Press "Enter" to skip to content

株式会社福徳社 | 出店戦略・店舗開発リサーチ&コンサルティング

コンビニ客数減対策について思うこと【2】既存店駐車場台数とコロナ禍での店舗売上の関係

コンビニに限らずロードサイド店舗では、既存店駐車場台数とコロナ禍での店舗売上の関連を分析しておくことをおすすめします。駐車場台数が十分にある店舗は客数を獲得でき、客単価も高くなることも期待できます。不十分であったり店舗が敷地入り口から離れていたりすると客数の伸びに限界が生じます。

コンビニ客数減対策について思うこと【1】特にコロナ禍で客数に影響する要因は何か?

CVS大手三社の格差が鮮明になっており、既存店の客数の落ち込みがファミリーマートとローソンはセブンイレブンより5ポイント近く大きく、セブンイレブンは客単価の増加が最も大きかったことが主な原因だそうです。特にコロナ禍の状況で、特に強く客数に影響すると考えられる要因は何でしょうか?

沖縄初出店から1年以上経過したセブンイレブンの今|県内店舗展開、その後の経緯(続報の続報)

沖縄セブンイレブン店舗展開経緯の続報です。昨年末時点で67店舗、今年に入ってから12店舗増加し、2月23日時点で79店舗を展開しています。出店すべき自治体は出しつくしたようで、新たに出店した自治体はなく、浦添市と沖縄市ではほぼ半月おきに追加出店が進んでいる様子が分かります。

業態別出店“局地戦”レポート【学習塾編】4|相模原市緑区の激戦区・空白地域は?

相模原市緑区はリニアの駅ができる橋本駅があり、40の塾が存在し、中央区、南区と同様に橋本駅周辺に35%が集中しています。橋本高等予備校という橋本で40年以上の歴史を誇る予備校もあります。これを見ると学習塾の出店と公立中学校の立地とは相関があまりないことが分かります。

業態別出店“局地戦”レポート【学習塾編】3|相模原市南区の激戦区・空白地域は?

相模原市南区は小田急線と江ノ島線が合流する相模大野駅があり、中央区に比べて中心地がはっきりしています。学習塾は59件ありますが、その出店はどのようになっているかを見てみます。激戦区は相模大野駅近接の相模大野3丁目と7丁目で南区全体の25%弱の14店舗が集中しています。

業態別出店“局地戦”レポート【学習塾編】2|相模原市中央区の激戦区・空白地域は?

相模原市中央区では、臨海セミナーをはじめとする大手塾が主要駅の周辺に集中しています。駅周辺以外の激戦区に出店しているのは地元系の塾が中心で、上溝バイパスと相模川に挟まれた工場や工業団地が目立つ地域であることが分かります。一方、出店の空白領域もあることが見てとれます。

業態別出店“局地戦”レポート【学習塾編】1|相模原市内の区別・地区別店舗数分析

相模原市に注目してみます。学習塾の“局地戦”商圏は小さいことが考えられ、自治体別店舗数データでは分析が大雑把すぎます。区別店舗数は中央区69件、南区59件、緑区42件…これでもまだ解像度が低い。そこで顕微鏡の倍率を上げるように、各区の中の地区別の店舗数を調べてみました。

「銀座最大級の商業施設GINZA SIXで大量閉店」のニュースを受けて~館の“選球眼”を養う必要性~

大量閉店に関するニュースには、コロナ以前から生じていた“大型商業施設は大型だから安心とは言えなくなった”傾向が反映していると見るべきです。今後中長期的な視点で大型商業施設への出店を検討する場合、エリアの商業面の発展の経緯、立地上の利便性といった観点から選ぶ眼が必要です。

学習塾・予備校多店舗化の危険な兆候5|『臨海セミナー』出店拡大の軌跡(2010年代)

2010年代は出店高速化がさらに進み、店舗網が首都圏だけでなく関西にまで拡大。2極展開とは景気が良い話に聴こえますが、店舗網広域化、しかも地盤市場から離れた展開は、教育サービス業では危険視せざるを得ません。本社も立派になられ、組織的変化の著しい様子もうかがえます。

学習塾・予備校多店舗化の危険な兆候4|『臨海セミナー』出店拡大の軌跡(2000年代)

