福徳社|チェーン店出店戦略リサーチ&コンサルティング

福徳社からのお知らせ

『店舗開発という仕事』入門セミナー開催【4/1(土)於麻布十番】

店舗開発にご興味のある方、今後担当する可能性のある方、店舗開発に携わられて間もない方などを対象に、店舗開発業務への初歩的なガイダンスとなるセミナーを開催します。

店舗開発というお仕事

『商業施設利用実態調査』 2016年版レポートを発売

開業時に話題になった大型商業施設の【現状】を明らかにする消費者行動調査『商業施設利用実態調査2016』 より、データに見る大型商業施設の【現状】要旨を発表しました。

商業施設利用実態調査2016年版

『商業施設利用実態調査2016』レポート発売のお知らせ

開業時に話題になったあの大型商業施設は、オープン景気が一巡し、今どう消費者に利用されているのか?が分かる消費者行動調査。22施設を横断的・動態的に徹底比較分析。

商業施設利用実態調査2016年版

福徳社ブログ

商業施設の「定点観測」【4】ららぽーと『海老名』と『湘南平塚』はどちらが元気か?

前回に続き、『ららぽーと海老名』と『ららぽーと湘南平塚』の健康状態の比較というお話です。 『ららぽーと海老名』から車で迷わずに、渋滞なく行けば30分くらいで『ららぽーと湘南平塚』に着きます。 『ららぽーと湘南平塚』は、駐 …

商業施設の「定点観測」【3】ららぽーと『海老名』と『湘南平塚』の健康状態の比較

前回にお話した商業施設を観測する視点で、神奈川県のららぽーと2店『ららぽーと海老名』『ららぽーと湘南平塚』を比べてみます。 特別な意味はありませんが、『ららぽーと海老名』からみてみましょう。平成27年10月末の開業から1 …

商業施設を「定点観測」する【2】現調で確認する際の2つの視点

昨日の続きです。商業施設を定点観測する際には、何らかの“視点”が必要です。前回の繰り返しになりますが、不用意に現場に行ってしまうと、全体的な混雑具合や客層、どんな目新しいテナントが入っていたか、どのテナントが一番集客して …

商業施設を「定点観測」する【1】現調で確認すべきことは何か?

最近の平日ですが、1日時間があり、朝から天気もよく、デスクワークの効率も上がらないため、(お恥ずかしい話ですが)開業後未だに行っておらず気になっていた商業施設の現状視察に行くことにしました。神奈川県のららぽーと2店(らら …

出店戦略立案における新規出店「速度」と「加速度」の考え方は?

国内市場での店舗展開にあたり、最初に決めるべきことは何か?それは、「出店を完了した段階でストア・ブランドにどのような意味合いを持たせたいか」です。それにより、出店の考え方は大きく変わってきます。 それを踏まえた上で、多店 …

駅前立地、「結局いいとこは○屋にもっていかれた」というお話

東京の私鉄T社の主力T線のNMG駅周辺にまつわるお話です。 今から15年ほど前の西暦2000年当時は、今のような高層ビルはほとんどなく、高架を走っているT線の電車がどのくらいの大きさに見えるかによって、そこからNMG駅ま …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 2016 株式会社福徳社 FUKUTOKUSHA K.K. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.