株式会社福徳社|出店戦略・チェーン店売上予測モデル作成講座・商業施設利用実態調査・リテールブランド浸透度調査

福徳社からのお知らせ

「商業施設利用実態調査2016」調査結果を2016年8月に発表します

開業時に話題性が高かった商業施設の「今」を横断的に比較し、消費者行動への定着度を分析する他にはない調査としてご好評をいただいた「商業施設利用実態調査」を、2016年度も実施します。

新企画「リテールブランド浸透度調査」結果を2016年8月に発表します

老舗「マクドナルド」から新興「カールスジュニア」まで、福徳社がチョイスした注目25ブランドの認知度・利用経験率・ユーザー像・ブランド浸透度を多角度から比較分析します。

チェーン店の売上予測モデル作成講座のご案内「1日集中研修」

自社の売上予測モデルを講師と一緒にその場で作成し、実務で使えるようになる講座。統計やデータ分析は、業務に必須な部分のみ抜粋し、簡単な作業フロー・コツを伝授します。

福徳社ブログ

出店戦略講義【第6-11講①】店内の座席数と駐車場台数をどう組み合わせるべきか?

出店戦略講義 第6-11講(その1) 前回までの北海道の出店計画の話はたくさんのアクセスをいただき好評でしたので、回を改めて特別講義を組みたいと思います。 出店戦略講義の第6講から第12講までは、「初期投資額の決定方法」 …

リテールビジネス経営者に不足している情報・知見②|コメダHDの年初来安値更新を受けて

昨日の続きです。なぜ経営者のコメントは、「目標1000店」など、出店数の目標を掲げるに留まってしまうのか? コメダ珈琲店を展開するコメダホールディングスと同様に、成長目標を掲げるものの結果が未達に終わった生のケースを間近 …

リテールビジネス経営者に不足している情報・知見①|コメダHDの年初来安値更新を受けて

やはりそうか、という話ですが、最近上場したコメダ珈琲店を展開するコメダホールディングス【3543】は、店舗数1000店体制を目指すそうです。 成長目標だけが掲げられ、なぜかその数字は500や1000といった切りのいい数字 …

【結果速報⑥】認知度の低い『コーヒービーン&ティーリーフ』と『パイフェイス』の共通点

クイズで読む『リテールブランド浸透度調査2016』結果速報(6) 『コーヒービーン&ティーリーフ』と『パイフェイス』の認知度が高まらない理由 福徳社では、2016年6月に『リテールブランド浸透度調査』を実施しました。日本 …

【結果速報⑤】『パイフェイス』の認知度が高まらない理由

クイズで読む『リテールブランド浸透度調査2016』結果速報(5) 『パイフェイス』の認知度が高まらない理由 福徳社では、2016年6月に『リテールブランド浸透度調査』を実施しました。日本で展開しているリテーラー(外食、物 …

ららぽーと立川立飛出店全ブランド認知度調査(大学生対象)【サービス・カルチャー編】

ららぽーと立川立飛に出店している全ショップブランドの認知・利用経験を大学生に聞いてみた【サービス・カルチャー・その他のブランド編】 【ファッションブランド編】、昨日の【インテリア・生活雑貨編】に引き続き、『ららぽーと立川 …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 2016 株式会社福徳社 FUKUTOKUSHA K.K. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.