昨日の問を再掲します。

<問>ある街の郊外に大型商業施設が開業する予定である。テナントとしての入居が叶わなかったので、その商業施設付近のロードサイドに出店を検討するべきか否か?

ケースバイケースですが、原則的には周囲にその商業施設以外にほとんど何も無いような場所で、その施設の利用客しか通過しないような道路の脇は、自社店舗の顧客としてキャッチする確率が低いと考えるべきでしょう。

その施設の目的地性が強く、そこで利用客の行動が完結してしまうような施設を、自社の店舗の集客要素として期待して施設の周辺に出店することは危険であるということです。

店舗のすぐ近くを人が沢山歩いているのになぜか客が入らない、思うように売上が上がらないといった経験はありませんか?

そのような場合、上記のような性質の施設が存在している、あるいは、していたかもしれません。

店舗前をただ多くの人が通過するから良いというだけでなく、通過する人の心理状態も考慮して、堅実な売上予測を算出するように心がけたいものです。

 

翌日から実務で使える知識が身に着く!チェーン店店舗開発担当者のための実務講座毎月開講中
店舗開発業務そのものへの初歩的なガイダンスが必要な方を対象とした店舗開発入門講座、チェーン店の出店戦略・エリア戦略の考え方や具体的な立案のやり方を学ぶ上級編講座、新規物件売上予測モデルの作り方・既存店分析のやり方を実践演習で身に着ける店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門講座など、チェーン店店舗開発の実務に即したセミナーです。オリジナルテキスト付。詳細・スケジュールはこちら