリーフ編~」でした。

ところで、コーヒービーン&ティーリーフは、ドリンクを買うと2杯目は150円で好きなドリンクが飲めるとのことでした。

また、先日取り上げたコメダ珈琲店は朝コーヒーのみを注文した場合でも、希望するとモーニングでトースト(バターかジャムを選べる)とゆで卵が付きます。

ご存知の方がいらっしゃいましたら申し訳ございません。

 

翌日から実務で使える知識が身に着く!チェーン店店舗開発担当者のための実務講座毎月開講中
店舗開発業務そのものへの初歩的なガイダンスが必要な方を対象とした店舗開発入門講座、チェーン店の出店戦略・エリア戦略の考え方や具体的な立案のやり方を学ぶ上級編講座、新規物件売上予測モデルの作り方・既存店分析のやり方を実践演習で身に着ける店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門講座など、チェーン店店舗開発の実務に即したセミナーです。オリジナルテキスト付。詳細・スケジュールはこちら