福徳社|チェーン店出店戦略リサーチ&コンサルティング

福徳社ブログ

  • HOME »
  • 福徳社ブログ

オリジナル地理問題です。【答】人口増減データを都道府県別に見ると?

前回の問題を再掲します。 【オリジナル地理問題 問】 平成28年10月1日時点の日本の人口推計によれば、平成27年から平成28年の2年連続で人口が増加している県が東京都のほかに6つあります。 平成28年の人口増減率1位は …

オリジナル地理問題です。【問】人口増減データを都道府県別に見ると?

少し前になりますが、今年の1月22日に平成28年10月1日時点の日本の人口推計が発表されました。 このニュースは店舗開発担当の方が良く把握する必要があります。 総人口は減り、増えたのは65歳以上の人口だけなのですが、重要 …

「はれのひ」事件を繰り返さないために必要な“出店”判断の知見とは?

本日1/27の東京新聞・朝刊一面には、振り袖販売・レンタル業者「はれのひ」破産の記事が大きく掲載されています(「はれのひ」破産 負債額10億円 社長が謝罪会見)。 謝罪の時期が遅いとか、負債総額がいくらとか、騙すつもりが …

店舗開発の仕事に求められる知識とは?【2】エクセル・統計スキルは“説得の武器”

意外と広い“店舗開発の実務に必要な周辺知識”~エクセル・統計スキル編~ 「そこに出店して売れるのか」と聞かれたら? 会社で資料等を作成したり、店舗の売上を確認したりする際にエクセルをお使いの方は多いと思います。人によって …

店舗開発の仕事に求められる知識とは?【1】“働き方改革”に向けたスキルアップを

働き方改革、残業時間の短縮など働く人の生産性向上が強く求められるようになりつつあるようです。そんなご時世にビジネス・パーソンが現実的に望むことは「実務ですぐに使えるように“編集”された知識を手っ取り早く身につけたい」とい …

続・店舗開発とセンター試験。地理B第3問・問5の城下町は恐らく“滋賀県の彦根”

昨日とりあげたセンター試験地理B第3問・問5の問題の「城下町としての歴史を持つ日本のある都市」は、いくつかの情報筋から、“滋賀県の彦根”のようです。西側に水域があり、JR鉄道が南北に走っているため、彦根は一瞬頭にはよぎり …

店舗開発とセンター試験。地理B第3問・問5の城下町はどこ?

今日は気分転換に時事ネタです。関西の大学の監督教員が居眠りしたり、ムーミンがどこの国と関係しているかが話題になったり、受験していなくてもニュースを見聞きする大学入試センター試験ですが、店舗開発に関係する問題はないかと探し …

チェーン店新店の売上予測が「当たらない」ときに考えるべきこと

チェーン店本部が売上予測モデルを作ってみたものの、「新店の売上予測が当たらない」「出店前の予測と実際の値に乖離(かいり)があり困っている」などはよく耳にする話です。そうした問題に対して、これまで企業様のお手伝いさせていた …

“君の名は。”【下】イーアス高尾・続報

前回の続きです。イーアス高尾の閉鎖店舗(恐らく第一号)は、フラワーショップ“和ばな”でした。 和ばなのサイト(http://www.wabana.info/)によれば、 「和ばなは、パリの片田舎にあるお花畑をイメージさせ …

“君の名は。”【上】イーアス高尾・続報

今回は軽く短めに。 12月に入り今年を振り返ったり、総括したりする内容のニュースが増えました。だからという訳ではないのですが、今年6月に開業した“イーアス高尾”の続報です。 ■ 開業日のブログ記事はこちら→八王子市最大級 …

小型船舶操縦士免許取得のススメ【5】スピードを上げて真っ直ぐ進む必要性

前回の続きです。さて、他の船やヨットに当てないようにして港を出ました。その先も怖いことがあります。 海は海でも陸に近い辺りは浅瀬であることが多く、水面を見ているだけでは分からない岩礁があり、闇雲に操縦すると船底がそれに当 …

小型船舶操縦士免許取得のススメ【4】分相応の目的地に安全に辿り着くために

前回の続きです。小型船舶操縦士1級免許をとって100海里まで目指して出発したとして、100海里までたどり着けるでしょうか? 100海里とは185.2km沖合ですが、恐らくたどり着かない、仮に着いたとしても港に返ってくるこ …

