福徳社|チェーン店出店戦略リサーチ&コンサルティング

福徳社ブログ

  • HOME »
  • 福徳社ブログ

出店に関する法則の考察【1】富士森公園前『たま家』跡地・続報

以前、当ブログでウォッチしていた八王子市富士森公園脇のラーメン店『横浜家系らーめん たま家』があった区画のその後に関する続報です(参照:過去記事「たま家富士森公園店閉店を受けて」)。 コンビニエンスストア(サンクス)、飲 …

弊社セミナー「上級編」の内容がイギリスで出版されます

弊社の今後の国際展開を見据えて、この2~3か月にわたり、英国のある出版社と書籍の出版に向けた契約交渉をしておりましたが、先日ようやく契約がまとまりました。 近い将来、チェーン店出店における出店戦略・エリア戦略の基礎理論や …

店舗網の健康診断『餃子の王将』の巻【2】都道府県別店舗数データをどう読むか?

餃子の王将の店舗網の状況を知るための取り掛かりとして、餃子の王将のホームページに掲載されているこちらの地図をご覧ください。> https://www.ohsho.co.jp/shop/ 北は北海道から南は九州まで全国的に …

店舗網の健康診断『餃子の王将』の巻【1】店舗網の健康診断の必要性

店舗開発では「店舗をどういう立地に出店するべきか」という、個々の店舗の出店判断に関する問題に焦点が当たることが多いですが、これからしばらく、いくつかの企業を例に“店舗網”という観点で会社を捉えることを試みます。“店舗網” …

商業施設の“先発・中継ぎ・抑え”テナント考“中締め”【5】イメージ醸成と多店舗化

前回の続きです。昨年6月に開業したばかりの大型SC『イーアス高尾』テナントを「SCLC」(商業施設ライフサイクル論)の観点で捉える試みをしてみましたが、ここで“中締め”をしたいと思います。 多店舗化の際には、ただ利益のと …

商業施設の“先発・中継ぎ・抑え”テナント考【4】“先発”『スリープセレクト』の多店舗展開

前回に引き続き、今回は『スリープセレクト』の展開を見てみます。 同社ホームページに2018年3月6日にアクセスしたところ、8店舗を展開しており、内訳は以下のとおりです。 札幌市中央区 1店 仙台市青葉区 1店 東京都内  …

商業施設の“先発・中継ぎ・抑え”テナント考【3】“先発”『ヨギボー』の多店舗展開

前回の続きです。昨年6月に開業したばかりの大型SC『イーアス高尾』を半年弱で降板してしまった“先発”テナント『ヨギボー』の出店、多店舗化の足跡を振り返ってみたいと思います。 ホームページによれば、“世界100店記念”のセ …

商業施設の“先発・中継ぎ・抑え”テナント考【2】“先発”スリープセレクトとヨギボーの共通点

冬季オリンピックが終わり、オープン戦が始まりました。 前回に続き、昨年6月に開業したばかりの大型SC『イーアス高尾』を「SCLC」(商業施設ライフサイクル論)の観点で捉える試みの続きです。 先日訪問したところ、開業時から …

『プレミアムフライデー』1周年に感謝をこめて

『プレミアムフライデー』が導入されてから昨日2月23日でちょうど一年、という新聞記事がありました。 思い返せば、その話に触発されて、弊社が“金曜日”を中心に店舗開発に関するセミナーを開催する準備を開始したのもちょうど一年 …

商業施設における“先発・中継ぎ・抑え”テナント考【1】商業施設ライフサイクルとは

このところ会合等が重なり、ブログ更新が滞り申し訳ございません。 さて、冬季オリンピックがたけなわですが、これが終わるころにはプロ野球のオープン戦が始まります。 野球では、誰が中軸を打つか?先発ローテーションに入る投手は誰 …

オリジナル地理問題です。【答】人口増減データを都道府県別に見ると?

前回の問題を再掲します。 【オリジナル地理問題 問】 平成28年10月1日時点の日本の人口推計によれば、平成27年から平成28年の2年連続で人口が増加している県が東京都のほかに6つあります。 平成28年の人口増減率1位は …

オリジナル地理問題です。【問】人口増減データを都道府県別に見ると?

