店舗開発業務入門セミナーを開催します【2018年10月26日(金)13:30於吉祥寺】

「全くの未経験者だが、店舗開発の仕事内容に興味がある」「店舗開発の仕事に関わることになったが、基本的な考え方・やり方から学びたい」「店舗開発部の新人の教育方法で迷っている」・・・といった方、ぜひご参加ください。実務のご経験がなくてもご理解いただけるよう専門用語等も詳しく解説します。

飲食業・小売業・サービス業種などでは、同じ屋号で多店舗をチェーン展開する企業がたくさんあります。そうした企業は、店舗開発スキルを身につけた店舗開発担当者を必要としています。

商業用の不動産の場合、商売に適した立地は数が限られているため、好立地の物件は競合が激しく、テナントとして入居するためには大変な努力が必要です。その中から選ばれるために、対外的に交渉にあたるのが“店舗開発”という業務です。店舗開発部とは、自社ブランドの普及と市場シェアの拡大を使命とする部署で、企業全体が成長するうえで重要なカギを握る部署であるといえます。

しかし、店舗開発という仕事の実のところの業務内容はほとんど知られておらず、勉強しようにも、何を読めばいいのかも、どこに行ったらいいのかも分からないのが現状です。

そこで、福徳社では、店舗開発にご興味のある方、店舗開発を担当される可能性のある方や、店舗開発に携わられて間もない方など、店舗開発というお仕事そのものへの初歩的なガイダンスを必要とされている方を対象に、個人向けセミナーを開催いたします。

弊社の企業内研修プログラム『店舗開発担当者養成講座』で使用しているオリジナルテキストを使用しながら、業務経験のない方にもご理解いただけるよう易しく解説いたしますので、お気軽にご参加ください。

講師プロフィール

加藤 拓   加藤 拓(かとう たく)

市場調査会社にて、日本マクドナルド社GISシステム構築・マクドナルド売上予測モデル構築に携わった後、スターバックス コーヒー ジャパン社店舗開発本部・経営企画室にて、出店戦略立案、物件判断、新規物件の売上予測、既存店舗の売上分析等の店舗開発実務を10年間にわたり担当。(株)福徳社設立後は、多数飲食・小売・サービス業種チェーン企業の店舗開発部門のコンサルタント・社内研修講師として活動中。専門分野:チェーン店出店戦略、店舗開発、売上予測。

杏林大学総合政策学部専任講師(研究分野:出店戦略、サービス・マーケティング、消費者行動の計量分析、マーケティングと企業成果の関連)、目白大学非常勤講師、東京学芸大学非常勤講師、津田塾大学非常勤講師。(著書・論文等の詳細プロフィール

慶應義塾大学商学部卒、東京工業大学大学院総合理工学研究科修士課程修了、コペンハーゲンビジネススクール留学、慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得退学。宅地建物取引士(登録番号:東京 第242957号)。

セミナー概要

  1. ある会社の店舗開発担当に着任したら?初日から何をしなければならないか? ~既存店の分析/物件情報の収集(路面店舗の場合・施設内店舗の場合・他)~
  2. 店舗開発部とは? ~何をする部署か?/店舗開発担当者の心構え/店舗開発部と店舗運営部の話がかみ合わない理由~
  3. 商業物件と住宅物件の違い ~賃貸人(地主)と賃借人(テナント)の力関係/出店した店舗が不採算になってしまったら?~
  4. 店舗開発のプロセスと業務フロー
  5. 店舗の売上を規定する要因 ~良い立地とは?売れる立地とは?/店舗の売上を左右する要因~
  6. 商圏についての基礎知識 ~商圏は円形ではない/商圏を分断・侵食するもの~
  7. 新規出店前の主な協議事項
  8. 立地評価の方法 ~お客様の入店までの過程~
  9. 地図の“読み方”
  10. 立地判断ケーススタディ
  11. スキルアップのための具体的方法 ~店舗開発担当者が習慣づけるべきこと~
開催日時 2018年10月26日(金) 13:30~16:30(受付開始 13:15)

※講師は17:00まで会場におりますので、個別のご質問等があればお受けします。

会場 武蔵野商工会議所(JR中央線吉祥寺駅下車 北口 徒歩5分)
受講料 10,000円(税込) 教材費含む
定員 8名

お申込み・詳細はこちら