小型船舶操縦士免許取得のススメ【3】100海里まで辿り着けるか?という問題

前回の続きで、休日ということで余談を少々。 私がお世話になった教習所株式会社エム・エル・エーさんのホームページによると、1級と2級では操縦可能なボートの大きさとどこまで行けるかに関して次のような違いがあります。 1級 ボ …

小型船舶操縦士免許取得のススメ【2】多店舗展開の“海上”と“陸上”の発想

前回の続きです。車の運転を“陸上の発想”、船の運転を“海上の発想”と名付けると、多店鋪展開は、現実は“海上の発想”で進んでいるのですが、関わっている人々は“陸上の発想”を用いているとはどういうことか? よく聞く話に、既存 …

小型船舶操縦士免許取得のススメ【1】船の操縦と多店舗展開の共通点

突然ですが、皆さんは船の操縦をなさったことがありますか? 私は10年ほど前に海の近くに住んでいたため、また、好きな釣りでも使えると思い、小型船舶操縦士1級のライセンスを取得しました。その際に、船の操縦と多店舗展開には共通 …

小説で学ぶ店舗開発・松本清張『点と線』(2)

ある国家試験の受験準備のため記事の更新が滞りましたが、無事に試験も終了しましたため再開します。前回の続きです。 刑事は、あいつが犯人に違いない、という“直感”のようなものが先にあり、それが仮説となり、その仮説を証明するた …

小説で学ぶ店舗開発・松本清張『点と線』(1)

最近、固い話が続いていますので、ちょっと一息です。 この時期、ノーベル賞の受賞者の発表に関連するニュースをよく耳にします。私は物理・化学はサッパリで詳しいことは分かりませんが、何十年も研究を重ねた結果○○の存在を確認した …

店舗開発という仕事が「分かられていない」理由【3】分かってもらうためには(2)

引き続き固い話ですが、なぜ“店舗はあって当然”、“店は簡単に開けられる”と思われてしまうのか?の前回からの続きです。 これはマーケティング領域の知識に偏りがあることにも原因があります。小売やサービスを研究対象としている研 …

店舗開発という仕事が「分かられていない」理由【2】分かってもらうためには(1)

前回の続きです。昨日、業界トップクラスの某レストランチェーンの店舗開発部長と面会する機会がありましたが、やはり出ました、“「店舗開発なんて誰でも出来るんだろう?」と言う役員がいる”という話。 彼自身は大変優秀な開発マンで …

店舗開発という仕事が「分かられていない」理由【1】なぜ分かってもらえないか?

多店舗化するチェーン企業において、「店舗開発」という機能は必要不可欠なものです。「店舗開発」業務を担当されている方の数は相当数にのぼると思われます。 それにも関わらず、「店舗開発」「立地開発」という言葉は経営においてもメ …

店舗開発というお仕事

「倒産情報」に学ぶ【2】創拓社出版(個別指導塾、家庭教師派遣)のケースの読み方

忙しさにかまけて遅れてしまいましたが、株式会社創拓社出版の倒産情報についてです。前回掲載した「株式会社創拓社出版」のケースをどう読むべきかをお話したいと思います。↓ 【帝国データバンク】株式会社創拓社出版(個別指導塾、家 …

「倒産情報」に学ぶ【1】株式会社創拓社出版(個別指導塾、家庭教師派遣)のケース

私は学生や実務家の方々に“倒産情報”を定期的にチェックすることをオススメしています。 巷には成功した企業の事例を紹介・解説する書籍が目立ちますが、それは読み物としてはおもしろいのかもしれません。しかし、今後の実務上の教訓 …

dictionary

上海“徹底現調”レポート【18・最終回】出店すべき場所は想像以上に限られている、という話

8月に2週間上海に滞在して見聞した情報をもとに、1か月ほど『上海“徹底現調”』シリーズのブログを連載してまいりました(一本目の記事はこちら)。まだまだ書きたいことはあるのですが、夏も終わりということで当ブログもそろそろ国 …

上海“徹底現調”レポート【17】上海人の地理的な移動行動(基本は日本と同じ。違うのは?)

