「商圏の大きさは時間と共に変化する」の原則

商圏の大きさは時間と共に変化する

一号店に行列ができているとき、店舗の商圏は広域に広がっています。

しかし、その状況が永久に続くことはありません。つまり、商圏の大きさは時間と共に縮小していきます。

リテーラーは、自社の店舗の標準的な商圏の広さを定期的に定義しなおす必要があります。それによって、個々の地域市場での出店数が決まります。

チェーン店それを考えるにあたり、難しい点は、地域市場間でも商圏の広さが異なることです。参入間際の地域市場では商圏が広い一方、出店が進み浸透が進んだ地域市場での商圏は狭くなります。これは、顧客が店舗に期待する事柄が異なることをも意味します。

店舗・顧客は、時間軸を加えた新たな基準で細分化されるべきなのです。