【新講座開講】「『店舗開発という仕事』商業施設へのアプローチ編」セミナー

最近、弊社のセミナーを受講いただいた皆様などから、商業施設へのアプローチ方法や営業方法に関するお問い合わせ・ご質問が増えてきました。

確かに、商業施設への営業方法は、路面店の営業方法とは異なる点があります。

最近は立地や規模等のタイプは様々ですが商業施設の開発が進み、テナント企業にとって商業施設への出店立地の依存度は高まる傾向にあると言えます。日本は世界的にも鉄道で移動する人の割合が都心部を中心に高い国です。郊外のみならず都市部でも駅ビルの開発・再開発、増床が頻繁に行われ、更には郊外型店舗の都市部進出も進んでいます。都市部では商業施設がその街全体の商業的な集客力を高めると同時に、増えた客を自社の施設を通じて囲い込む競争が繰り広げられています。

こうした中、テナント企業の店舗開発担当者は、従来の路面店の開発営業のように自社の特徴や特殊条件、自社の都合等を切々と商談で話すだけでは競争の土俵にも乗ることができない場合が多いものです。

では、それに対していかにすべきか?にお応えすることを目的として、「『店舗開発という仕事』商業施設へのアプローチ編」セミナーを、2019年2月15日(金)に新規開講いたします。本日よりお申込み受付を開始しました。詳しくはこちらをご覧ください。

現在、テナントの商業施設への出店プロセスに関するディベロッパーへの取材、商業施設出店の開発実績が豊富な店舗開発担当者の経験談のヒアリング等を重ね、それらの内容の自身の経験則も踏まえて体系化を進めており、本講座のためのオリジナルテキストを執筆中です。書き進めるにつれて、商業施設への出店では、路面店の場合とは異なる“心構え”のようなものがあることに気づかされます。本セミナーで初公開となりますので、どうぞご期待ください。

講師プロフィール

加藤 拓   加藤 拓(かとう たく)

市場調査会社にて、日本マクドナルド社GISシステム構築・マクドナルド売上予測モデル構築に携わった後、スターバックス コーヒー ジャパン社店舗開発本部・経営企画室にて、出店戦略立案、物件判断、新規物件の売上予測、既存店舗の売上分析等の店舗開発実務を10年間にわたり担当。福徳社設立後は、多数飲食・小売・サービス業種チェーン企業店舗開発部門のコンサルタント・社内研修講師として活動中。専門分野:チェーン店出店戦略、店舗開発、売上予測。

杏林大学総合政策学部専任講師(研究分野:出店戦略、サービス・マーケティング、消費者行動の計量分析、マーケティングと企業成果の関連)、目白大学非常勤講師、東京学芸大学非常勤講師。(著書・論文等の詳細プロフィール

慶應義塾大学商学部卒、東京工業大学大学院総合理工学研究科修士課程修了、コペンハーゲンビジネススクール留学、慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得退学。宅地建物取引士(登録番号:東京 第242957号)。

開催日時 2019年2月15日(金) 13:30~16:30(受付開始 13:15)
※講師は17:00まで会場におりますので、個別のご質問等があればお受けします。
会場 武蔵野商工会議所(JR中央線吉祥寺駅下車 北口 徒歩5分)
受講料 10,000円(税込) 教材費含む
お支払方法 銀行振込 又は クレジットカード決済(Eチケット購入) ※請求書・領収書発行可
定員 各回 8名

 

詳細・お申込みはこちら