京都“現調”報告【9】出張で一箇所だけ観光スポットに行って良いことになったら?

店舗開発の担当者が出張する場合、観光スポットを巡る時間はほとんどないと思われますが、一箇所だけ行って良いとしたらどういう場所を選ぶべきか?

私の提案は、出張先の街の中心にある“標高が高いところ”です。街のシンボル的な“○○タワー”や高層ビルなど、その街を一望できるところです。理由は、街の様子を短時間で頭にいれることができるためです。今はネット上で航空写真や通りの様子も簡単に見ることができるのですが、自分の目で立体的にその街を見るといろいろと気づくことも多いものです。

そのような訳で、今回は高いところにいくつか登ってみました。

京都の話が続いたので今日は大阪です。この写真はどこからの景色でしょう?

  • ヒント1 高さ100メートルほどの、大阪のシンボル的な建造物
  • ヒント2 その特別展望台から北西方向を見た景色です。
  • ヒント3 京セラドーム大阪が見えます。

正解は“通天閣”でした。

通天閣は特別展望台まで登ることをおススメします。入場券を買って入りますが、エレベーターで登って、下って、出口から出るまでの間に、来場者に財布のお金を使わせる仕掛けが露骨で、見習うべき点?がありました。

さて、ここで終わってはただの観光になってしまうため一仕事してきました。

仕事と申しましても特別展望台から周囲360度を見渡せるように写真を何枚かとっただけなのですが、“スカイビュー360度シリーズ”【通天閣編】として共有させていただきたいと思います。

京都“現調”報告【付録】スカイビュー360度写真集【京都タワー編】(フリー素材)

最新ブログ記事やお知らせをTwitterで日々配信中。Follow me!