昨日の続きです。では、具体的に、エリアの戦略プランに落とし込んでいきましょう。

これは、複数のエリアを管理する際に、共通の方法でエリア戦略立案を行うためのシートです。

エリア戦略策定シート

  1. 目標設定:出店数、セールス&利益、ターゲット など
  2. 現状分析:マーケット(量・質・成長性)、競合環境、既存店履歴・業績
  3. 問題点&機会点:目標と現状のギャップ、エリアの課題の洗い出しと優先順位付け

を整理した上で、年度ごとの戦略案(積極出店、静観、既存店対策)を策定します。

いかがでしたか?

以上で、「チェーン店エリア戦略のつくり方」の連載をひとまず終えたいと思います。

 

翌日から実務で使える知識が身に着く!チェーン店店舗開発担当者のための実務講座毎月開講中
店舗開発業務そのものへの初歩的なガイダンスが必要な方を対象とした店舗開発入門講座、チェーン店の出店戦略・エリア戦略の考え方や具体的な立案のやり方を学ぶ上級編講座、新規物件売上予測モデルの作り方・既存店分析のやり方を実践演習で身に着ける店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門講座など、チェーン店店舗開発の実務に即したセミナーです。オリジナルテキスト付。詳細・スケジュールはこちら