「キャッチ率」とは、店舗の前を通行する人や車の総数に占める入店者数の割合を意味します。

徒歩来店が主な路面店は人の数、車での来店が主な郊外店舗では車の数が、それぞれ対象になります。

数式としては、

(入店者数/店前通行量)×100

で求まります(単位は%です)。

例えば、ある歩道(道路)に面する店舗があり、店舗の前を一時間当たり1,000人(台)が通行するとして、入店者数が一時間に50人(台)とすると、キャッチ率は5%です。

どうやってその数字を知るか?

公表されているデータはありません。原始的に数えるだけです。カウンターを二つ用意し、利き手は通行量、反対の手は入店者数を数えてください。

新規出店を考えている場合の立地判断の際には、(怪しまれない範囲で)周辺の競争相手の店舗の前にはりついてカウントします。そこで求めたキャッチ率を、物件前の通行量にかけることで入店者数の予測に用います。それに想定する客単価をかければ、根拠のある売上の予測ができます。

ぜひ(怪しまれない方法で)お試しください。

このように、タダでできる市場調査は、実はいろいろとあります。次回のブログから、いくつか「タダでできる市場調査シリーズ」としてご紹介してみたいと思います。

 

 

翌日から実務で使える知識が身に着く!チェーン店店舗開発担当者のための実務講座毎月開講中
店舗開発業務そのものへの初歩的なガイダンスが必要な方を対象とした店舗開発入門講座、チェーン店の出店戦略・エリア戦略の考え方や具体的な立案のやり方を学ぶ上級編講座、新規物件売上予測モデルの作り方・既存店分析のやり方を実践演習で身に着ける店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門講座など、チェーン店店舗開発の実務に即したセミナーです。オリジナルテキスト付。詳細・スケジュールはこちら