「チャンスロス」とは何か?

ピーク時間に満席だからと言って、必ずしも喜んでばかりはいられません。

満席だから競争相手の店(競合)にお客さんが流れているとしたら、それは、とれたはずの売上を競争相手に奪われたことを意味します。

この、とれたはずなのにとれなかった売上をチャンスロス(機会損失)といいます。

「チャンスロス」があったかどうかを確認する方法

チャンスロスがあったかどうかは、一日の時間帯別の売上高を棒グラフで表示して確認できます。

① ピーク時間帯の時間帯別売上が水平になっている。
② ピーク時間の直前の時間帯が最大になり、その後は低下している。

このような場合はチャンスロスの可能性があります。参考にしてください。

 

翌日から実務で使える知識が身に着く!チェーン店店舗開発担当者のための実務講座毎月開講中
店舗開発業務そのものへの初歩的なガイダンスが必要な方を対象とした店舗開発入門講座、チェーン店の出店戦略・エリア戦略の考え方や具体的な立案のやり方を学ぶ上級編講座、新規物件売上予測モデルの作り方・既存店分析のやり方を実践演習で身に着ける店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門講座など、チェーン店店舗開発の実務に即したセミナーです。オリジナルテキスト付。詳細・スケジュールはこちら