2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【らーめん・餃子編】

あけましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いいたします。早速ですが、昨日に引き続き、主要チェーン店の総店舗数の変化という観点からの2017年の振り返りを続けたいと思います。今日はラーメン・餃子業態編です。

業態全体の総店舗数は全体で8,333店舗から8,444店舗へと111店舗増加しました。率にして1.3%増と小幅な伸びでしたが、小粒ながら急成長をしている屋号がみられました。

2017年に最も総店舗数を増やした屋号トップ3は、

1位 餃子の王将  (+18店舗)
2位 田所商店  (+17店舗)
3位 幸楽苑  (+12店舗)
3位 日高屋  (+12店舗)

でした。

総店舗数の“増加率”トップ3は、

1位 一番館  37.5%増(16店舗→22店舗)
2位 たいぞう  33.3%増(9店舗→12店舗)
3位 三宝亭  32.4%増(34店舗→45店舗)

店舗数がまだ二桁台前半で、増加率が20%を超える屋号が13ありました。

逆に2017年に最も店舗数を減らした屋号トップ3は、

1位   ポッポ  (-15店舗)
2位 くるまや  (-10店舗)
3位 中華東秀  (-9店舗)
3位 芝のらーめん屋さん  (-9店舗)

でした。総店舗数減少率のトップ3は、

1位 芝のらーめん屋さん  33.3減(27店舗→18店舗)
2位 ビースト  28.6%減(7店舗→5店舗)
3位 よってこや  23.8%減(21店舗→16店舗)

でした。

回転寿司チェーンと同じく、らーめん・餃子チェーンも、店舗数が増加した屋号、変わらなかった屋号、減少した屋号の割合がほぼ均等に分かれていました。

次回は居酒屋チェーンを見てみます。

最新ブログ記事やお知らせをTwitterで日々配信中。Follow me!