日本と上海で大差があるものは何か?人口はもちろんですが、それ以上に痛感するのは土地の広さです。日本は通りの幅が狭い一方で、上海は通りの幅が広く、かつ、歩行者優先ではない交通ルールも手伝って、渡るのが非常に億劫です。またあ …

上海“徹底現調”レポート【16】中国資本で成功したカフェ『Wagas』の集客力

『星巴克珈琲』はスターバックスコーヒーの中国語表記です。ここが繁盛したお陰で、上海でもコーヒーショップが大変増えたそうです。多くのブランドが誕生する中で、成功し定着したものは数少なかった中、成功したと言えるものが『Wag …

Wagas_Cafe_Shanghai

上海“徹底現調”レポート【15】中山公園『加楽福(カルフール)』で買物

地下鉄2号線で「南京西路」駅から「静安寺」方面へ3つ行くと「中山公園」駅があります。 ここは大きな公園があり、その周辺に商業施設や住宅等が集積するエリアです。例えれば井の頭公園や、「南京西路」や「淮海中路」周辺といった中 …

上海“徹底現調”レポート【14】新しい路線「地下鉄13号線」の特徴

前回までツアーした「淮海中路」は“南京西路から地下鉄13号線を使って一つ目の駅です”ということをお話ししましたが、13号線と数字が大きいことからもわかるとおり、上海の地下鉄のなかでもかなり新しい路線です。新しい路線の地下 …

人民広場駅構内

上海“現調”コラム(10)レジで必ず聞かれる『ヤオ タイ マ?』とは

「ヤオ タイ マ?」 これは上海のコンビニやスーパー等で買い物をするときに、レジで必ずきかれる質問です。今回の滞在中もほぼ毎日耳にしました。 「ヤオ」は要求の「要」という字で“いる、必要とする“の意味です。最後の「マ」は …

『全家』(ファミリーマート)

上海“徹底現調”レポート【13】繁華街「淮海中路」ツアー(4)商業施設『K11』とは?

昨日に続き「淮海中路」ツアーを続けます。「淮海中路」をさらに進むと「重慶南路」という太い通りにぶつかります。ここは歩道橋がありますので、そこを越えます。「重慶南路」クラスの通りはマーケットを分断する力がすさまじく大きいた …

K11

上海“徹底現調”レポート【12】繁華街「淮海中路」ツアー(3)行列のできる鴨肉店、包店

前回の続きで「淮海中路」ツアーを続けます。このシリーズは(4)まで続くのですが、重要なエリアは(1)と(2)で、あとは流すように歩くだけでも良いと思いますし、お疲れの場合はカットでもよいかもしれませんが、とりあえず前進し …

淮海中路
1 2 3 15 »

福徳社メールマガジン(無料)

最新セミナー情報、店舗開発関連最新データ・コメント等を毎月初に配信しています。
メールアドレス
バックナンバー

福徳社からのお知らせ

『店舗開発という仕事〔上級編〕』セミナー開講【3/17(土)於吉祥寺】~出店戦略入門~

3時間で基本をマスター!チェーン店店舗開発・事業開発等のご関係者が知っておくべき「エリア戦略」や「出店戦略」の概論と具体的な立案方法を実務に即して解説します。

『店舗開発という仕事〔入門編+上級編〕』1日集中セミナー開講【3/10(土)於吉祥寺】

お急ぎの方や遠方よりご参加の方のために、「店舗開発という仕事」入門編(店舗開発業務入門)+上級編(エリア戦略・出店戦略入門)の内容を1回で速習する1日集中コースを実施します。

『店舗開発という仕事〔入門編〕』セミナー開講【3/3(土)於吉祥寺】~店舗開発業務入門~

3時間で基本をマスター!店舗開発に興味のある方、携わられて間もない方などを対象に、店舗開発業務の基礎知識、立地判断の基本やスキルアップ術を実務に即して具体的に解説します。

店舗開発担当者のためのエクセル・統計入門『既存店分析実践・売上予測モデル作成編』セミナー開講【2018年3月24日(土)於吉祥寺】

チェーン企業の店舗開発担当者がマスターすべき既存店分析と売上予測の具体的な方法を実践演習を交えて解説。統計学とエクセルスキルの中で、仕事に必要な部分だけをまとめてご説明します。

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 2016 株式会社福徳社 FUKUTOKUSHA K.K. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.