2000年代は夏休みのスタンプラリーのような出店が続きました。教室数は約3.5倍に。セレクトの増加、様々な鉄道沿線の駅に出店を重ね、教室数200未満段階で教室網は1都3県に拡大。神奈川県内追加出店も行われましたが、出店エネルギーは圧倒的に面的拡大に向けて注がれていたと言って良いでしょう。

学習塾・予備校多店舗化の危険な兆候3|『臨海セミナー』出店拡大の軌跡(1990年代)

臨海セミナーの多店舗化は1990年代の前半に出店スピードがやや上がり、対象を高校生に広げました。90年代後半にはさらに店舗数が4倍弱になっています。特に従業員の人的能力が重要な意味を持つ業界で、人的能力育成が教室数増加ペースに追い付いていたのかについては気にかかるところです。

学習塾・予備校多店舗化の危険な兆候2|『臨海セミナー』教室拡大の軌跡を振り返る視点

臨海セミナーの教室拡大の軌跡を振り返る際の視点・観点を共有させていただきます。学習塾は対象生徒の年齢が低くなるにつれて個々の教室の“商圏”は狭くなります。授業料を支払う人と、実際に授業を受ける人が異なる点が教育サービスならではの特徴で、狭い地域での競合も激しいものとなりがちです。

学習塾・予備校多店舗化の危険な兆候1|『臨海セミナー』問題の根本的な原因

学習塾「臨海セミナー」の勧誘方法等が問題となっていますが、根本的な原因は、会社の方針とそれに付随した多店舗化の方法にあったように思えてなりません。どのような教室拡大の軌跡を辿ったのか振り返りつつ、弊社の学習塾多店舗化に関する考え方に照らしながら考察を加えます。

沖縄初出店から1年以上経過したセブンイレブンの今|県内店舗展開、その後の経緯(続報)

セブンイレブンの沖縄県での展開は、消費者の間で普及した業態が未出店のエリアをどのように面的にカバーしてういくかに関する“貴重な記録”と言えますので、定期的に共有させていただきたいと思います。

「閉店戦略」論2|企業全体の効率を考えた“積極的な閉店”の考え方〜ジョイフルの例〜

北海道から九州まで店舗があるのが良しとされない場合もあるのです。ジョイフルの北海道撤退は、企業全体の効率性を考え、本拠地から最も離れた孤立した1店舗を早い段階で潔く閉店した“積極的な閉店”であり、地震やコロナはその後押しをしたに過ぎないと考えることもできます。

「閉店戦略」論1|店をどう開けるべきか。だけでなく、どう閉めるべきか?も重要

新規出店だけを考えていればよい企業は相対的に数が少ないのが実情です。多くは業績不振な店を含む既存店舗があります。そこで、そろそろ“閉店の方法”についてもお話ししたいと思います。どう開けるべきかがあるなら、どう閉めるべきかもあるという主旨です。

続・やってしまった出店『東京チカラめし』1|マジック5となった存続店舗の立地は?

プロ野球のマジックナンバーと同じように少しずつ減って残り「5」となっているのは、かつて凄まじいスピードで急成長した外食チェーン『東京チカラめし』の店舗数です。粘り強く最後まで残った場所の特徴を見ておくことは、今後の出店を考える上で意味のあることと思われます。

沖縄初出店から1年以上経過したセブンイレブンの今|県内店舗展開、その後の経緯

2019年7月11日、一気に14店舗を開業してから現在約60店舗になるまでの経緯をまとめました。沖縄セブンイレブンの出店のこの考え方は多くの業態に当てはまります。出店速度も出店の重要な構成要素ですが、250店舗を目標としているとのことで、加速期が来るのも早いような気がします。

5.衛生措置再強化。ジュネーヴの今|スイスと日本で考える“ニューノーマル”の行方

バカンスに行った人が持ち帰るのではと言われていましたが、実際一番多いのは職場内と家庭内感染のようです。衛生措置強化により、全ての施設内、職場と学校でもマスクが義務付けられ、15人以上の私的な集まりは禁止。再びリモートワークが増え、職場ごとにPCR検査を義務付けているところもあります。

売上予測再考18|続・売上予測の根拠説明、物件プレゼンのあるべき姿とは?

