福徳社では、今月、『リテールブランド浸透度調査』を実施しました。レポートはこちら

リテールブランド運営において、認知度の把握は重要です。なぜなら、大半の(まだ顧客になっていない)一般消費者は、“何屋だか知らない・わからない店(認知していない店)”には入店しないためです。一般消費者は、リテーラーの屋号・ブランドをまず認知し、更に、行動範囲内に実際の店舗が存在することを知ることによって、実際に入店するのです。

しかし、リテールブランドの認知度の差がどの程度のものなのかについては、実のところ、情報がほとんどありません。そこで、『リテールブランド浸透度調査』では、日本1号店開店から45年の歴史を持つ老舗ブランド「マクドナルド」から、3ヶ月前に日本上陸したばかりのニューフェース「カールスジュニア」まで、福徳社が注目のリテールブランドとしてチョイスした全25ブランドにつき、1都3県在住消費者の認知度・利用経験率とユーザー像を明らかにし、関東マーケットにおけるブランド浸透度を様々な角度から比較分析します。

調査対象ブランドは、マクドナルドモスバーガーフレッシュネスバーガーロッテリアバーガーキングファーストキッチンウェンディーズクア・アイナシェイク シャックカールスジュニアスターバックス コーヒータリーズコーヒーコメダ珈琲店上島珈琲店サンマルクカフェコーヒービーン&ティーリーフブルーボトルコーヒークリスピー・クリーム・ドーナツギャレット ポップコーン ショップスコールド・ストーン・クリーマリーパイフェイスタコベルイケアフライング タイガー コペンハーゲンラッシュロクシタンの26ブランドです。

さて、分析を進める中で、ちょうど5年前に当社が実施した外食リテールブランド調査のことを思い出しました。調査設計が異なるため、ストレートな比較はできないのですが、今回の結果と見比べるといろいろ示唆が得られそうですので、以下に再掲しておきます。

あれから5年が経過し、“その後”どうなったのでしょうか?興味津々ですよね。『リテールブランド浸透度調査』結果はブログでも速報を更新中です。

外食リテールブランド認知度・利用経験率調査(2011年6月)

以下は、当社が2011年6月に実施したインターネット調査のデータです。調査対象者は日本全国の15~64歳の男女で、かつ、月1回以上コーヒーを外食で飲用する消費者。数字は%。青い棒がブランド認知度、黄色い棒が店舗の利用経験率を示します。なお、赤い下線を引いたブランドは、今回の『リテールブランド浸透度調査』でも調査対象としました。

1.集計結果(全国)サンプル数:1294

【青:ブランド認知度 黄:店舗の利用経験率】

2011年飲食リテールブランド認知度・利用経験率

【2011年6月調査(全国):ブランド認知度】(認知度が高かった順)

マクドナルド:95.8%スターバックス:93.3%、ミスタードーナツ:92.5%、モスバーガー:90.7%、ガスト:90.1%、ケンタッキーフライドチキン:89.9%、ドトール:88.7%、バーミヤン:80.1%、びっくりドンキー:78.8%、ロイヤルホスト:77.6%、サイゼリア:76.7%、デニーズ:75.4%、31アイスクリーム:71.6%、タリーズコーヒー:64.6%サンマルクカフェ:69.4%、ココス:64.1%、上島珈琲店:63.8%、ジョナサン:56.5%、サブウェイ:54.6%、ファーストキッチン:53.6%、ドムドム:52.7%、ジョイフル:51.3%、珈琲館:51.1%、ウェンディーズ:43.5%、イタリアントマト:41.3%、喫茶室ルノアール:40.2%、プロント:38.1%、クリスピー・クリーム・ドーナツ:35.9%コメダ珈琲:34.5%、エクセルシオール:32.8%、アフタヌーンティー・ティールーム:30.1%、カフェ・ベローチェ:29.1%、華屋与兵衛:26.9%、Sガスト:26.6%、UCCカフェプラザ:25.5%、カフェ・ド・クリエ:25.0%、ベッカース:21.6%、コーヒーハウス・シャノアール:18.2%、カフェ・コロラド:17.1%、コールド・ストーン・クリーマリー:15.5%、ドーナッツプラント:10.4%、カフェアンドナンド:4.6%、カフェデュモンド:7.7%、ブレンズコーヒー:5.5%、セガフレード・ザネッティ:5.0%、アンティアンズ:2.4%

【2011年6月調査(全国):店舗の利用経験率】(利用経験率が高かった順)

マクドナルド:84.0%スターバックス:76.3%、ミスタードーナツ:71.1%、ドトール:69.7%、ガスト:68.5%、モスバーガー:64.1%、ケンタッキーフライドチキン:60.2%、ロイヤルホスト:50.7%、サイゼリア:50.5%、バーミヤン:45.8%、デニーズ:45.1%、びっくりドンキー:43.9%、タリーズコーヒー:43.5%サンマルクカフェ:41.0%、31アイスクリーム:37.3%、ココス:35.9%、ジョナサン:28.7%、サブウェイ:27.8%、ジョイフル:27.6%、珈琲館:27.3%、喫茶室ルノアール:26.5%、プロント:26.1%、ファーストキッチン:25.2%、イタリアントマト:24.0%、上島珈琲店:23.3%、ドムドム:23.3%、エクセルシオール:21.9%、カフェ・ベローチェ:20.2%、コメダ珈琲:19.2%、アフタヌーンティー・ティールーム:18.9%、ウェンディーズ:18.8%、カフェ・ド・クリエ:16.1%、華屋与兵衛:13.8%、クリスピー・クリーム・ドーナツ:12.6%、ベッカース:11.1%、Sガスト:10.4%、UCCカフェプラザ:8.8%、コーヒーハウス・シャノアール:9.7%、カフェ・コロラド:7.3%、コールド・ストーン・クリーマリー:6.6%、カフェデュモンド:3.9%、ドーナッツプラント:3.3%、セガフレード・ザネッティ:2.7%、ブレンズコーヒー:2.4%、カフェアンドナンド:1.2%、アンティアンズ:0.3%

