前回まで市場規模を算出する方法をお話ししてきました。そこから出店数を求める公式は次の通りです。

市場規模×市場シェア(%)÷一店舗平均売上=自社の出店数

市場シェアは企業の目標として決まるものなので、何パターンかに分けてシミュレーションしてみましょう。

想定する市場シェアを市場規模に掛け合わせることで、自社全体の売上高が求まります。それを一店舗の平均売上高で割ると、最終的に出店可能な店舗数が求まります。

以上、6回にわたって「店舗開発シニア担当が答えられなければならない問題とは?【何店舗出店できるか?】」を説明させていただきましたが、下記の公式をぜひご記憶いただき、ぜひ使ってみてください。

【自社の出店可能な店舗数】=人口×利用者比率(%)×利用回数(回)×一回当たりの利用金額(円)×市場シェア(%)÷一店舗平均売上

次回からの「店舗開発シニア担当が答えられなければならない問題とは?」シリーズのテーマは、【売上予測の根拠は何か?】に移りたいと思います。

 

翌日から実務で使える知識が身に着く!チェーン店店舗開発担当者のための実務講座毎月開講中
店舗開発業務そのものへの初歩的なガイダンスが必要な方を対象とした店舗開発入門講座、チェーン店の出店戦略・エリア戦略の考え方や具体的な立案のやり方を学ぶ上級編講座、新規物件売上予測モデルの作り方・既存店分析のやり方を実践演習で身に着ける店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門講座など、チェーン店店舗開発の実務に即したセミナーです。オリジナルテキスト付。詳細・スケジュールはこちら