2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【居酒屋編】

主要チェーン店の総店舗数の変化という観点からの2017年の振り返りを続けたいと思います。今日は居酒屋業態編です。

総店舗数は業態全体で11,485店舗から11,240店舗へと2.1%減少しました。

大手チェーンの総店舗数減少や業態転換が目立ちます。今回は減った屋号から確認したいと思います。

2017年に最も総店舗数を減らした屋号トップ3は、

1位 和民  ― 127店舗
2位 魚民  ― 81店舗
3位 笑笑  ― 55店舗

でした。

総店舗数の“減少率”トップ3は、

1位 くろ○  46.2%減(13店舗→7店舗)
2位 和民  39.1%減(325店舗→198店舗)
3位 月の宴  33.3%増(24店舗→16店舗)

減少率が20%を超える屋号は14ありました。

逆に2017年に最も総店舗数を増やした屋号トップ3は、

1位   鳥貴族  (+94店舗)
2位 三代目鳥メロ  (+62店舗)
2位 ミライザカ  (+62店舗)
3位 目利きの銀次  (+36店舗)

総店舗数上昇率のトップ3は、

1位 ミライザカ  167.6%増(37店舗→99店舗)
2位 三代目鳥メロ  126.5%増(49店舗→111店舗)
3位 晩杯屋  65.2%増(23店舗→38店舗)

でした。

一時期急激に増えた印象のある磯丸水産は2017年内に増減はありましたが150店で変わらず、串カツ田中は25%増の170店となっております。

次回は新旧の入れ代わりの兆しが見えるスイーツショップ業態を振り返ります。

 

最新ブログ記事やお知らせをTwitterで日々配信中。Follow me!