少し前になりますが、今年の1月22日に平成28年10月1日時点の日本の人口推計が発表されました。 このニュースは店舗開発担当の方が良く把握する必要があります。 総人口は減り、増えたのは65歳以上の人口だけなのですが、重要 …

「はれのひ」事件を繰り返さないために必要な“出店”判断の知見とは?

本日1/27の東京新聞・朝刊一面には、振り袖販売・レンタル業者「はれのひ」破産の記事が大きく掲載されています(「はれのひ」破産 負債額10億円 社長が謝罪会見)。 謝罪の時期が遅いとか、負債総額がいくらとか、騙すつもりが …

店舗開発の仕事に求められる知識とは?【2】エクセル・統計スキルは“説得の武器”

意外と広い“店舗開発の実務に必要な周辺知識”~エクセル・統計スキル編~ 「そこに出店して売れるのか」と聞かれたら? 会社で資料等を作成したり、店舗の売上を確認したりする際にエクセルをお使いの方は多いと思います。人によって …

店舗開発の仕事に求められる知識とは?【1】“働き方改革”に向けたスキルアップを

働き方改革、残業時間の短縮など働く人の生産性向上が強く求められるようになりつつあるようです。そんなご時世にビジネス・パーソンが現実的に望むことは「実務ですぐに使えるように“編集”された知識を手っ取り早く身につけたい」とい …

続・店舗開発とセンター試験。地理B第3問・問5の城下町は恐らく“滋賀県の彦根”

昨日とりあげたセンター試験地理B第3問・問5の問題の「城下町としての歴史を持つ日本のある都市」は、いくつかの情報筋から、“滋賀県の彦根”のようです。西側に水域があり、JR鉄道が南北に走っているため、彦根は一瞬頭にはよぎり …

店舗開発とセンター試験。地理B第3問・問5の城下町はどこ?

今日は気分転換に時事ネタです。関西の大学の監督教員が居眠りしたり、ムーミンがどこの国と関係しているかが話題になったり、受験していなくてもニュースを見聞きする大学入試センター試験ですが、店舗開発に関係する問題はないかと探し …

チェーン店新店の売上予測が「当たらない」ときに考えるべきこと

チェーン店本部が売上予測モデルを作ってみたものの、「新店の売上予測が当たらない」「出店前の予測と実際の値に乖離(かいり)があり困っている」などはよく耳にする話です。そうした問題に対して、これまで企業様のお手伝いさせていた …

“君の名は。”【下】イーアス高尾・続報

前回の続きです。イーアス高尾の閉鎖店舗(恐らく第一号)は、フラワーショップ“和ばな”でした。 和ばなのサイト(http://www.wabana.info/)によれば、 「和ばなは、パリの片田舎にあるお花畑をイメージさせ …

“君の名は。”【上】イーアス高尾・続報

今回は軽く短めに。 12月に入り今年を振り返ったり、総括したりする内容のニュースが増えました。だからという訳ではないのですが、今年6月に開業した“イーアス高尾”の続報です。 ■ 開業日のブログ記事はこちら→八王子市最大級 …

小型船舶操縦士免許取得のススメ【5】スピードを上げて真っ直ぐ進む必要性

前回の続きです。さて、他の船やヨットに当てないようにして港を出ました。その先も怖いことがあります。 海は海でも陸に近い辺りは浅瀬であることが多く、水面を見ているだけでは分からない岩礁があり、闇雲に操縦すると船底がそれに当 …

小型船舶操縦士免許取得のススメ【4】分相応の目的地に安全に辿り着くために

前回の続きです。小型船舶操縦士1級免許をとって100海里まで目指して出発したとして、100海里までたどり着けるでしょうか? 100海里とは185.2km沖合ですが、恐らくたどり着かない、仮に着いたとしても港に返ってくるこ …

小型船舶操縦士免許取得のススメ【3】100海里まで辿り着けるか?という問題

前回の続きで、休日ということで余談を少々。 私がお世話になった教習所株式会社エム・エル・エーさんのホームページによると、1級と2級では操縦可能なボートの大きさとどこまで行けるかに関して次のような違いがあります。 1級 ボ …

