Press "Enter" to skip to content

Posts published in “東京チカラめし”

続・やってしまった出店『東京チカラめし』1|マジック5となった存続店舗の立地は?

プロ野球のマジックナンバーと同じように少しずつ減って残り「5」となっているのは、かつて凄まじいスピードで急成長した外食チェーン『東京チカラめし』の店舗数です。粘り強く最後まで残った場所の特徴を見ておくことは、今後の出店を考える上で意味のあることと思われます。

2017年に総店舗数が最も増えた・減ったブランドは?【牛丼・丼もの編】

店舗数が増えたのは1位豚屋とん一2位ローストビーフ星3位えびのや。2017年に最も店舗数を減らした屋号トップ3は1位すき家2位 かつてん3位 なか卯3位 ザ・どん。減少率のトップ3は1位かつてん2位ザ・どん3位すき家0.6%減。話題に上ったすためし、東京チカラめしは変動なしでした。

やってしまった出店『東京チカラめし』3|閉店リストから読み取れること

『東京チカラめし』閉店店舗リストから読み取れることは、危険な立地に多く出店していたこと、見境ない出店をしていたこと。しかも短期間に一気に出店し思うように顧客層が広がらず、高額な賃料等の経費負担に耐えられずキャッシュアウトの生る店舗を次々と閉めざるを得なかった様子が窺えます。

やってしまった出店|『東京チカラめし』不振に陥った理由を考える

東京チカラめし閉店店舗リスト掲載。不振に陥った原因を立地選定方法という側面から考えます。愛知県の居酒屋チェーンが首都圏にこれだけの数の店舗を開業すること自体はポジティブに捉えることもできますが、多少立地が劣っても東京は人が多いからという理由で展開していなかったか?

やってしまった出店|『東京チカラめし』高速出店のその後は?

『東京チカラめし』の高速出店の“その後”を振り返り、記憶に留めておくことは有意義と考え、調べてみました。要は、『東京チカラめし』はうまくいかなかったのですが、不振に陥った理由は何でしょうか?有価証券報告書から読み解きます。

PAGE TOP