あるべき店舗開発者の物件プレゼンを考えるヒントとしてお手本になるのはベテランの不動産業者さんです。家を借りた際の物件現調のときを思い出してください。どのような説明をしてほしいか?こんな説明だったら物件を断る、と思うのはどのような説明か?を考えてみてください。

売上予測再考17|売上予測の根拠説明、物件プレゼンのあるべき姿とは?

プレゼンの際の重要な心構えは「物件について良いことばかりを言わないこと」です。マイナス要因はあって当然で、売れる要因しかなく、売れない要因がないような完璧な物件などないと考えてください。良いことばかり言う人が信用されないのと同じことです。

売上予測再考16|こんな物件説明は即刻アウト~“説得力のない説明”とは~

“即刻アウト”になってしまったかわいそうなプレゼンの思い出話です。教訓にすべきことは、物件プレゼンの方法を店舗開発部員各自に任せっきりにするのは危険であること、そして、物件説明を、物件そのものの説明から始めることは危険であるということです。

売上予測再考15|新規物件を“物件・立地から説明すること”の2つの危険性

“物件・立地評価”は売上予測の上で重要なのでそちらを早く話すべきなのではないかと思われるかもしれませんが、そこには、自社店舗の売上予測をする際に把握すべき“売上が決まる仕組みに関するストーリー”が作れないという危険と、会議で新規物件の出店承認が得られなくなるという危険があります。

売上予測再考14|“近隣競合店の売上への影響がほぼない”場合とは?

要因が自社店舗<競合店舗であればマイナスに影響しますが、逆の場合影響は受けにくいと考えるべきです。要因には座席数、接客要因の人数などの店舗の供給能力に関するものや、立地も含まれます。競合について考える場合は、数だけでなく規模や立地といった店舗の性質についても評価してください。

売上予測再考13|“競争企業・競合テナント”の要因はどう考えるか?

同じ業種の店舗が周囲に全くない場合は安全か?コーヒーチェーンで、休日の広域繁華街で周囲に競合店舗がある方が繁忙時間売上が上がる傾向がありました。周囲にコインランドリーが全くない地域では利用習慣がないため売上が厳しいと伺ったこともあり、ある程度共存企業も必要と言えそうです。

売上予測再考・クイズの解説|自社商品の消費者が立ち寄りたい他業種は何かを考える

自社店舗顧客の物理的な行動と関連が強そうな他の業界のテナントを洗い出すのは有意義です。同じフロアや至近距離にこうした店舗が“あるかないか”を確認し、“ある”グループは“ない”グループに比べ売上が高い傾向が読み取れれば、売上に影響していると考えて良いです。

売上予測再考・クイズ|この商品の消費者が立ち寄る可能性が高いのは何屋?

クイズです。ある大型商業施設に消費者は近眼の消費者が来訪しました。来店理由の一つに“新しい眼鏡・コンタクトレンズを作る”が含まれているとして、それだけで帰ることは考えにくい。核テナント以外のテナントで、その消費者が立ち寄る可能性が高いのは何屋さんでしょう?

売上予測再考12|“自社店舗にとって相性の良いテナント・施設”の考え方

店舗の近くにあるものの有無は誰が見ても変わらない内容で積極的に予測に含めたい。近距離に駅がある店舗の売上がない店舗に比べ全体的に高くなるなら駅は売上にプラスに作用すると考えられます。ただし駅の存在がマイナスに作用することもあり、業種、業態、企業により様々なケースが考えられます。

売上予測再考11|“あるかないか”二者択一でとらえられる要因を加味する

自社の店舗と相性の良い/良くないテナントや施設がないか?それが同じ商業施設内や店舗からの一定の距離の中にあるかないか?競合店の有無、店舗が商業施設のメイン入り口フロアにあるかないかも同様です。二者択一でとらえられる店舗の周辺環境に関する要因は売上予測の際に重要な要因です。

4.旅行と外食、意外と混んでいる所|スイスと日本で考える“ニューノーマル”の行方

EU全体では夏には外食やホテル業の売上は回復基調でした。旅行も車で行けて、アウトドアなど空気の良さそうな場所が選ばれる傾向が見られました。この夏旅行に行ったヨーロッパの人は、安全第一で、人と接触しないよう各自工夫しながらバケーションを楽しんでいたようです。

PAGE TOP