小型船舶操縦士免許取得のススメ【2】多店舗展開の“海上”と“陸上”の発想

前回の続きです。車の運転を“陸上の発想”、船の運転を“海上の発想”と名付けると、多店鋪展開は、現実は“海上の発想”で進んでいるのですが、関わっている人々は“陸上の発想”を用いているとはどういうことか? よく聞く話に、既存 …

小型船舶操縦士免許取得のススメ【1】船の操縦と多店舗展開の共通点

突然ですが、皆さんは船の操縦をなさったことがありますか? 私は10年ほど前に海の近くに住んでいたため、また、好きな釣りでも使えると思い、小型船舶操縦士1級のライセンスを取得しました。その際に、船の操縦と多店舗展開には共通 …

小説で学ぶ店舗開発・松本清張『点と線』(2)

ある国家試験の受験準備のため記事の更新が滞りましたが、無事に試験も終了しましたため再開します。前回の続きです。 刑事は、あいつが犯人に違いない、という“直感”のようなものが先にあり、それが仮説となり、その仮説を証明するた …

小説で学ぶ店舗開発・松本清張『点と線』(1)

最近、固い話が続いていますので、ちょっと一息です。 この時期、ノーベル賞の受賞者の発表に関連するニュースをよく耳にします。私は物理・化学はサッパリで詳しいことは分かりませんが、何十年も研究を重ねた結果○○の存在を確認した …

店舗開発という仕事が「分かられていない」理由【3】分かってもらうためには(2)

引き続き固い話ですが、なぜ“店舗はあって当然”、“店は簡単に開けられる”と思われてしまうのか?の前回からの続きです。 これはマーケティング領域の知識に偏りがあることにも原因があります。小売やサービスを研究対象としている研 …

店舗開発という仕事が「分かられていない」理由【2】分かってもらうためには(1)

前回の続きです。昨日、業界トップクラスの某レストランチェーンの店舗開発部長と面会する機会がありましたが、やはり出ました、“「店舗開発なんて誰でも出来るんだろう?」と言う役員がいる”という話。 彼自身は大変優秀な開発マンで …

店舗開発という仕事が「分かられていない」理由【1】なぜ分かってもらえないか?

多店舗化するチェーン企業において、「店舗開発」という機能は必要不可欠なものです。「店舗開発」業務を担当されている方の数は相当数にのぼると思われます。 それにも関わらず、「店舗開発」「立地開発」という言葉は経営においてもメ …

店舗開発というお仕事
1 2 3 15 »

福徳社からのお知らせ

『店舗開発という仕事〔入門編+上級編〕』1日集中セミナー開講【6/22(金)於吉祥寺】

お急ぎの方や遠方よりご参加の方のために、「店舗開発という仕事」入門編(店舗開発業務入門)+上級編(エリア戦略・出店戦略入門)の内容を1回で速習する1日集中コースを実施します。

『店舗開発という仕事〔入門編〕』セミナー開講【7/6(金)於吉祥寺】店舗開発業務入門

3時間で基本をマスター!店舗開発に興味のある方、携わられて間もない方などを対象に、店舗開発業務の基礎知識、立地判断の基本やスキルアップ術を実務に即して具体的に解説します。

店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門『既存店分析実践・売上予測モデル作成編』セミナー開講【2018年7月20日(金)於吉祥寺】

チェーン企業の店舗開発担当者がマスターすべき既存店分析と売上予測の具体的な方法を実践演習を交えて解説。統計学とエクセルスキルの中で、仕事に必要な部分だけをまとめてご説明します。

『店舗開発という仕事〔上級編〕』セミナー開講【6/8(金)於吉祥寺】~出店戦略入門~

3時間で基本をマスター!チェーン店店舗開発・事業開発等のご関係者が知っておくべき「エリア戦略」や「出店戦略」の概論と具体的な立案方法を実務に即して解説します。

最近の投稿

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 2018 株式会社福徳社 FUKUTOKUSHA K.K. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.