※下線は『リテールブランド浸透度調査2016』調査対象ブランド

1.集計結果(関東甲信越)サンプル数:451

【青:ブランド認知度 黄:店舗の利用経験率】

2011年飲食リテールブランド認知度・利用経験率

【2011年6月調査(関東甲信越):ブランド認知度】(認知度が高かった順)

マクドナルド:98.0%スターバックス:96.0%、ドトール:95.3%、ミスタードーナツ:95.1%、ガスト:94.7%、モスバーガー:93.3%、ケンタッキーフライドチキン:93.3%、デニーズ:92.2%、バーミヤン:91.4%、サイゼリア:90.2%、ロイヤルホスト:87.6%、ジョナサン:86.7%、びっくりドンキー:80.9%、31アイスクリーム:78.7%、喫茶室ルノアール:76.1%、ココス:76.1%、タリーズコーヒー:80.5%サンマルクカフェ:71.8%上島珈琲店:71.8%、珈琲館:66.7%、ウェンディーズ:65.2%、華屋与兵衛:64.1%、ドムドム:61.2%、プロント:59.4%、イタリアントマト:58.1%、カフェ・ベローチェ:56.1%、エクセルシオール:55.4%、クリスピー・クリーム・ドーナツ:52.1%、ベッカース:50.1%、ジョイフル:42.1%、Sガスト:41.0%、アフタヌーンティー・ティールーム:40.1%、カフェ・ド・クリエ:38.6%、カフェ・コロラド:37.7%、コメダ珈琲:34.5%、UCCカフェプラザ:30.4%、コールド・ストーン・クリーマリー:15.5%、サブウェイ:54.6%、ファーストキッチン:53.6%、コーヒーハウス・シャノアール:18.2%、コールド・ストーン・クリーマリー:27.1%、ドーナッツプラント:21.1%、カフェデュモンド:12.2%、ブレンズコーヒー:11.5%、セガフレード・ザネッティ:11.1%、カフェアンドナンド:8.6%、アンティアンズ:4.2%

【2011年6月調査(関東甲信越):店舗の利用経験率】(利用経験率が高かった順)

マクドナルド:89.1%スターバックス:84.0%、ドトール:82.9%、ガスト:76.9%、ミスタードーナツ:76.1%、モスバーガー:72.3%、デニーズ:70.7%、サイゼリア:70.1%、ケンタッキーフライドチキン:69.8%、バーミヤン:64.3%、ロイヤルホスト:64.3%、ジョナサン:62.5%、タリーズコーヒー:56.5%、喫茶室ルノアール:56.1%、ココス:48.8%、サンマルクカフェ:47.5%、びっくりドンキー:45.2%、31アイスクリーム:46.6%、プロント:44.8%、カフェ・ベローチェ:43.9%、ファーストキッチン:43.7%、サブウェイ:42.4%、珈琲館:41.2%、エクセルシオール:39.5%、ウェンディーズ:35.0%、イタリアントマト:34.4%、華屋与兵衛:34.1%、ドムドム:30.4%、上島珈琲店:28.2%、ベッカース:27.5%、カフェ・ド・クリエ:27.5%、アフタヌーンティー・ティールーム:26.6%、コーヒーハウス・シャノアール:25.5%、クリスピー・クリーム・ドーナツ:22.6%、カフェ・コロラド:18.6%、ジョイフル:16.6%、Sガスト:16.4%、コメダ珈琲:12.9%コールド・ストーン・クリーマリー:11.3%、UCCカフェプラザ:9.5%、ドーナッツプラント:8.4%、セガフレード・ザネッティ:6.7%、カフェデュモンド:6.0%、ブレンズコーヒー:5.3%、カフェアンドナンド:1.2%、アンティアンズ:0.4%

※下線は『リテールブランド浸透度調査2016』調査対象ブランド

 

NEW『リテールブランド浸透度調査2016』レポート(総論編)

リテールブランド浸透度調査2016人気リテールブランドの認知度・利用経験率から消費者へのブランド浸透段階を比較分析することにより、リテーラー成長戦略のベンチマークとなる指標を提供することを目的とした調査「リテールブランド浸透度調査2016レポート(総論編)」(税別2,919円)を、福徳社ストアにてPDFダウンロード販売開始いたしました。【調査対象ブランド】マクドナルド モスバーガー フレッシュネスバーガー ロッテリア バーガーキング ファーストキッチン ウェンディーズ クア・アイナ シェイク シャック カールスジュニア スターバックス コーヒー タリーズコーヒー コメダ珈琲店 上島珈琲店 サンマルクカフェ コーヒービーン&ティーリーフ ブルーボトルコーヒー クリスピー・クリーム・ドーナツ ギャレット ポップコーン ショップス コールド・ストーン・クリーマリー パイフェイス タコベル イケア フライング タイガー コペンハーゲン ラッシュ ロクシタン(全26ブランド)